杉風呂

40過ぎ男の戯言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

丁度いいサイズ

2016年02月24日 | 趣味の部屋
またも時計ネタで

最近腕時計の大型化が盛んだと感じる、標準サイズが42ミリ位になってきていると
思う。昔は36から38位だったと、

デカアツブームなんて言われてからもう十年くらい経ちますね、
火付け役は恐らくパネライ、一度ベース44ミリを付けていた時期があるが、
まさしく今で言う妖怪ウォッチ状態、
あれをかっこよくつけられる腕の太さって、恐らくかなりマッチョでないと
似合わないでしょう。腕に乗せた感も非常にアンバランス、
装着感が悪かった印象しかありません、すぐに処分しました。
今使っているセイコーダイバーはそれ以上の47ミリ、しかしながらそれほど
装着感は悪くない、不思議です。ベルトのつくりがいいのかな?

もうニクソンクラスはお笑いでしかないが、正直セイコーのダイバー
SBDX014は欲しい、サイズは53ミリ!、ツナ缶よりさらにデカい。
おまけに分厚い、そして値段もお高い、
でも色使いが成金ぽくて、中国人に買いあさられそうな、

でも本当にベストなサイズ感はロレックスのエクスプローラー114270ですね、36ミリ
装着感はいいですよね、欲しい、
コメント   この記事についてブログを書く
« SBBN015の錆 | トップ | ギターの木材 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

趣味の部屋」カテゴリの最新記事