tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

外国人観光客の増加で活況を呈する奈良県。県下各地では、美味しい飲食店も激増中です。ぜひあなたも「どっぷり奈良好き」人に!

入鹿の首塚と茂古森[もうこのもり](産経新聞「なら再発見」第34回)

2013年06月22日 | なら再発見(産経新聞)
産経新聞奈良版・三重版ほかに好評連載中の「なら再発見」、34回めの今日(6/22)は「入鹿の首塚と茂古森 因縁を感じさせる首の行方」。執筆されたのは、NPO法人奈良まほろばソムリエの会の露木基勝さん(桜井市在住)である。露木さんは、ソムリエの会が誇る「ガイド名人」のお1人である。三輪のお住まいだが、飛鳥にはとても詳しい。だから今回のテーマも飛鳥である。では全文を紹介する。

 明日香村の飛鳥寺境内を西に通り抜けると、その先に「入鹿(いるか)の首塚」との言い伝えがある五輪塔が立つ。鎌倉時代または南北朝時代の造立とされ、花崗岩(かこうがん)製。高さは149センチある。
 下から2番目の球形の水輪(すいりん)が上下逆になっているという説があり、よく見てみるとややバランスが悪い。



 皇極(こうぎょく)天皇4(645)年、打倒蘇我(そが)氏をめざして、中臣鎌足(なかとみのかまたり 後の藤原鎌足)と中大兄皇子(なかのおおえのおうじ 後の天智天皇)が中心となり、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)で入鹿の首を討(う)ち取った。おなじみの「乙巳(いっし)の変」(大化の改新)である。伝承では、その切り落とされた首がこの五輪塔の地まで飛んできて、力尽きたといわれている。
 「多武峰縁起(とうのみねえんぎ)絵巻」には入鹿の殺害場面が描かれており、本当に遠くまで飛んできそうな勢いで首がはねられている。
      *   *   *
 入鹿の首塚付近は飛鳥寺の西門にあたる場所で、飛鳥時代には「槻(つき)の木の広場」が広がっていたと推定される。槻の木とは、ケヤキの古名。古地図を見ると、入鹿の首塚のある場所は「五輪」、その近くには「土木」と呼ばれている場所もある。「ツチノキ = ツキノキ」なのかもしれない。
 この広場で行われた蹴鞠(けまり)の会で、中臣鎌足と中大兄皇子が初めて出会ったとされる。蹴鞠をしていた皇子が誤って飛ばした靴を鎌足がひろったことがきっかけで、2人は急接近した。その後は、蘇我氏打倒の秘策を練るため、多武峰に登って打ち合わせをしたというエピソードも残る。
 飛鳥板蓋宮から600メートル以上離れたこの地まで人間の首が飛ぶはずもないが、乙巳の変の立役者の2人が初めて出会った場所に入鹿の首が飛んできたとは、何か因縁めいたものを感じる。
 石造美術としてみるならば、特筆すべきものではないかも知れないが、甘樫(あまかしの)丘や飛鳥寺をバックにすっかり周囲の風景に溶け込んでいる姿は、飛鳥にはなくてはならない存在といえる。



実は明日香村には、もう一カ所、入鹿の首が飛んできたとの伝承の残る場所がある。それが「茂古森(もうこのもり)」だ。
 石舞台古墳から冬野川に沿って東に向かうと、細川谷の奥に上(かむら)という集落がある。そこに気都和既(きつわき)神社が鎮座しており、その境内一帯が、茂古森と呼ばれている。
 この一風変わった地名は、乙巳の変で入鹿を殺害した鎌足が、入鹿の首に追われてこの森に逃げ込み「もう来ぬだろう」といったことに由来するそうだ。境内には、鎌足が腰かけたという石もある。
 飛鳥時代には、絶大な権力を掌握していた蘇我入鹿。そんな入鹿だからこそ、人々はその超人的な怨念を恐れて、このような伝承を語り継いだに違いない。やはり飛鳥は奥が深い。(NPO法人奈良まほろばソムリエの会 露木基勝)


入鹿殺害に、こんな後日談があったとは、初めて知った。NPO法人奈良まほろばソムリエの会では、「まほろばソムリエと巡る大和路」というウォーキングツアー(参加費は1人300円)を実施していて、露木さんもガイドのメンバーである。その「飛鳥ミステリアス・ストーンズ巡り」は、露木さんが起案されたコースなので、本人がガイドしてくれるかも知れない。ぜひ、ご利用いただきたい。

露木さん、興味深いお話しを有難うございました!


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 船宿寺の船路井櫻(葛城三十... | トップ | 国宝級の復元品展と岡本権宮... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
入鹿の首は曽我にも (若林梅香)
2013-06-25 00:12:21
蘇我入鹿の首は橿原市曽我町の竹内街道・横大路沿いにも飛んできたという語り継ぎがあります
曽我町の東端にある中西家は曽我のおっとやと言って入鹿の首が曽我氏ゆかりのここまで飛んできたというものです
曽我の人たちは多武峰まいりはしないと言い伝えられている
こんな話はだんだん風化されていきますね 今のうちに沢山集めておきたいです 参考までに…
曽我のおっとや (tetsuda)
2013-06-25 08:00:10
若林さん、コメント有難うございました。羊の草刈り隊、NHKで拝見しました。素晴らしい活動ですね。
http://blog.goo.ne.jp/syodou_yamakitiman/e/3d1068e6f642d58486ad4874fd8ffba9

> 曽我町の東端にある中西家は曽我のおっとやと言って入鹿の首が曽我氏ゆかりのここまで
> 飛んできたというものです 曽我の人たちは多武峰まいりはしないと言い伝えられている

これは興味深い話です。最近の市史や町史に、こういう話は載らなくなりました。どこかで書き留めていかないと、消えていきますね。ソムリエの会で何かできないか、ちょっと考えてみます。

コメントを投稿

なら再発見(産経新聞)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事