Welcome to My Room

Singer テツモトミキのページ

大晦日

2006-12-30 17:12:21 | ライブスケジュール

いつもは紅白とK-1をチラチラ見ながら、のんびり年を越していた私ですが、今年は新栄「BLST」での年越しとなりました。残念ですが、チーフの裕次郎くんのブラスト最後の日にもなりますし、もしお時間のある方は、ぜひぜひ遊びに来てください。一緒にカウントダウンしましょー♪

  新栄「BLST」 カウントダウン・ナイト 

   with 石河光也(Vo&g) / Reiko(Vo)

   charge \1200-  

   ドリンク、フード  オール\500- (限定メニュー)

   Open 19:00~

                                 

コメント

2006年 感謝

2006-12-30 17:05:57 | 私の思うこと

いよいよ2006年も終わりですね。昨年にも増して、私はこの一年、早かったように思います。

皆さんの2006年は、どんな年でしたか?

2006年を表す漢字は「命」とのことですが、自分でも考えてみると、私のこの一年は「歩」かなぁ・・大きな変化は無いけれど、昨年に引き続いて、また新たな出会いや人とのつながりが、少しずつですが広がったり、数年ぶりに集まった同級生とのユニットという、新しい試みもあったり・・将棋の「歩」の駒を一マス上げるように、また一歩、前に進めたかなと思います。「継続は力なり」という言葉を胸に、来年も地道にやっていきたいと思っています。

そして何と言っても今年は、今までにないほど、ライヴ=特にドームetcの大会場でのライヴを中心に、本当にたくさん観に行きました。先日亡くなったジェームス・ブラウンを皮切りに、ローリング・ストーンズ、ボン・ジョヴィ、エリック・クラプトン、宇多田ヒカル、そしてナント矢沢永吉・・等々、ライヴハウスなんかも入れると、もっとあります。顔ぶれを見ても分かる通り、自分の勉強というよりは、一ファンとして観たものばかりですが、多くの人たちの手で作り出されたものを肌で感じ、力をもらったり感動した経験は、また一つ、私の肥しになったはずです。

                                                            

今年も演奏していただいたプレーヤーの皆さま、ライヴに足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございましたm(_ _)m

来年もどうぞよろしくお願いいたします♪♪

コメント

今年のクリスマス

2006-12-29 09:11:19 | ライブのあとに

皆さんは、どんなクリスマスを過ごしましたか・・?

2006_12242001423日(土) 長野県南木曽にある「ホテル木曽路」にて、クリスマス・ライヴ。総合施設「木曽路リゾート」内にある洋風でキレイな造りのホテル。1階奥のラウンジで、この日は最近よくご一緒させていただいている、ジャズ・ピアニストのノースマン土本さんのピアノ・トリオでの演奏。普段はピアノの自動演奏ということで、ステージはこじんまりした感じでしたが、お世話をして下さったホテルの方がとても音楽がお好きなこともあり、普通のホテルでは置いていないような音響設備があって、細かく調整してくださったので、とても気持ちよく歌わせていただきました。事前にポスターやチラシで宣伝もしていただいていたので、思ったよりたくさんのお客様に集まっていただけて、私自身も素敵な時間を過ごすことが出来ました。

このホテルの自慢は、何と言ってもお風呂。御影石や木曽檜の露天風呂の温泉は最高です。この日は一泊させていただいて、温泉に浸かって・・ちょっと仕事を忘れて、旅気分を味わうことが出来ました(^^) 名古屋から電車でも2時間ほどですし、ぜひお出かけください。

木曽路リゾート  http://www.kisojiland.co.jp/

                                                            

Pht0612242239 24日(日) 南木曽から帰った次の日の夜は、東区泉のイタリアン・レストラン「La Bella Vita」での演奏。前日とはまた全然違った雰囲気で、しっとりピアノの弾き語り。クリスマス・イヴの日曜日ということもあり、この日はお客様入れ替えの二部制だったのですが、若いカップルを中心に、どちらの時間も満席でした。幸せな人たちの楽しいひと時を、ほんの少しですがお手伝いさせてもらえて、私も本当に幸せな気持ちになりました。同じ独りでいるにしても、全然違います(苦笑) しかも、この日は私の友人も彼と一緒に来てくれて、余計に嬉しかったです。

こちらのお店で演奏するのは、昨年に続いて二度目だったのですが、日にちは違いますけど昨年は大雪の日だったんです。一年って本当に早いですね・・

ちなみに、昨年はこんな感じでした→ http://blog.goo.ne.jp/tetsu-pee/d/20051225

                                                              

そして、25日のクリスマス・・

Pht0602280424 “ゴッドファーザー”ジェームス・ブラウン逝去。

以前このブログにも書きましたが、今年「デビュー50周年記念」ということで、3年ぶりに来日。3月には名古屋公演もあって、それを観に行ったのが、ついに最後となってしまいました・・73歳という年齢を考えれば、やむを得ないところもありますが、あのパフォーマンスや存在感からすると、120歳くらいまでは生きてくれるんじゃないかと、ファンとしては勝手に思ったりもするし、偉大なドンが居なくなってしまうのは、やっぱり寂しいです。

でも、キリストの生誕日に天に召されるとは、何だか劇的な人生ですね。さすがGOD!映画「ブルース・ブラザーズ」での、神父役の姿が思い浮かびます。

JB Forever ...

コメント (2)

忙しいあなたに・・

2006-12-20 10:45:58 | 音楽

早いもので、今月・・というか今年も残すところ、あと10日あまり。そして、もうすぐクリスマスですね。キリスト教でもないですし、残念ながら今年も恋人のいない私ですが(苦笑)、イルミネーションで街中がキラキラしていて、クリスマスのこの時期というのは、何だかウキウキして、やっぱり大好きです。でも、このところ年々その演出が早まって、派手になってきて、ちょっとヤリすぎなのでは・・と感じるようにもなりました。クリスマス・ソングも、正直クリスマスまでに聴き飽きてしまったり・・

と言いつつも、クリスマスや冬の歌も、いい曲はたくさんあります。昨年は、SIONの「12月」という曲を紹介しましたが、この季節に合う曲を、またご紹介したいと思います。

4988018304999 今井美樹の「遠い街から」  ’92年に発売されたアルバム「flow into space」の最後に入っている曲。このアルバムは、宮崎駿、北野武の映画音楽etcでお馴染みの、久石譲がプロデュース。現在の夫でもある、布袋寅泰も参加していますが、全体的にシンプルでキレイに仕上がっている一枚。髪はショートカット、ジャケット写真はモノクロで、彼女自身も当時、大人の女性を意識して作った作品だったと思いますが、私も聴いていた頃は、ちょっと大人っぽい雰囲気だなぁ、という印象を持っていました。でも、先日ふと思い出して、またかなり久しぶりに聴いたのですが、余計な装飾が無い分、彼女の透き通った歌声が引き立ち、このシンプルさが今はとても心地いい。それに、このアルバムは12/23発売だったので、クリスマスにもピッタリの一枚。

「遠い街から」は、彼女本人の作詞で、作・編曲が久石氏。初めて恋人と離ればなれの冬を迎え、春には戻ってくる彼のことを思う、ちょっと切ない歌。冬の街が目に浮かぶような、キレイなピアノのイントロ、間奏での広がりのあるオーケストレーション・・久石ワールドを堪能できる一曲です。

あなたと歩いてた 街を一人歩こう

遠く離れても 続く空から 雪は降りる・・

                                                          

仕事や忘年会etc忙しい毎日を過ごしている方、きっと癒されます・・冬の夜におすすめ。ちなみに、アルバムの一曲目「Blue Moon Blue」も、美しい曲ですよ。どちらかと言うと、やっぱり女性向きなのかもしれないですが、よかったら聴いてみてください。(残念ながら廃盤のようなので、ネットや中古店etcでどうぞ。)

CDデビュー20周年の今年、紅白出場。初紅白で、「PRIDE」を歌う彼女も楽しみです♪

コメント (2)

季節モノ

2006-12-07 09:33:33 | 私の思うこと

このところ、またサボっていたので、久しぶりの更新です・・皆さま、お元気ですか?

あっという間に12月に入って、もう一週間が経ちますね。ようやく冬らしい寒さになってきて、街はすっかりクリスマス一色。

そんな中、今年もやってますね、ドラマ「29歳のクリスマス」 (と言っても、今年の放送時間は15時~なので、知らない人のほうが多いかもしれないですが・・笑) 主題歌になっていた、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」は、すでにクリスマスソングの定番となっていますが、ドラマのほうも、この時期になると必ず再放送されるようになって、私にとっては12月の風物詩の一つ。

29sai_1 典子(山口智子)、彩(松下由樹)、新谷(柳葉敏郎)、主人公3人のそれぞれの生き方を描いていく内容。リアルタイムで観ていた頃は、“29歳”という年齢に憧れも持ちつつ、“お姉さま方の人生観”という目線で観ていましたが、いつしかとても身近で、共感することも多くなり、そして今ではもう、29歳をずいぶん通り越してしまいました(笑) 調べてみたら、'94年の作品。もう12年も経つんですね。でも今観ても、全然古い感じは無くて、いいドラマ作品の一つだと思います。

ちなみにこのドラマには、二人のミュージシャンが、役者として出演しています。一人は、世界的に多方面で活躍しているトランペッター、近藤等則。典子の昔の恋人で、ちょっとアウトローな男の役。そしてもう一人は、彩の恋人のチェリスト役で出ている、ベーシストの竹下欣伸。東京芸大時代から、あの葉加瀬太郎と一緒に「クライズラー&カンパニー」というユニットで活躍していた人で、現在は平原綾香etc、ビッグアーティストのツアー等で活動中です。

なぜ彼らが起用されたのかはよく分かりませんが、結構大事な役どころですし、ちょっとおもしろいキャスティングでした。

コメント (3)

12月のスケジュール

2006-12-03 05:51:37 | ライブスケジュール

6日(水)20:00~ 岡崎「SATIN DOLL」 charge\1000-

         with 杉丸太一(p)

                                                        

9日()20:00~ 名東区「DrinkingSalon haps」 charge free

             ソロ(Vo&key)

                            

13日(水)21:00~ 新栄「BLST」 charge\900-

          with 石河光也(Vo&g) 

                                                            

14日(木)21:00~ 栄・錦「PINO」 

         http://www.live-pino.com/index.htm

            ソロ(Vo&Key)

料金については、お店にお問い合わせください。

                                                                                                

16()23:00~ 一宮「Sound Bar Liverty」

         with ノースマン土本(p)+安岡美樹(b)

詳細については、お店にお問い合わせください。

●リバティ http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F18%2F50.26&lon=136%2F49%2F57.767&layer=1&ac=23203&gc=80&p=%B0%EC%B5%DC%BB%D4%C0%BE%C2%E7%B3%A4%C6%BB%B6%E2%C4%EC&mode=map&size=m&sc=4

一宮市西大海道金底4 カンキビル2F

TEL:0586-77-545

                                                         

20日(水)21:00~ 新栄「BLST」 charge\900-

           with 石河光也(Vo&g)

                                                        

24日() 東片端「trattoria La Bella Vita(トラットリア・ラ・ベラヴィータ)」 

       http://www.ganet.jp/bella-vita/

       ソロ(Vo&p)  1st 19:00 頃~/ 2nd 21:30 頃~ 

       (ディナーは、18:00 / 20:30 の入替制)

       *詳細はお店までお問い合わせください。

東片端の交差点そばにある、イタリアンレストラン。昨年に引き続き、今年も出演させていただけることになりました。聖夜は美味しいイタリアンで過ごしませんか・・?

                                                              

27日(水)21:00~ 新栄「BLST」 charge\900-

           with 石河光也(Vo&g)

31日() 新栄「BLST」 カウントダウン・ナイト 

         with 石河光也(Vo&g) / Reiko(Vo)

         charge \1200-  

         ドリンク、フード  オール\500- (限定メニュー)

                                                             

                                                               

コメント (4)