tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

国の始まりは大和の国、奈良県には魅力がいっぱいです。ぜひお訪ねください!

だいぶつ納豆の熨斗食品が事業停止!

2014年08月06日 | お知らせ
皆さんよくご存じの逸品「だいぶつ納豆」や「だいぶつもやし」を製造されていた熨斗(のし)食品株式会社(葛城市當麻204)が、事業を停止された。自己破産申請を準備されているという。知人のKさんからメールをいただいて知った。「帝国ニュース 関西版」(7/29付)から一部を抜粋すると、
※当ブログ記事「だいぶつ納豆」はこちら。トップ写真は2011.4.14の撮影

熨斗食品 納豆、もやし製造 事業停止、自己破産申請へ 負債約1億円

素材にこだわった風味豊かな納豆は、消費者の支持を得てマスコミに紹介されるケースもあり、比較的安定した売上げを確保していたが、もやしは差別化を図れず、売上減少傾向が続き、2014年4月期の年売上高は約1億2000万円にまで低下していた。また、近年における原材料の値上がり分を価格転嫁できず、採算性を確保できない状況が続き、資金繰りが悪化。今後の見通しも立たないことから事業継続を断念、今回の事態となった。負債は約1億円。

2009年4月期の売上高は約2億3000万円だったというから、約半分に落ち込んでいたのだ。奈良の西口鰹節商店(西口かつを店)が閉店してガッカリしていたが、「だいぶつ納豆」まで食べられなくなるとは、かえすがえすも残念だ。会社が事業停止しても、納豆の製造だけを引き継いでくれるところは、ないのだろうか。

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 奈良大宮ロータリーが、高校... | トップ | 善照寺・冨生の松と蓮如の掛... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
暗いニュース、続く。 (酒仙堂)
2014-08-06 09:31:54
なじみの店や食品が消えていく・・・。しかも地元の。

評判の良い飲食店が増えるのは結構。一方、地元民としては、安定的に入手できる普段使いの良い食材も大切。大仏納豆は、安過ぎました。豆腐・酒・醤油・味噌など、これからは今まで以上に地元産品を応援したいです。
えええ!!!? (アスカ)
2014-08-06 15:02:08
凄くショック!
最後に大量買いして大仏納豆パーティー開きます。
ああ~本当に残念です。
地場産品 (tetsuda)
2014-08-07 04:42:42
酒仙堂さん、アスカさん、コメント有難うございました。

> だいぶつ納豆は、安過ぎました。

販売側の希望があったのかも知れませんが、倍の値段で売っても良かったと思います。

> 豆腐・酒・醤油・味噌など、これからは今
> まで以上に地元産品を応援したいです。

同感です。まずは地元民が買わなければ。

> 最後に大量買いして大仏納豆パーティー開きます。

アスカさん、製造も販売も、先月で終了しました。
どうもありがとうございました。 (あいち)
2015-03-29 22:10:34
初めまして、私は熨斗食品の創業者の孫娘に当たる者です。今回tetsudaブログさんを拝見させて頂き皆様にご迷惑並びにご心配頂きまして誠に申し訳無く思うと共にだいぶつ納豆をご愛顧頂き誠にありがとうございました。ここでお礼申し上げます。
地元民が支え (tetsuda)
2015-03-30 07:25:49
あいちさん、コメント有難うございました。

> 皆様にご迷惑並びにご心配頂きまして誠に申し訳無く思うと
> 共にだいぶつ納豆をご愛顧頂き誠にありがとうございました。

いえ、ただ残念なだけです。このような地元の逸品を、もっと地元民が理解を示して買い支えるべきではなかったか、と思います。

酒仙堂さんもお書きのように、ミシュランのお店ばかりでなく、普段づかいの地場食品をもっと買わなければ、どんどん良いメーカーが失われてしまいます。私も、このような地元の逸品を紹介し続けてまいります。

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事