週刊浅草「江戸っ子瓦版」 -のんびりHiGH句な日々-

文学と食とRUNの日々を、PHOTO5・7・5で綴るエッセイ♪

アクアパッツァ in 広尾

2018年02月04日 | 呑み屋探訪(赤坂、六本木界隈)




【雪日和目鯛の美汁皿を舐め】酒上乃不埒


 今週は広尾でランチMTG。

 作家と連載レシピの打合せ、春の食材について話し合う。

 昨年末、代官山T-SITEの講演でお世話になった日髙シェフのお店。

 商談を言い訳に、アクアパッツァを食べちゃおうと雪の舞う中出向く。 

 若かりし頃から憧れた、ダンディなシェフの笑顔に今年も出逢えた。





 彩り鮮やか芸術的なお野菜は、グツグツ煮られたバーニャカウダーに付けて。

 お野菜高騰のこの冬に嬉しい一品だ。

 熱々のアンチョビー、パンにつけても美味い。





 イタリアンの前菜って素敵。

  バッカラ・マンテカート(鱈とジャガイモの練り合わせ。ベネチアの郷土料理)
  子羊肉と野菜の煮物 揚げチヂミキャベツ乗せ
  カリフラワーのスープ、手長海老乗せ
  岡山県石田牧場のモッツアレラチーズとトマトのカプレーゼ
  桜チップで燻した鴨の燻製、アーモンドスライスとザクロ乗せ
  モンゴイカのカルパッチョ

 シェフの粋な計らいで泡の飲み物をいただきながら。





 パスタは三種類の中から。

 わしは迷うことなく、旬のエゾ鹿の頰肉、ゴボウ、それにビーツのパスタ。

 ビーゴリという名の生麺。

 北国の野生の濃厚と、丸みを帯びたモチモチが口の中で弾ける。 

 やみつきになる食感。



 さて、メインの目鯛のアクアパッツア。

 ふっくらと柔らかいが適度に身がしまった魚が透き通ったスープに浮かぶ。

 バジリコがアクセントに効いている。

 アサリのシンプルな出汁が、トマトの酸味などが相まって、

 家庭では出せない複雑で繊細な一体感で舌を魅了する。

 さすが店名の由来ともなる逸品だ。 





 相方の作家は、鯛の焼き蒸し春菊ソースを。

 艶やかなグリーン、視覚でまず味わう。

 好物の春菊。

 家人の誰も好まない。

 これ食べたかったが、ここはやっぱアクアパッツァでしょw

 次の愉しみにとっておこう。




 デザートは、小ぶりのものが6品。

 女性には心華やぐ甘いものの競演。

  ラム酒入りキャラメルがけプリン
  ベリーソースがけパンナコッタ
  柚子のジェラート
  ティラミス
  りんごのケーキ、ホワイトチョコソースがけ
  生姜のシロップ漬け
  ビスコッティ

 ダブルエスプレッソとの相性が抜群。

 25年前、イタリアで飲んだ本物は衝撃だった。

 今の若者は幸せだ。

 飽きないレパートリーで辛党のわしでもペロッといけた。





 桜が散る頃、外苑前に移転すると伺った。

 ゆったりと過ごせる空間を豊かに感じる。

 この中庭を眺められるのもあとわずか。

 今日あたり、日髙さんのレシピ本片手にイタリアンつくろうかw

 鹿の美味しいこの時期、オススメしやす。

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ミシュランの蕎麦屋 | トップ | シシリアの昼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

呑み屋探訪(赤坂、六本木界隈)」カテゴリの最新記事