tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

国の始まりは大和の国、奈良県には魅力がいっぱいです。ぜひお訪ねください!

「鹿男あをによし」第2話

2008年01月26日 | 鹿男あをによし
1/24(木)放送の第2話を見た。新聞の予告からストーリーを紹介すると、

小川(玉木宏)は、突然、鹿に話しかけられ「運び番」に選ばれたなどと意味不明のことを言われ、慌てふためいてその場を立ち去る。その後小川のもとに再び鹿があらわれ、京都で狐の「使い番」の女性から大事なものを預かってくるよう命令される。彼女から渡されるのは、人間が「サンカク」と呼ぶものだというが…。

「サンカク」は、このドラマのキーワードなので、今後ともご注目いただきたい。柴本幸や綾瀬はるかの演技が良かった。地元民としては、奈良から京都に向かう近鉄電車の車内や奈良町(木奥商店の店先)のシーンが嬉しい。このブログの前回記事にも、たくさんの有益なコメントをいただいた。
http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/00ca68271f1ff4c9e670efacd8c7e121

第2話では、奈良公園から離れた平城宮跡に鹿が出てきたり(まれに出てくることはあるが)、京都(伏見)から近鉄奈良駅に帰ってきたはずの玉木と綾瀬が、下宿(奈良町)とは逆方向の東大寺・南大門の方へ歩いていくという「ありえない」設定もご愛敬だった。

舞台となっている女子高の掲示板に「奈良検定のポスターが貼ってあった」という情報もいただいたが、細部までよく考えているな、と感心した。

東京では、渋谷駅ハチ公口改札横の壁面(10m四方)に、このドラマのポスターを貼っていただいているそうだ。このドラマを契機に、奈良が全国的にアピールできれば、これほど有り難いことはない。会議で東京出張の折には、ガラスの勾玉や鹿角のキーホルダーでも大量に配ってこようと思っている。

視聴率こそ10~11%と、あまりぱっとしないが、ストーリーが進むにつれて上がってくるものと期待したい。ブログ読者の皆さん、ぜひコメントをお寄せ下さい。

※写真は奈良公園で06年7月に撮影。鹿や芝のきれいな時期に、写真をたくさん撮っておいて良かった!

※参考:いよいよオンエア!「鹿男あをによし」(ブログ内)
http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/00ca68271f1ff4c9e670efacd8c7e121

コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 大和青垣雪景色 | トップ | 黒滝村のイノシシ鍋 »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鹿男 (鹿鳴人)
2008-01-26 08:49:09
そうですね。奈良を舞台にした久々のドラマです。昨年春、本屋で見つけて早々に読みましたが、前半はいろいろな伏線をちりばめてすすんでいきます。ドラマもかなり原作を忠実に展開しています。やや早口であったりするのですが、後半は一気に物語がすすみ、とても楽しい展開になると思います。
どこそこでロケがあったとか、その背景に出演(エキストラ)したが切られてしまったとか、奈良のあちこちでの収録の様子も聞こえてきます。奈良のものとして見ていて、あちこちが出てくるのも楽しいですね。そして全国の皆さんにも奈良に来ていただきたいですね。
鹿男・・・ (ikaru(尼御前))
2008-01-26 18:46:42
鹿が群れを成して走ってくる様子が印象的です。
「鹿寄せ」で実際に見ることができること、
どの程度知られているでしょうか。

職場の同僚が
「法隆寺とお水取りに出掛ける」
と話しかけてきました。
大阪宿泊のツアーを申し込んだのだそうです。
個人旅行で計画するには、
わからないことだらけだ・・・と話していました。
自由時間の過ごし方をあれこれ、
押し付けたいともくろんでおります。(笑)
サントラ発売予定! (南都)
2008-01-26 23:08:24
今回は連ドラにしては珍しく、歌唱曲でなく本格的なスコアがエンディングテーマに採用され、評判になっているようです。
案の定、早速、サントラ発売予定です。
アマゾンで予約しました。

収録予定曲リストです。

収録予定曲リストです。
1「鹿男あをによし」オープニング・テーマ
2 壮大なる神々の愛
3 1800年の恋
4 悠久の都 奈良
5 神の賜えし謎
6 不可解な行動
7 抜け落ちた真実
8 気高い戦士達
9 不幸を背負った男-小川のテーマ
10 不幸を背負った女-道子のテーマ
11 定められし運命
12 それがどんな事であれ私は信じる
13 やさしい仲間
14 青春の1ページ
15 突然時間が止まる
16 誰も知らない所で
17 不思議な儀式
18「鹿男あをによし」エンディング・テーマ

奈良を舞台にした音楽ではNHK「あすか」以来の名曲として歴史に残るでしょう。
鹿男ロケマップ (金田充史)
2008-01-27 00:07:01
いゃあ、面白いですねぇ。この本も「南都」さんに教えて頂いて、読んでみました。非常に読みやすく、二晩で読み終えました。また、おおまかあらすじも頭に入ってしまいました。私の読んだ本は今、お向かいの奥様が読んで居られます。

これを読み終えた後、この話中に奈良の色々な所が出てくる事に非常に興味を覚えました。ドラマは原作に必ずとも忠実では無い様ですが、相当な箇所でロケをされる事は請け合いです。

このロケ場所を地図に落とし込んでいけば、最後には「ロケマップ」が出来上がります。テレビを見ながらなので、完成は最終話時点になりますが、何話か放送された時に、有る程度まで手書きで作成していく、と云う手段もとれます。

玉木宏氏や綾瀬はるか嬢が、ここでこんなロケをしていた、と云う所を廻って貰って、小川先生・藤原先生の気分に浸って頂くのも一興かと思います。奈良人ですので、一目でどこかはわかります。地元で盛り上げましょう。

よその旅館にマネをされないように・・・何て言って、書き込んでしまったらマネも何も有りませんが・・・・

1.17 (NANARA)
2008-01-27 02:32:47
第1話、第2話とも楽しく見ています。

楽しく期待感あるれるコメントは皆さんが、たくさん書かれておられるので、珍しくその逆のツッコミ系のコメントを書きたいと思います。(もちろんドラマに大きく期待する気持ちは僕もみなさんと同じです。)

少々、気になったのは第1話の放送日が1.17だった事です。

関西人にとって1.17という日は、普通の日ではないですよね。
なのに、あんなにたくさん地震のシーンが多く放映されるのは、いささか配慮に欠けるのではないか、と思って見ていました。
あの映像でトラウマに苦しみ気を悪くした方も、必ずいらっしゃると思います。
もしかしたら、数万・数十万という人数かもしれません。

色々な奈良が登場した、どこそこでロケを見かけた、これで奈良が全国にアピールできるなど、様々に奈良人はドラマを楽しんでいますが、あの日にあの映像のおかげで、苦しまれている方も、多数いらっしゃる事を考えると、腹の底からドラマを楽しめない自分がいます。

気にしすぎでしょうかね。

CD、ガイドマップ… (tetsuda)
2008-01-27 06:56:23
鹿鳴人さん、ikaru(尼御前)さん、南都さん、金田さん、NANARAさん、コメント有り難うございました。

> 収録の様子も聞こえてきます。奈良のものとして
> 見ていて、あちこちが出てくるのも楽しいですね。

お互い地元民としては、それが一番の楽しみですね、多少ムリなコース設定があっても。

> 自由時間の過ごし方をあれこれ、押し付けたいともくろんでおります。(笑)

あまり知られていない奈良を、ぜひアピールしていただければと。

> 連ドラにしては珍しく、歌唱曲でなく本格的なスコアがエンディングテーマに
> 採用され、評判になっているようです。案の定、早速、サントラ発売予定です。

そうでしたか、情報が早いですね。これも売れてほしいです。

> ロケ場所を地図に落とし込んでいけば、最後には「ロケマップ」が出来上がります。

> 玉木宏氏や綾瀬はるか嬢が、ここでこんなロケをしていた、と云う所を廻って
> 貰って、小川先生・藤原先生の気分に浸って頂くのも一興かと思います。

奈良にお詳しい金田さんは、藤原先生の役ですね。ドラマの熱が冷めないうちに、ぜひ着手していただければと。

> 少々、気になったのは第1話の放送日が1.17だった事です。

なるほど。私は録画して別の日に見たので、気がつきませんでした。ファンタジーなので、許容範囲内だとは思いますが…。
脚本と原作の違い (南都)
2008-01-27 23:39:23
微妙な原作と脚本の違いも楽しいポイントですね。
第二話の「八つ橋」には笑ってしまいました。
脚本担当の相沢さんのWebがこちらで奈良の絶景が写っています。

http://www.aizawatomoko.com/top_h.html


おたべ (tetsuda)
2008-01-28 22:24:20
南都さん、コメント有り難うございました。

> 第二話の「八つ橋」には笑ってしまいました。

「サンカク」が「おたべ」とは、笑いましたね。「おたべ」が、メーカーによってそんなに差があるとは知りませんでしたが。

相沢友子さんがこんなにキレイな人とは、存じませんでした。セリフにも注目することにします。
ロケ (蔵武S)
2008-01-31 09:42:11
 このブログに以前登場した奈良の古書店「智林堂」さんのブログに、昨日(1月30日)飛火野で偶然出くわしたロケの報告が載っています。「鹿男」ファン必見です。
ロケ協力 (金田充史)
2008-01-31 22:46:59
tetsudaさん、こんばんは。宜しくお願いいたします。

一昨日、当館横の「明秀館」さんでロケが有りました。場所も狭いし、駐車スペースも無いので、当館がロケ基地の一つに成りました。

この時、撮影スタッフの幹部の方と喋っていたのですが、氏の言うには「斯様なドラマは地域として物凄くチャンスだ。こう云うので、地域が再発見される場合が有るし、また、例えば今回、大仏殿講堂跡でのロケも有る。此処はそんなには今まで人の行かなかった所だ。斯様な場所が有る、と云うのも知って頂く良い機会で有る。巧く使って盛り上げて下さい。」とおっしゃって頂けました。

ここまで言って頂いて居るのに、地域が放っておく手は有りません。鹿男煎餅や鹿男まんじゅう、旅館はガイドマップ、幟の作成、等々色々手は有ります。

みんなで一丁やろうっ!!!


コメントを投稿

鹿男あをによし」カテゴリの最新記事