手と目とあたま

まずは手を動かすこと。そして、目でよく見る。頭を使って考えるのはそのあとだ。重要なのは、順序とバランス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

印象。2012年。

2012-01-30 | 日記



2012年になった途端、身の回りで大小様々な出来事が起こり、
非常に慌ただしい日々でした。
これは私個人に限らず、世の中全体的にこんな様子で進むんじゃないか、と思ったり。
いい事も悪い事も複合的に起こりながら、巨大な川のように流れだけは止まらない、
というのが2012年に対して私が抱いたイメージ。

そんな予感の中、さしあたってやっておくべきことは、
流れによくしなりながらも折れず、足下はしっかりと踏ん張って
何が起こっても動じないよう、精神と体を鍛えておく、
というシンプルないつもの心がけに他ならない。

「精神を鍛え、心は穏やかに保ち、全てを楽しめる健やかな魂を持つ」
というのは一生かけて取り組む課題だなぁと思います。
出来事が起こるのは、止められないものね。


そんな寒い寒い毎日の中、野菜が美味しいのはひっそりしたご褒美のようで、
しみじみ楽しくいただいています。
家の畑の野菜は無農薬・無肥料。野菜が自ら頑張って育った結果、
すごく甘かったり身が詰まってたり、彼らのその努力の跡が、なんともいとおしい。

「野菜を育てる」と言うけれど。
正確には「野菜が育つのを手助けする」だけだよなぁと思う。
一粒の種を発芽させたのは私ではないし、その芽から一本の人参を作ったのも私ではないし、
そう考えると私が出来ることなんて本当にごくわずか。

また春がきて、種をまくときは「よろしくお願いしまーす」と心の中で言いながら蒔こう。