tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

国の始まりは大和の国、奈良県には魅力がいっぱいです。ぜひお訪ねください!

なら大和路探訪 古事記ガイド列車、出発進行!(2012Topic)

2012年10月05日 | お知らせ
今日(10/5)の奈良新聞に「あすから古事記ガイド列車 JR万葉まほろば線 古代衣装着けた劇団員の寸劇も」という記事が載っていた。列車は10/6(土)~12/9(日)までの土・日・祝日(計22日間)、JR桜井線(万葉まほろば線)の奈良⇔桜井間で運行される。

ならの魅力創造課のHP(県観光局)にも、紹介されていた。《奈良県、JR西日本、近鉄、奈良交通は共同で、より多くのお客様に奈良大和路へ観光でお越しいただくよう、「古事記完成1300年記念 なら大和路探訪 吉野・飛鳥・山の辺の道キャンペーン」を平成24年10月1日(月)~12月31日(月)の3ヶ月間、実施いたします。このキャンペーンの企画の一つとして、万葉まほろば線(JR桜井線)において、古代衣装をまとった劇団員との記念撮影や、劇団員またはボランティアガイドによる古事記の解説を車内で行う、「なら大和路探訪 古事記ガイド列車」を運行します》。初日の10/6(土)には、出発式も行われる。報道資料によると


古代衣装をまとった石原さとみ(NHK「大仏開眼」より)。
こんな美人の劇団員さんがいればいいなぁ~♪

「なら大和路探訪 古事記ガイド列車」出発式の開催について

奈良県、JR西日本、近鉄、奈良交通は共同で、より多くのお客様に奈良大和路へ観光でお越しいただくよう、「古事記完成1300年念 なら大和路探訪 吉野・飛鳥・山の辺の道キャンペーン」を平成24年10月1日(月)~12月31日(月)の3ヶ月間、実施いたします。

このキャンペーン企画の一つとして、JR西日本は、 万葉まほろば線(JR 桜井線 )において、古代衣装をまとった劇団員との記念撮影や、劇団員またはボランティアガイドによる古事記の解説を車内で行う、「なら大和路探訪 古事記ガイド列車」を運行します。これを記念して「なら大和路探訪 古事記ガイド列車」の出発式を開催します。

1 開催日  平成24年10月6日(土)
2 開催場所 JR大和路線(関西本線)JR 奈良駅
3 開催概要
時 間 午前 8時40 分~午前 9時05 分
場 所 JR奈良駅1番のりば (ホーム中ほど)
内 容 一番列車の運転士・車掌へ花束贈呈、テープカット、
   奈良県のマスコットキャラクター「 せんとくん」、奈良駅長による出発合図


4 そ の 他
(1)「なら大和路探訪 古事記ガイド列車」の概要
【運転期間】
平成24年10月6日(土)~12月9日(日)までの土休日(計22日間)
【運転区間】
万葉まほろば線(JR桜井線)奈良~桜井駅間
【運転時間】
奈良駅 9時04分発 → 桜井駅 9時36分着
桜井駅 11時00分発 → 奈良駅 11時33分着
奈良駅 13時37分発 → 桜井駅 14時06分着
桜井駅 15時40分発 → 奈良駅 16時13分着
※通常運行する列車(2両編成)の後部車両の1両で行うため、車内の混雑状況によっては、ご覧いただけない場合があります。
※参加費は無料(奈良駅~桜井駅間の運賃が必要です)。
※当日、大幅なダイヤ乱れや天候不順等により、運行不能や運転の取り止めが発生した場合、イベントを中止する場合があります。
(2)「なら大和路探訪 古事記ガイド列車」出発の約10分前に奈良駅のコンコースおよび桜井駅の自由通路で劇団員による寸劇も行います。


JR桜井線は、私も大好きな鉄道路線である。亡父は「桜井回り」と呼んでいたが、「万葉まほろば線」という愛称もピッタリくる。沿線の駅名は、奈良、京終(きょうばて)、帯解(おびとけ)、櫟本(いちのもと)、天理、長柄、柳本、巻向(まきむく)、三輪、桜井、香久山、畝傍、金橋、高田と、由緒ある地名がずらりと並ぶ。天理より丹波市(たんばいち)、巻向より纏向の方が感じが出るが、まあそれはいい。

12/9までの土日祝日、1日4本もの「古事記ガイド列車」に追加料金なしで乗れるとは、鉄道マニアならずとも有り難い。皆さんも、乗ってみませんか?

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« サムライと愚か者 暗闘オリン... | トップ | 天理~桜井「山の辺の道」(... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事