tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

国の始まりは大和の国、奈良県には魅力がいっぱいです。ぜひお訪ねください!

開業から33年、懐石料理 円(えん)のランチ

2021年06月14日 | グルメガイド
奈良市の下御門(しもみかど)商店街に、以前から気になる店があった。それが「懐石料理 円」(奈良市下御門町38御門ビル2階)だ。2階にあるので、店構えが分からず躊躇していた。しかし最近になって1階の看板に「茶がゆ」の文字を見つけたので興味を持ち、訪ねてみることにした。茶粥を出す店は、奈良でも珍しいのである。お店の公式HPは、こちらだ。メイツ出版の『奈良 こだわりの美食GUIDE 至福のランチ&ディナー』(大和美食探求会著)によると、
※トップ写真は「茶がゆ膳」税込み2,200円(5/25撮影)


茶がゆ膳には、コーヒーと小菓子がついてきた

口福なひと時を感じる。奈良の産物を組み込んだ懐石料理
主人の平野照明さんは、京都、北陸、奈良と和食一筋に研鑽を重ねてきた。そうして、下御門通りのならまちにほど近いビルの2階に、奥様と切り盛りする隠れ家的な懐石料理店をオープン。



こちらは「野菜たっぷりランチ」税込み700円(1日限定10食)

以来、良心的な価格と気さくな人柄から、地元から観光客まで幅広く支持され、今年で開店31年目を迎えた。ちなみに店名の「円」は「縁」(えにし)から名付けたという。



料理には、大和野菜をはじめとする地元で採れる露地ものの野菜、さらには、酒粕を天ぷらにしたりと、奈良の食材をたくみに取り入れる。食事として供されるのは、奈良名物の茶粥。奈良のよき素材で構成された献立を締める口福な一椀だ。

本書の刊行は2018年なので、今年で33年目を迎えたことになる。本格的に研鑽を重ねられたことが、料理から伝わってくる。これは本格的な懐石料理だ。県産の食材や茶粥が出てくるのが嬉しい。ベランダには大切に育てられた鉢植えが並び、窓からは爽やかなそよ風が吹き込んでくる。お客さんは観光客が多い。ネットなどで調べて来られるのだろう。静かな店で過ごす至福の時間。ぜひお訪ねください!
コメント

五條新町の「餅商一ツ橋跡 復活プロジェクト」公募締切は6月30日(水)!(2021 Topic)

2021年06月11日 | お知らせ
昨日(2021.6.10)の毎日新聞奈良版に「餅商一ツ橋 町の象徴に 復活・活性化拠点へ 事業者を募集」という記事が出ていた。重伝建・五條新町のシンボルだった「餅商一ツ橋」を復活させようというプロジェクトで、南都銀行が公募している。新聞記事には

江戸時代初期から戦前までの町家が建ち並び、「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている五條市の五條新町にあった餅屋「餅商一ツ橋」(同市五條1)を、五條新町のシンボルとして復活させる計画が進んでいる。

餅商一ツ橋は大正時代に創業、変わらぬ味を守り続けていたが、数年前に閉店した。現在、木造の建物(床面積約27平方メートル)は老朽部分を改修中で、市内の不動産管理会社・ワンキュウファイブが管理している。

南都銀行と同社は「餅商一ツ橋(跡)復活プロジェクト」と題し、餅商一ツ橋跡を五條新町のシンボルとして復活させ、地域活性化の拠点とすることを計画。同店跡で事業をする「推進力のある事業者」や「野心・カリスマ性のある方」を募集している。

個人や法人から地域経済・社会の貢献につながるビジネスプランを募集し、書類選考と面談を経て、採択した事業者に優先交渉権を授与。事業化の際は同社と賃貸借契約を結び、2年間をめどに事業を営んでもらう予定という。応募のエントリーシートは、南都銀行ホームページからダウンロードできる。締め切りは6月末。問い合わせは、同行地域事業創造部(0742・81・3103)。【久保聡】


「餅商一ツ橋」が閉店して、とても残念に思っていた。このプロジェクトで活性化拠点として復活することができれば、五條新町にかつての賑わいが戻ってくるかも知れない。事業推進力があり、野心とカリスマ性を兼ね備えた皆さん、ぜひチャレンジしてください!
コメント

『奈良万葉の旅百首』が読売新聞で紹介!

2021年06月10日 | お知らせ
本年(2021年)2月28日に刊行した『奈良万葉の旅百首』(京阪奈情報教育出版)は、おかげさまで順調に売れています。昨日(6/9)には読売新聞奈良版に掲載され、《地域ごとに、天皇から官人、庶民まで幅広い階層の恋の歌、自然や四季をめでる歌、死者を悼む歌、儀礼や宴席の歌などを選んでいる。60人が執筆を分担し、万葉学者の上野誠さんが監修した》と紹介していただきました。



知人や有識者からもたくさんのお褒めの言葉をいただき、最も嬉しかったのは「60人もの人が分担して執筆しているのに、文章の調子が統一され、まるで1人が書いたようにスムーズに読める。編集のご苦労がしのばれる」というコメントをいただいたことです。まさに、これが最も心を砕いたことでした。

コロナ禍が終息しない中、この本を携え、近場の万葉集ゆかり地をお訪ねください!

コメント

唐の僧 鑑真建てた唐招提寺/毎日新聞「かるたで知るなら」第9回

2021年06月09日 | かるたで知るなら
NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」は、同会が制作した「奈良まほろばかるた」の各札を毎週木曜日、毎日新聞奈良版「かるたで知るなら」欄で紹介している。先週(2021.6.3)掲載されたのは「失敗5回 苦難の来日」、執筆されたのは奈良市出身・在住の塩崎ヒデミさんだった。塩崎さんが新聞に寄稿されるのはこれが始めてだったが、とてもカッチリと書かれている。では全文を紹介する。

《唐の僧 鑑真建てた唐招提寺》
奈良時代、税を免れるため、正式な戒を受けず、僧侶になる者が増えてきました。733(天平5)年、聖武天皇は、正式な授戒を行う師を求めて、唐に留学僧(るがくそう)をつかわしました。

鑑真和上は、日本に行く者はいるか問いますが、危険を伴う航海に誰も手を上げません。和上は自ら渡航を決意し、5回の失敗を乗り越え、20人余の弟子たちと共に来日を果たしたのは753(天平勝宝5)年の暮でした。翌年、和上は東大寺大仏殿の前で、聖武太上天皇以下440人余に授戒を行いました。

和上が日本に行く決意をした大きな理由は、長屋王が贈った1000枚の袈裟(けさ)でした。袈裟に刺しゅうされた文字から、両国が仏法で強く結ばれていると思ったからです。その後759(天平宝字3)年、新田部(にいたべ)親王の旧邸宅跡を賜り、修行の道場「唐律招堤(とうりつしょうだい)」(現在の唐招提寺)を開きました。国宝の講堂は平城京の東朝集殿(ひがしちょうしゅうでん)を移築改造した天平時代の建物です。

和上の死後、弟子たちが建てた金堂(国宝)には、薬師如来立像、盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)、千手観音立像など国宝仏が堂々とした姿で並んでいます。御影堂には、弟子たちが和上の死が近いことを悟り造った鑑真和上坐像(国宝)が安置されており、6月5、6、7日だけ開扉されます。

2013年、本物同様のお身代わり像が造られ、開山堂でいつでもお会いできるようになりました。御影堂の東側には和上の御廟(ごびょう)(墓)があり、故郷揚州(ようしゅう)市の瓊花(けいか)が美しく咲いて、和上を見守っています。(奈良まほろばソムリエの会会員 塩崎ヒデミ)

唐招提寺
(住 所)奈良市五条町13の46
(交 通)近鉄橿原線西ノ京駅から徒歩約10分
(拝 観)8時半~17時
(拝観料)一般1000円▽中高生400円▽小学生200円
(駐車場)有


コメント

ほっこりするお店 王寺駅北口 お好み焼 御幸(みゆき)/昭和レトロ食堂(10)

2021年06月08日 | グルメガイド
おかげさまでこの「昭和レトロ食堂」シリーズも、はや10回目を迎えた。やはり私たちシニア世代にはこのような食堂が懐かしいようで、「いい企画ですね」「いつもチェックしています」という温かいお声をかけていただく。今回紹介するのは、6月5日(土)、大和高田市の「寿司の有甚(ありじん)」でランチした日の夕刻に訪ねた王寺駅北口スグの「お好み焼 御幸」(北葛城郡王寺町久度2-14-3)、西友の北側にある。



駅前再開発事業で周辺には新しいお店も多いが、ここは昭和レトロ感を残しながら静かにたたずんでいる。1982年(昭和57年)の大和川大水害(57水害)も乗り越えて来られたのだな、と思うと感慨もひとしおである。お店を切り盛りするのは、おばあちゃん(女将さん)1人だった。「御幸」というのは女将さんのお名前かな、と思っていたが、近所に「御幸公園」があるので、旧地名か何かなのだろう。




生ビールには、こんな「お通し」がついてきた

午後5時頃に入店すると、常連さんらしき男性2人連れが、カウンターで談笑しておられた。私は鉄板のあるテーブルに座った。お好み焼きは、キッチンで焼いてから運ばれてくる仕組みだった。まずは「生ビール中」500円(おそらく税込み)と「いか塩焼き」600円を注文。イカは肉厚で、シャキシャキのネギが添えられ、これはいい。メニューにはないが、日本酒も焼酎もあった。



メインのお好み焼きを何にするか、悩んだ。「ミックス(900円)と特製(1,000円)は、どう違うのですか?」とうかがうと、「どちらも豚肉、牛肉、イカ、エビが入っていますが、特製の方が(キャベツや小麦粉の)量が多いです」とのこと、私は迷わず「特製」を注文、出てきたのが写真のお好み焼きだ。ふっくらと焼き上がったお好み焼きは、昭和スタンダートというか定番の懐かしい味だった、これはうまい!



学生のお客さんも多いのか、たくさんのコミック本が棚に整然と並べられている。レトロではあるが、店内は清潔に保たれている。王寺駅から目と鼻の先のお店、ぜひお立ち寄りください!
※食べログは、こちら

コメント