てっしーずのおでかけ日記

観たこと、聞いたこと、気づいたことを書くよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忘却とは

2017年07月10日 | お家でウダウダ
またまた更新までに時間が空いてしまいました。

今回は美術展の感想ではなく、日々の生活について適当に書かせていただきたいと思います。
最近は雑事に追われる毎日で、美術館に行くペースは以前より落ちているものの映画を見るペースだけは上がっています。
といっても、劇場に行くわけではなく、アマゾン・プライムを利用しているだけですが。
うちはタブレットはあるものの、スマホがなくてネットも基本家だけでしか使わず、携帯も最低限の時間しか利用しない契約になっています。
なので、タブレットがあって、wowowやCSのチャンネルと契約しているのに、外ではタブレットで映像を見られない状態でした。
家ではテレビを見られるんだから、わざわざタブレットやパソコンで見る必要ありませんし。
でも、アマゾンはあらかじめダウンロードしておけば、外でネット接続なしで観られる、なんて書くとまるでアマゾンの宣伝のようですが、うちのような家だと本当に便利です。
外に出るときは仕事の時も遊びのときも、電車の中でずっと見ています。
通勤時間が長い人間なので、週4、5本は見ているでしょうか。
適当に選んで、適当に見ているので、外れの作品も結構多いですが、まあ電車の中で見る分には十分ですね(褒め言葉になっていないか)
それにしても、最近の邦画は笹野高史がやたら出ているので驚きます。
いい感じのわき役でちょっと登場という、なかなか効率のよさそうなお仕事です。

個人的に面白かったのは千葉で犬をたくさん集めていたおじさんのドキュメンタリーと、離婚してずっと会っていなかった父親の葬儀に行く娘ふたりの映画ですが、どちらもタイトルは覚えていません。
たてつづけに見ると、全然細かいことを覚えていないものですね。
ただ、年を取ったせいかもしれませんが。

突然ですが、美術展のお知らせです。

■□■   「生誕140年 吉田博展」     ■□■

会期   2017年7月8日(土)~8月27日(日)

休館日  月曜日(ただし7月17日は開館、翌18日も開館)

会場   東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
    (〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階)
     http://www.sjnk-museum.org/

開館時間 午前10時-午後6時(入館は午後5時30分まで)

観覧料   一 般:1,200円(1,000円)、大・高校生:800円(650円)※学生証をご提示ください
      65歳以上:1,000円 ※年齢のわかる物をご提示ください
      中学生以下:無料  ※生徒手帳をご提示ください
     ( )内は20名以上の団体料金および前売り料金
     
     ※2回目以降は使用済みの有料観覧券の提出で、一般800円、大学・高校生500円、65歳以上800円。
     ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。
      被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。

主催   東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、毎日新聞社

協賛   損保ジャパン日本興亜、ニューカラー写真印刷

特別協力 福岡市美術館

協力   モンベル

「生誕140年 吉田博展」の期間中、海の日(7月17日)と山の日(8月11日)に展覧会図録を
お求め方先着100名様に特性ブックカバー(非売品)をプレゼント!


ということで、吉田博の作品を新宿で見ることができるんですね。
以前、三鷹で吉田家の作品を見て以来、ずっと吉田博の作品は気になっています。
画家だけでなく、作家とも交流が多く、幅広く当時の芸術家に影響を与えた貴重な存在でもある人です。
吉田博を描いた映画とかないんでしょうか。(ひ)


コメント

日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―

2017年04月10日 | 都内のおでかけ
日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―
パナソニック 汐留ミュージアム
2017年4月8日(土)~6月25日(日)
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170408/index.html

久しぶりの更新です。
それ以前から更新の頻度がだいぶ落ちてはいたんですが、昨年春にいろいろ大変なことが重なってブログに向かう意欲も体力もなくなっていました。
今年に入って状況は落ち着いたものの、書かなくなると、それがすっかり習慣になってしまうものですねえ。
今後は、たまにはこうして、勝手なことを書く時間も取りたいなあと思っています。

昨年以降、美術館に行く頻度もだいぶ落ちましたが、月に何度かは行くようになっています。
その中でも印象に残ったものの感想を書きたいと思っていますが、今回は内覧会を見る機会のあった汐留ミュージアムの展示について。

今回は建築に関する展示でした。
というと、時々、足を運んでいる六本木のギャラリー間や、埼玉と八王子で展示のあった日本の建築に関する展示を思い浮かべます。
実際、内容はそうした展示に近いものでした。
建築の展示はパネルと映像と模型の組み合わせで行うことが多いのですが、これもそうでした。
建築って、専門の知識がない人間にとっては、ずいぶんと哲学的な要素が強いことに驚かされます。
そういえば、大学入試の現代文の問題でも、日本と海外の建築の違いなんていう文章がたくさんありました。
パネルを使った、この展示もそういう要素がありました。
フランス人の目で見て、面白いと思った日本の住宅の解説と、その家の模型がずらっと並んでいます。
コルビジェの名前が何度も登場する解説の文を読みつつ、こういう特異な家でなくても、コルビジェの建築は日本の現代の建築にどれくらい影響を与えているんだろう、という素朴な疑問がわきました。

少し会場を進むと、今度は映像も加わり、実際、その住宅に住んでいる人の言葉が中心になっています。
確かに、なぜそんな住宅をあえて建てようと思ったのかは知りたいところです。
建築に一家言ある方や芸術関係の仕事をなさっているという感じの方が多い印象ですが、こういう相当特徴のある家でも、住んでしばらく経てばなれるものなんでしょうねえ。
そんなことを思った次第です。

今回の展示の特徴は東京近郊の家が多く、しかも、公共の建物でなく、私的な住宅が多いということでしょうか。
部屋が大きかったり、特異な形をしている住宅はいろんな面で効率が悪いのかもしれませんが、そんなことを無視して建てられている自由さが時代に反していていいですねえ。(ひ)
コメント

存星の記憶

2015年06月30日 | 都内のおでかけ
一か月以上間が空いてしまいました。
というか、今日書かないと6月は書かずじまいになるところでした。
今日も昨年11月末に観た美術館の記録から。


存星(ぞんせい)-漆芸の彩り-
五島美術館

この日まず行ったのは五島美術館。
工芸品にはまったく知識を持たない人間ですが、「存星」は非常に印象的でした。
偉そうな言葉なのに、中国から来た非常に貴重な品物という緩い大まかな括りなのがいいじゃないですか。
「存星」という呼び名自体も日本で使ったものだそうですが、その由来はよく分かっていないそうです。
しかし、展示の方は実にしっかりしていて、その緩い「存星」をしっかりと学術的にとらえようとしていました。
日本で「存星」と呼ばれるにふさわしい優品を展示しつつ、どこが素晴らしいのかしっかり解説。
正直、自分ではどこがそんなにすばらしいものなのかさっぱり分かりませんが、何か勉強になった(気がしました)し、展示する側の熱意はひしひしと伝わってきました。
最近、思うのですが、美術展というのは大きな展示でも意外に手作り感というか、作り手の気持ちのようなものが意外にダイレクトに伝わってきます。
良かったなあと思えるものは、細かいところまで目の行き届いた送り手の意志に感動している部分が大きい気がします。

話はいつもながら大きく逸れましたが、「存星」は時代によって、その特徴がずいぶんと変わっているのも興味深いところでした。
ひとりの絵師や作家の存在が謎に包まれているというのは他にも例が多いところですが、この展示に寄れば室町時代から文献に名前の登場する技法(といっていいんでしょうか)の存在がこんなに謎に包まれていて、それでもなぜか残り続けていったというのは不思議です。


企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」
日本科学未来館

その後は、既に感想を書いているチームラボの展示を観に行きました。
大井町線経由で意外に楽な移動でした。
こんなことを言うのもなんですが、チームラボの作品は街中が似合うという気がします。
大きな町でふと大型スクリーンに目をやると独特の世界が展開されているというのがインパクトもありますし。
会場を使ってきっちり展示する意味が感じられるのは子供向けの参加型作品の方だったのかもなあ、という気が今振り返るとしてきます。


最後に展示の告知を。

■□■   旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行   ■□■

会期:2015年7月7日(火)~8月23日(日)
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
   (新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階)
開館時間:午前10時-午後6時(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし7月20日は開館、翌火曜日も開館)
観覧料:一般:1000円(800円)
    大・高校生:600円(500円) ※学生証をご提示ください
    シルバー<65歳以上>:800円 ※年齢のわかる物をご提示ください
    中学生以下:無料  ※生徒手帳をご提示ください
    障害者無料
    ※障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者手帳)のご提示に
     よりご本人とその介護者(1名まで)は無料。
     ただし、被爆者健康手帳をお持ちの方は、ご本人のみ無料。
    ※( )内は20名以上の団体料金 および前売り料金
主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、朝日新聞社
公式サイト:http://www.sjnk-museum.org/



損保ジャパン日本興亜美術館の今年の展示ラインナップはすごくいいですね。
夏も手抜きはなく、安野光雅です。(ひ)

コメント (1)

谷中安規展

2015年05月20日 | 都内のおでかけ
谷中安規展
10月4日(土)~11月24日(月・祝)
町田市立国際版画美術館
http://taninaka.hanga-museum.jp

覚えていらっしゃる方はいないかもしれませんが、以前書いた六本木アートカレッジからのつづきです。
谷中安規の展示は今日で終わりということで、六本木から町田まで一気に移動しました。
小田急線は千代田線が乗り入れしているので便利といえば便利なんですが、やっぱり遠いですね、町田までは。

谷中安規というと幻想的な作品が多く、文学とのつながりが大きいという漠然としたイメージしかありませんでしたが、今回の展示は年代別にしっかりと紹介してくれていました。
今回の展示を見て印象的だったのは初期の作品。
こんなにグロテスクで暴力的な作品を多く制作していたんですね。
前衛芸術家が多く参加していたマヴォにもかかわりがあったということですが、そうすると村山知義あたりともつきあいがあったんでしょうか。
この時期から谷中作品の独特のユーモラスさ、観ている方の顔がほころんでくるような楽しさはしっかり存在していています。
だからこそだからこそかなりグロテスクな作品も魅力的なんでしょう。
その後、内田百や佐藤春夫といった人たちとも一緒に仕事をした(というか作品の挿絵を描いた)のですが、締切もまもらずどこかにふらっといなくなるような自由人だったようです。

ところでネットで谷中安規について調べているうちに、こんなページに行きつきました。
www.umi-neko.com/neko/taninaka/taninaka.html

放浪生活をしていた谷中の晩年(といっても40歳代ですが)を看取った女性が、やはり版画を手掛けていて、こんな本を出していらっしゃるとは。
ぜひ読んでみたいところですが、今は手に入らないんでしょうねえ。きっと。

と、ここで美術展の告知です。

■□■    特別展 住友グループの企業文化力Ⅲ     ■□■
□■□  「フランス絵画の贈り物-とっておいた名画」   □■□

泉屋博古館というと、日本の美術品の展示が多いイメージですが、意外に印象派の作品もあったりするんですよね、前回の小川千甕展ではギャラリートークが非常に楽しかったので、今回もぜひ聞ければと思っています。(ひ)



会 期:2015年5月30日(土)~8月2日(日)
    ※巡回:泉屋博古館(京都)2015年3月21日(土・祝)~5月17日(日)
会 場:泉屋博古館分館
    〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
    Tel:03-5777-8600(ハロ-ダイヤル)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし、7月20日は開館、翌21日閉館)
入館料:一般 800円(640円)/高大生 500円(400円)
    中学生以下・障害者手帳ご呈示の方は無料
    *20名様以上の団体の方は( )内の割引料金
主 催:公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社
協 賛:大日本印刷株式会社ホームページ:泉屋博古館

コメント

NBAプレーオフ その3

2015年05月16日 | hoop madness
ブログの更新は相変わらず滞ってますが、NBAプレーオフの方はまったく目を離せない展開が続いています。
ひそかに応援して久しいアトランタ・ホークスがついにカンファレンス・ファイナル進出を決めました。
私が見ている範囲内では一度もなかったことですが、それどころの話じゃなくて45年ぶりの快挙というからびっくりです。
テレビでの試合中継が少なかったアトランタvsワシントンもようやく第5、6戦は生中継されたので、固唾をのんで中継を見ていました。
それにしても一番印象に残ったのは、ピアースの恐ろしいまでの勝負強さ。
ここ数年でのボストン、(ニュージャージー)ニューヨークでの鬱憤を晴らすような活躍ぶりでした。
こういう一癖も二癖もあるベテランの実力者はちゃんと力を発揮する場さえ与えられれば、こういう結果も出せるという見本のようなシリーズでした。
ちょっと前までの、デロンの悪口を言って、毒を吐いていた選手というイメージはもはやなし。

ようやく、アトランタの話ですが、何と言っても痺れる場面だったのは、ピアースの幻のシュート前のホーフォードのFT。
アトランタ・ファン以外は記憶にないかもしれませんが、2012年のプレーオフ、ファーストラウンドでアトランタはボストンと対戦しました。
2勝3敗で迎えた第六戦の終盤、ホーフォードはFT2本を決めれば同点というところで、一本目をミス。
それが原因で敗れるという悔しい思いをしています。
今回も同じように一本目をミスしたときは、そりゃあ嫌な予感がしたものです。
しかも、その後のピアースのスリー。
これが原因で負けたら、ホーフォードにとっては、終盤のFTが本当にトラウマになるところでした。
ああ、危ない、危ない。

いよいよ来週からはカンファレンス・ファイナルで、クリーヴランドと激突。
シーズン終盤の補強でいいチームになってしまったクリーヴランドは本当に厳しい相手ですが、アンチ・レブロンを続けてきた人間にはこれ以上燃えるシリーズはないですね。
しっかりと楽しませていただきます。

それまでカンファレンス・セミファイナルの試合を見てしっかり予習したいと思います。(ひ)
コメント