comfortable life style

日々の気になる出来事、お気に入りをライフワークの写真にまとめた日記

ひとまず10㌔ラン

2018-10-05 | カラダづくり
先月は5㌔走るので精一杯で、その後少しずつ距離を伸ばしてきました。
きのう辺りから10㌔走れるようになりました。
しばらく10㌔を走れる状態を保てるようになるといいな、と思います。

今のところ無理していないので、筋肉痛や関節痛、ケガはありません。
タイムは気にせず、とにかく10㌔走り続けられる体を作りたい。

夕ごはん

・キャベツと豚ちゃん炒め
・揚げ出し豆腐
・さつま芋のフライ
・小松菜とトウモロコシのサラダ
・大根の胡麻みそ和え
・モズクと茹でたピーマンの酢の物
・オクラのメカブ和え
・レタスのサラダ トウモロコシ、かぼちゃ、トマト
・人参と干しエビ和え
・焼き松茸
・エノキとワカメのお味噌汁

夏に出かけた古川町で買ってきた「豚ちゃん」。
それをいよいよ解凍です。
キャベツと一緒に炒めました。
優しい味噌味でおいしかった。

そして本日も、松茸。

シンプルに焼くのが一番です。
コメント

頭皮マッサージ

2018-10-01 | カラダづくり
美容院でヘッドマッサージをして頂きました。

すると「頭皮がこってます。自宅でもマッサージやブラッシングをして下さいね。」とアドバイスが。
頭皮がこる?
頭皮が硬いとのこと。

私、頭は柔らかいけれど頭皮が硬いのね。
ついでに体も硬いけれど。

頭皮が硬いと、増えちゃったり逆に減っちゃったりする原因になる事も、あるそう。
しかも頭皮がたるむとフェイスラインのたるみにもつながるそうで。

はぁ。
歳をとるとやる事が増えるなぁ。
若い頃は何もしなくても、艶やハリがあって、上を向いていて・・・。
という話を美容師さんとしていました。

きれいな美容師さんでしたけど、私に話を合わせて下さいました。

思った以上に「オバサン」の期間は長いので、この先々のオバサンライフを楽しんでいくためにも、コツコツと。

夕ごはん

・つくね
・揚げ出し豆腐
・和風ポテトフライ
・茹でキャベツの胡麻和え
・春雨とワカメの酢の物
・大根の煮物
・茹でピーマンのお浸し
・レタスのサラダ トマト、トウモロコシ、かぼちゃ
・シメジとワカメのお味噌汁

それにしても、最近は月曜営業の美容院が増えて本当に助かります。


コメント

ランニング用サングラスとトレーニングルーム

2018-09-28 | カラダづくり
夏に知り合った目上の女性から、走るならサングラスが必要よ。紫外線で目を痛めるから。
と、アドバイスを頂いていました。
そんな事で、思い切ってサングラスを新調しました。

NIKE show X2
さすがにフィット感がいい。

走っても跳んでもずれない。
走る際に揺れる事はストレスだから。
実際に着用して走ると、紫外線がカットされるので視界がスッキリと見えます。
視力が改善したかと思うほど。

私より顔の小さい、はるさんが掛けてみました。

かっこいい~。

この夏の暑さにやられて、翌朝になっても疲れがとれない日々が続き、9月とともに撮影がスタート。
そんな事で一ヶ月半ほどランニングをお休みしていました。
久しぶりに走りに出ています。

全く走れず、5㌔でキツイ。
この、何もできなくなったところからまたフルマラソンに挑戦していきます。
現状、フルマラソンのふもとにもたどり着いていませんが、3月には30㌔まで持って行き、3.10には42.195㌔を走りきる。
…できるかな。
本当にこわい。

新調したサングラス。

ちょっとだけ顔が小さく見えるような。

去年と同じことをしていてはいけない。
そう思い、毎年マラソンへのアプローチを変えてきました。
今年はもう少し筋力をつけたいと考え、苦手な筋トレも加え初めています。

そんな事で初めて市のトレーニングルームへ行ってみました。
2時間150円。
扉を開けるのが、本当に本当にこわかった。
勇気が要りましたが、やるしかない。

部屋の手前はランニングマシーン&バイク。
奥はジムのような機械。
どうやって使うの~~?
という感じでしたが、周りの方の見よう見まねでやってみる。

日頃使っていなかった、というか、生まれてから使った事のない筋肉がいくつもある事に気づきました。
痛い。
今後撮影で忙しくなるので、走る・泳ぐ・筋トレ…ぼちぼちと頑張ろう。
3.10が目標だから。
コメント

3度目の挑戦

2018-08-28 | カラダづくり
昨晩、来年の3月の名古屋ウィメンズマラソンのチャリティエントリーでした。
3度目の挑戦を決めました。

42㌔は一般道の車で行くにもしんどい距離だというのに、自分の生の足で、走りきるなんてできるのだろうか。
怖い。

今年の、地獄のウィメンズが終わってから半年間、ずっとずっと悩んできました。
でも、周りのみなさんが継続を応援してくれて、最後は家族の一声。
はるさんは「出てほしぃい!」、てつさんも「やってみたらいいんじゃないか」。

一番身近で私が練習してきた姿を知っている人たちから言葉で気持ちは決まりました。
はるさん「やったぁ~~!」と。
印象的でした。

毎年思う事は「今度で最後」。
あの苦しい苦しい練習を、またやるんだな。
あぁ~怖い。
練習はやらねば本番が地獄。(練習しても地獄は地獄でしたが…)

3度目のエントリーは、やる気に満ちてエントリーした過去2回とはまるで違う気持ちです。
ウィメンズにはやりきった感があり、もう二度と走る事はないと思っていたのに。

42.195㌔走る…限界を超える苦しさなので誰にもお勧めしませんが、自分はやってみたいと思います。
まずは、ケガをしないように。


夕ご飯
お子様ランチ風。

・ミニチーズハンバーグ
・ミニコロッケ
・ハーフウインナー
・焼き野菜{人参、大根、玉ねぎ、かぼちゃ、エリンギ、ピーマン}
・豆腐アンチョビ
・アボカドサラダ
・青菜のオリーブオイル和え
・レタスのサラダ、オクラ、トマト、トウモロコシ

コメント

名古屋ウィメンズマラソン2018 終わりに②

2018-04-18 | カラダづくり
これでウィメンズマラソン2018最後の記述です。

大会後は、今まで感じた事がないほどの「燃え尽き感」でした。

心は悲しく体はダルく、何もやる気が起きません。
3月後半は微熱が何日も続いていました。
当日あまりに遅かった事やキツかった事を思い返し、大会後は無気力な自分が情けなく自己嫌悪になっていました。

今年の東京マラソンを2時間40分台で完走された、当時のはるさんの担任の先生。
ある時、先生と話す機会があり色々尋ねてみました。
(もちろん先生と私は次元の違うランナーですが)

すると先生も
「当日30㌔を越えてからは足がおかしくなった」
「完走後は普通には歩けず、横断歩道を渡れなかった」
「大会後、二週間くらいは体がだるかった」と。

まさしく自分と一緒。
足が棒になったのはもちろんの事、私も完走後の岐路、横断歩道が渡りきれなかったんです。
子どもの頃からずっと走り続けてきた人でもそうなるのか、と自分を責めていた気持ちが少しが落ち着いてきました。

42.195㌔…私にはやっぱり長すぎる距離なのかな。
身のほどを知った大会でした。
何を目標にするかなのですが、元々は「脱☆オバさん体型」を掲げて2~3年前に走り始めただけでした。
それが夢だったフルマラソンに、もしかして挑戦できるのではないか。
挑戦してみたい、と思い始めて。

今、再びマラソンに挑戦してみたい気持ちは…
これ以上のタイムを目指すなら、さらなる努力は当然の事。
色々考えると…まだ、分かりません。

今では元気を取り戻し、これまで通り{子育て・家事・仕事}にまい進の日々。
そして3月末からは朝ラン10㌔を再開しています。

走りは相変わらず苦しいですが、終わった後は気持ちがいい。

また何か目標が見つかるといいんだけど。

コメント

名古屋ウィメンズマラソン2018 終わりに①

2018-04-18 | カラダづくり
2回目の挑戦だったウィメンズマラソン。

ネットタイム 3時間27分。
限界を超え、持てる以上のパワーが発揮できました。

天候を含め、2年連続で全て上手くいく事もあるのだなぁと。
タイム的には信じられない気持ちと、やり切った感でいっぱい。
満足すぎるほど自分には上出来だったのですが、走りとしては…自分に限界を感じました。
思い残したことはない、のかな。

去年は初めての挑戦で、練習は孤独と不安の闘いでしたが、大会は全てが楽しい思い出。
Fブロックからのスタートだったので、自分は基本順位を上げていく一方。
去年は去年で上手くいったのですが、走り終わった後、伸びしろを感じました。

伸びしろ的には、去年のFブロックスタートが不満で(スタート時の混雑)、もっと前のスタートブロックから出発できたら、さらにタイムが良くなるのではないかと。
そして実際に手に入れたCブロックスタート・・・。
現実、周りは速かった。
ついては行けず、どんどん抜かれていって自分の遅さを思い知りました。

練習では「3時間30分を切りたい」と目標を立て、それに向けて努力もするのですが、思うように速くも走れないし。
それでも、自分に負けないと毎日葛藤でした。
体重の管理も大変。
大会当日はベストな体重で持ってくることができたので、それは良かったけれど。

当時、自問自答の毎日でした。



コメント

名古屋ウィメンズマラソン2018 完走証

2018-04-11 | カラダづくり
待ちに待った「完走証」が届いたのは数日前の事。

そんな事で、今年も台紙に入れてみました。

あぁ、嬉しい。タイムも順位も・・・

一人耐えてきた練習、そして当日限界を超えて頑張った全てがここにあると思うのです。

去年より十数分早くゴールできただけですが…苦しさは比べ物にならないほどでした。

去年より遅いと思っていた30㌔過ぎの5㌔ラップも、案外去年より速かった。
周りの環境(今年は周りに抜かれっぱなし)がそう(去年より遅いと)感じさせたのでしょう。

見開いたところには

先日購入した写真をダイジェストで構成。
そしてプリントしてみました。

やっぱり感動のゴール写真を一番大きく配置ですかね。

苦しんだ末に達成できた、自分としては信じられない最高の結果でしたから。
右下のティファニーは自分で撮影した写真。
今年は今年で、去年とは違う感じでいいのではないでしょうか。

去年は初のフルマラソンチャレンジでサブ4…楽しんでゴールでき感動でした。
ですがそれよりも。
去年以上に練習に励み、様々気を遣いながら過ごし、緊張し当日を迎えた今年です。
そんな中、現実は周りの速い方については行けず、苦しみながらも何とか目標だったサブ3.5を達成できた今年の方が感慨深く、喜びも大きいです。

表紙は2018のロゴを持ってきました。

ひとまずこれで完結のウィメンズマラソン。

今年のマラソンは…あまりに思う事の多いチェレンジで、最後に気持ちを整理してみたいと思っています。
コメント

名古屋ウィメンズマラソン2018 完走者新聞

2018-04-05 | カラダづくり
完走者新聞が届きました。

一面写真はスタート直後の上空からの写真。
圧巻の女性たちの数。

そこに自分の名前とグロスタイムが記載されています。
去年よりも速いタイム&目標達成なので、見ていて嬉しいです。

順位は世界のランナーと同じ2面に掲載。

すでに大会直後の三重県版中日新聞で順位を知っていたので、今年は驚く事もなく自分の名前を探しました。
去年より400位以上速くなりました。
嬉しい。
頑張った結果が全て記録されていて、本当に嬉しいです。

ちなみに2面の写真は…

スタートブロックで待機し、オープニングセレモニーを開催している時のものでした。
私はCブロックの前方に位置していました。

完走者新聞は上空からの写真があったり

名古屋城が写っていたり、見ていて思い返せていいな。

はるさん、私の名前を探しは見つけて大喜び!
はるさんだってオカアサンの順位はすでに知っていると言うのに。

次に届くのは完走証。
きっと数日後のことでしょう。
待ち遠しいです。



コメント

名古屋ウィメンズマラソン2018 写真購入

2018-03-28 | カラダづくり
せっかくなので、今年も写真を買いました。

イメージショットがいっぱいあると嬉しいです。

名古屋ドームとスタートゲート。朝の光。
あの日は晴天で、本当に良かったと思い返せる写真。

出発直後。

お祭りの始まった感いっぱい。
私のナンバーで検索された写真ですが…私は写っていませんでした。

圧巻の人の数です。

ユニフォームは皆カラフル。

ドームを背景にて。「名古屋」のマラソンだと分かる写真。

ウィメンズマラソンを走れる事、スタートできた事への喜びを感じていた頃の私。

2㌔通過地点。

Cブロックからのスタートなので、もう混雑もそれほどでもなく。
A,Bブロックのランナーさん達に追いつきました。

撮影アシスタントのかたの

「撮影スポットで~~す! 笑顔、お願いしま~~す!」の声掛けにて。

全身写真も。

今年は限界を超えて超えて走ったので、キレイに写っている写真は多くありませんでした。
それも思い出です。

15㌔付近でしょうか、何だか苦しいと感じ始めていた頃。
これは光がきれいで気にいっています。

この間(15㌔過ぎ⇔37㌔)の写真がないんです。
↓ カメラを気にする余裕なく、必死に走っていたから写っていなかったんでしょうね。
↓ なので去年より写真の枚数が少ない。

…これはもう、苦しい苦しい37~8㌔辺りのテレビ塔。

もうやめたかった。
でもここでやめたらアホや。と思ってた。
苦しかった写真なのに…テレビ塔が写っていて、好きな1枚かな。

ようやくの41㌔。

完走できると思い始めて。
「41㌔」のプレートが写っているのがいい。

ドームに戻ってきた頃。
遅すぎる自分に怒っていました。
怒りに任せたラストスパート。

最後の馬力で一つ一つ順位を上げていきます。

ドーム内。

目の前にはフィニッシュゲート&「3時間28分」の電光掲示板。
笑顔ですよね。

「全てが終わった」「できた」「やりきった」と思いました。

今年も、子どものような笑顔で・・・。
今まで耐えてきた練習も、この苦しかった42.195㌔も、終わったんです。
途中、遅すぎてもうタイムとかどうでもよくなって、とにかく走り終わりたいばかりでした。
なのでとにかく終われて良かった。というヘタレな考え
にも関わらず(ドームに)戻ってきたら目標タイムを切っていたので、感動

ホント「まさか」で「私、できたんや」。

去年よりグロスタイムでは15分、ネットタイムでは12分速く走れました。
良かったぁ良かったぁと思っていた頃。
そして涙ね

ゴール直後の写真。

これがラストショットになってしまいました。
当日、ティファニーボックスを持ったお決まりのショットも撮ってもらったのですが、販売にアップされなかったのです。
あれ、欲しかったのにな。

考えられるのは…①カメラの故障②カメラの設定があまりにも間違っていた③データが消えた④データの紛失
のどれかで「写ってなかった」のでしょう。
あの場所に何人もみえたのだから別のカメラマンさんに撮ってもらえば良かったな。
ないものはない。
尋ねてもしかたないので、自分の中で納める事にしました。

写真を見ると…過去だなぁと感じます。

大会から半月以上たちますがまだ心の整理はついてなくて、目標も分からない。
とにかく、42㌔はちょっと私には長かったかな。

でも写真は、頑張った証拠がいっぱい写っていて、やっぱり買って良かった。
本当、これでも私なりに頑張ったんです。

次に届くのは、完走証&完走者新聞。
苦しい思い出のはずなのに、届くのが楽しみ。
複雑です。







コメント

名古屋ウィメンズマラソン2018 中日新聞掲載

2018-03-13 | カラダづくり
3/13(火)の中日新聞の三重県版の記事で、先日のウィメンズマラソン上位結果の記載が小さくありました。
三重県から参加した中で上位20位の氏名との事。

なんと、私、下から3番目に名前があったのです!!!
驚きました。
そして…嬉しい、やっぱり嬉しいです。

三重県からエントリーした人数は728人。
その内の18位だったよう。
三重県からエリート枠の方は7人みえたので、一般ランナーの中では11番目の速さ?

練習している時は、歩いているのと変わらない遅さに感じていました。
大会当日も、自己ベストタイムだったにもかかわらず、抜かれっぱなしで自分のレベルの低さを痛感していたので・・・。
この新聞掲載は嬉しかった。

しかも、早くも総合順位も出ています。
総エントリー23,713人中…525位との結果。
総合順位も満足です。

高校以降まともな運動経験もなく、どこのランニングチームにも属していません。
ここ2~3年、自分なりに取り組んできただけですが、少しは走れるようになったのかな。

この記事は、実ははるさんの担任の先生が下さいました。
連絡帳にもメッセージを下さって
「3時間半切ったのですね、すごい。新聞にも載っていたので驚きました。」と。
いえいえ、先生は先月の東京マラソンで2時間46分で完走ですから。

それにしても先生、よくぞこの小さな記事を見つけて下さったと思います。

コメント