薪ストーブと高齢者の日々

薪ストーブを焚く外は何もせず、暇になると庭の花々を
眺め、気が向けば薪探しに出かける、年寄りのひとり言。

大寒・・・

2019-01-20 11:21:51 | 年寄りのひとり言

  

 しばれる日が続いているが、たまに見るテレビは何の成果も見えぬ北方

領土や日韓の事や、横綱や大関がコロコロ負ける大相撲を映すので観る

気になれず、暇にまかせて煙草を吸い納税に協力し、テレビのスイッチを切

って節電に努めるも、ブログ記事のないままの日々が過ぎているが薪ストー

ブの番人だけは続けている大寒の今日、真冬日で朝から薪を焚き、虫が樹皮

を食べたと思われる茶色の粉を落とし、ストーブの周りを汚して・・・

                            

 

コメント

昔と変わらぬと言うが・・・

2019-01-14 15:55:40 | 年寄りのひとり言

  

 何気なくテレビを点けたら、昔と変わらぬ電気も水道もない暮らしをしていると

言う一家で、小学生の子供が薪割りをしてカマドを焚き、五右衛門風呂を沸かして

いる光景が映し出されていた。

 それをみて戦後、祖父母の家でランプのホヤを磨き、夏は沢から水汲みを、冬は

風呂がまに雪を入れて沸かす手伝いをしたことを思い出したが、テレビに写ってい

たストーブは現代(鋳物)のもので、祖父母の家の薪ストーブはブリキで、正月だ

けと観ると言うテレビも無かった・・・

                                

コメント

仕事始め・・・

2019-01-07 15:24:07 | 年寄りのひとり言

  

 田舎では今日がら仕事始め、だが職を持たない年寄りには全く関係ない・・・

 正月だから言って何時もと変わらず、数年前までは暇にまかせて酒を飲みながら

何かかにか食べて過ごし今年も太ったなぁ~とボヤいていたが、今年は食欲もな く

体重は減少気味、薪ストーブを焚く以外何もすることもなく、昼寝をしていても夜9時

過ぎると眠くなるのもこれまで通り。

 変わったのはこれまで夜10時すぎにその日最後の薪をくべてから就寝していだが、

平成最後の正月は雪も降らず夜は8時を過ぎると薪をくべるのを止めても朝は寒くな

く穏やかな正月だったこと・・・

                                  

 

コメント

ない・ナイ・づくし・・・

2019-01-04 16:17:08 | 年寄りのひとり言

  

  84回目の新しい年を迎えたが、何の感慨もなし・・・

帰る田舎もない・・・温泉で年越しする金もない・・・初詣に行く元気もない・・・

見たいテレビ番組もない・・・酒も呑めない・・・婆さんと話すこともない・・・

雪も降らず除雪もない・・・

薪ストーブにくべる薪の補充に外にでる以外は家に籠りっきりの寝正月・・・

穏やかな正月だったが、10数年間焚いている薪ストーブも、いずれ焚けなくなる

時が来るのだろうな・・・     

                                                              

コメント

残り僅かに・・・

2018-12-29 15:05:02 | 年寄りのひとり言

  

 今年も残りわずか、寒波により北海道日本海側は大雪、太平洋側は風が強い

く冷えるが、晴れの日が続いている。

 今年は振りかえるまでもなく、股関節を痛めて薪集めは中止、身体が鈍って散歩

も少し歩くだけで息が上がり、抵抗力が落ちたのか人混みの中を歩くと直ぐに風邪

を貰ってしまうので、定期的に病院に行く以外は外出もせず、暇で退屈な日々を過

ごすはめに。

 身体の衰えを実感した年も残りわずか・・・

                               

 

コメント