杉風呂

40過ぎ男の戯言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SINN356フリーガーオート

2016年02月19日 | Weblog
ドイツのメーカーです、結構マニアックな時計を作っている
メーカーです。これは自動巻きモデル、先行して手巻きの356が発売されてました。
確か限定で、この時計購入は16年ほど前にさかのぼります。購入というか所謂結納返し、
当時オメガ1本くんでした、何故似たようなクロノに手を出したか、未だに不明です。
このメーカー、当時はあまり有名ではなかったと記憶してます。
ムーブメントはバルジュー7750搭載、これも結構頑丈なムーブメントです。
この時計まだ一度もOHしてません。でもリューズも渋くならないし好調に動いてます。
確か当時IWCのフリーガークロノが欲しかったと思い出しました、
でも結構高かった、時計好きでなければ理解しがたい金額でした。
しかしここでの妥協が続けざまにマーク15を買う羽目に、
やはり我慢してでも、努力して本当に欲しいものを買う、これが後悔しない買い物のコツ。
そこで少しでも妥協すれば後々手痛い出費が、
最後の一本
セイコーSBBN015
初ダイバーです。一番稼働率が高い時計、仕事中に使用してます。
もう傷だらけ、使えば傷がつくのが当たり前ですが特にひどいのがガラス、
買ったときはサファイヤと思いましたがハードレックスという良くわからない
ガラスでした、2CHでも結構な論争になるようですが、プラ風防より始末悪い。
プラは磨けますがこれは無理、傷だらけです。
ケースやべゼルは別に傷ついても構わないがガラスはねー
これ外胴と言ってべゼルの廻りに金属のガードがついている時計です。
セイコーならではのデザイン、ところがこの裏側というか隙間が錆びる、
SSモデルの宿命みたいです。この上のクラスは錆びないみたい、
ダイバーが錆びるとは笑ってしまいましたが、
電池駆動なので煩わしさはありませんが、味気ないです。
でも日付と曜日がわかるって素晴らしい事、助かってます。今では生産終了し
次のモデルに引き継がれましたがこのクラシック感が何とも言えず気にいってます。
長くなったので次回
コメント   この記事についてブログを書く
« 意外と丈夫 | トップ | SBBN015の錆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事