tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

外国人観光客の増加で活況を呈する奈良県。県下各地では、美味しい飲食店も激増中です。ぜひあなたも「どっぷり奈良好き」人に!

串志野坊(くしのぼう)

2010年05月19日 | グルメガイド
串志野坊(和歌山県橋本市高野口町向島13-10)は、「鳥・活魚・和食一品料理」の店である。帰省した4/17(土)の夜、ここで開かれた飲み会に参加した。



YAHOO!グルメのクチコミに、このお店が紹介されている。《いつも持ち帰りで手羽先注文します。まさに本場名古屋の味です!!クリスマスには鳥ももバージョンが予約で頂けますよ!!》。別の人は《鳥のもも揚げがすごくおいしい。他の店には無い独特のパリパリの食感とタレのうまさがくせになります》。また別の人は《秘伝のタレを使って揚げた手羽先は最高でした。釣り好きのマスターが釣って来た魚をその日に調理されたものは天然そのものです》。
※YAHOO!グルメ
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0005379662/



この夜のメインは、鶏でも活け魚でもなく、ボタン鍋だった。ご主人が撃ってこられた猪肉を使い、1つの鍋では醤油出汁、もう1つの鍋では味噌出汁でいただいた。鮮やかな猪肉が、いやが応でも食欲をそそる。



新鮮野菜のまん中に添えられたちくわ状の食材は、イタドリ(虎杖)だ。イタンボとかスカンポ(酸模)などとも呼ばれるタデ科の多年生植物で、子供の頃、茎を折り、皮をむいて食べた経験のある方も多いだろう。これを茹でて水にさらし、アク抜きしたものである。



鍋が煮えてきた。臭味のないフレッシュな猪肉は、さすがに美味しい。胸焼けしないので、ついたくさん食べてしまう。猪肉はビタミンB1やカルシウムが豊富だ。昔は「山鯨(やまくじら)」と呼ばれ、これを食べることが「薬喰い」と言われたほど、滋養強壮の食材だった。コレステロールが高い家畜の肉と違い、DHAやEPAなど、血栓を溶かしたり血液をサラサラにする不飽和脂肪酸がたくさん含まれているので、安心して食べられる。



猪肉には、野菜がよく似合う。飽きのこない醤油出汁も良いし、身体が暖まる味噌出汁も美味しい。独特の食感のイタドリが、春を感じさせる。



途中で、名物・手羽先の唐揚げが出てきた。これはイケる、本場の味だ。親切なことに、壁に手羽先の上手な食べ方が図解されていて、その通りにやると簡単に骨から身をはがすことができた。次回は、ぜひ「もも唐揚げ」と「釣り好きのご主人が釣ってきた活け魚」を食べてみることにしたい。



今回も、伊都青年会議所のHさんの紹介でお邪魔したのだが、地方には地元民しか知らない、こんな面白い店があるのだ。橋本市にあるのなら、五條市や御所市にも、「知る人ぞ知る」お店があることだろう。地元の人と親しくなって、こんな面白い飲食店を開拓したいものだ。

※所在地:和歌山県橋本市高野口町向島13-10 電話:0736-43-1417
『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 海鮮割烹 あやの家 | トップ | 観光地奈良の勝ち残り戦略(3... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ならんと見ました〓 (ゆうこ)
2010-05-19 21:17:16
はじめまして〓
つる由を検索して、てつださんのブログを拝見しました。
つる由さんの事お好きなんですね〓
私も大好きです
中々行けませんが年4回位はあのカウンターで素敵な彼とお酒を飲みながらお食事するのが夢です
これからもブログ楽しみにしてます
naranto (tetsuda)
2010-05-20 15:47:02
ゆうこさん、コメント有り難うございました。

> ならんと見ました

反響が大きくて、戸惑っています。

> 中々行けませんが年4回位はあのカウンターで
> 素敵な彼とお酒を飲みながらお食事するのが夢です

いいですね。私はカウンターを利用したことがないので、いちどチャレンジしたいと思っています。こんな良いお店は、もっと有名になっていただきたいものです。

コメントを投稿

グルメガイド」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事