ブログを完全移転します。

二つ目のブログを立ち上げて三ヶ月半ほどたちました。

こちらを阪神タイガースブログ、もう一つの方を主にランニングと料理、姫のことを書くブログにしていたんですが、やっぱり二つはしんどい。というか一つでも最近書けてない......

ということで、こちらのブログを2007年の大晦日で閉めて、もう一つのほうへ完全移転することにしました。

あちらのブログでは、シーズンに入ったら阪神ブログ専門になっていたこちらのブログでの経験を反省し、それなりに内容にバランスをとって書いていこうと思います。

これまでこちらに来ていただいていた皆様、ありがとうございました。最近はほんまに書く頻度が激減していましたが、それでも見に来ていただく方々がたくさんいて申し訳なく思っていました。これからはあちらのブログの方でお目にかかれたらと思います。

もうご存知の方も多いと思いますが、完全移転先のブログは

ぜうピ!!.ver 2

になりますので、今後ともよろしくお願いします。

なお、こちらのブログは今までの記事それぞれに愛着がありますのでオープンしたまま置いておきます。

では、今後ともよろしくお願いします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『ぜうピ!!.ver 2』立ち上げました。

やっぱりこちらのブログを見に来てくれる人はタイガースファンが中心のようですので、この度、2つめを立ち上げる事にしました。それに伴い、こちらのブログタイトルを『ぜうピ!! original』とし、もう一つのほうを『ぜうピ!!.ver 2』にしました。
originalでは阪神タイガースネタ中心に、シーズオフもがんばっていきます(大丈夫かな)。
.ver 2の方では、こちらでも書いていましたが、日々の出来事とか、趣味のマラソンや料理、姫の話やアンソニーの事なんかで頑張ってみます。最近ただでさえ忙しいのに、2つもブログをやっていけるかどうか、甚だ不安ですが、.ver 2の方も見に来てやって下さい
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

からくり人形完成。

こちらも学研の大人の科学から。
製品版でいくつか出てますが、今回のは雑誌の付録。

付録といってもちゃんと茶碗をのせたら動き出し、お辞儀。
茶碗をとったら静止して、もう一度のせたら旋回して戻っていく。

いわゆるお茶運びからくり人形のミニ版。

出来上がりはこちら。


この着ている着物は紙です。
本体の製作より、こちらの方が手がかかりました。

なかなか可愛いですね。
丸顔で頭の薄い所はうちの姫にそっくりです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

史上最小のひよこちゃんゲット。

チキンラーメンが現在やっている、『史上最大&最小のひよこちゃんぬいぐるみプレゼントキャンペーン』で、史上最小のひよこちゃんが当たりました。



ひよこちゃんの脇を押すと『すぐおいし~、すごくおいし~』の歌が流れます。
姫のいい遊び友達です。

しかも、頭の毛の薄いとこなんか姫そっくり。
たまに姫のこと『ひよこちゃん』と呼んでます。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

真空エンジン金ピカバージョン完成。

意外に早く真空エンジンの製作に取りかかることができ、完成しました。



後ろに写ってますが、アルコールが燃料。
早速動かそうとしたのですが、うまくエンジンが動かない。
色々調整も試みてるのですが、いまだ成功してません。

しばらくこいつとの格闘が続きそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大人の科学『真空エンジン』

予約購入していた大人の科学製品版の『真空エンジン』が今日届きました。


こちら限定版です。
なにが限定かと言うと金ピカバージョンなんです、こんな感じで。


こちらがエンジンのシリンダーとピストン。


ちなみに通常版の出来上がりはこんな感じのようです。


金ピカバージョンの完成品は次回実物で。

さて製作にかかれるのはいつになることやら......
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

油断もスキも無いやつ

我が家の居間は和室なので、折りたたみの座椅子(ニトリで買った格安のやつ)を、食事の時や、ブログ書いてる時も使ってます。

で、ちょっと離れるとアンソニーがあっという間に占拠しやがります。


でも、すぐ『どけっ』ってやられるので、この写真を撮られた時もちょっとビクついてます。

かわいいっ
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

僕は、殺す...

物々しいタイトルですが、たまには本のレビューでも書いてみようかな~、ということで最近読んだ本のタイトルです。

 

文春文庫から4月に出た本で、ハリウッドで映画化が決まってるそうです。

なんでこの本読んでみようかと思ったかと言うと、作家がイタリア人。
今までミステリーと言えばアメリカかイギリスの物ばっかりだったので珍しさと、

『もともと私はミステリー小説のファンだった。ところがページを繰るのがもどかしいほど夢中になれる作品が、どんどん減っていると感じていた。だったら自分で書いてしまえばいい。そう思ったのが『僕は、殺す』が生まれたきっかけだった。』

という作者の自信。

じゃ、読んでやろうやない。


舞台は世界でも治安がいい事で有名なモナコ公国のモンテカルロ。
そこで有名、著名人ばかりが犠牲になる猟奇連続殺人事件が起こる。
犯人からは人気ラジオ番組に殺人予告の電話がかかり、その度にヒントとなる音楽が電話の向こうで.....
翻弄される警察と、あざ笑うかのように起こる殺人事件。
わずかな手がかりからついに犯人に迫る警視正。しかし.....
次第に明らかになっていく犯人像。
冷酷な殺人の裏に隠された犯人のその訳とは......


本国イタリアで350万部を売り上げただけのことはあり、一気に読んでしまいました。
『次は、次は』と止まらない。主に通勤時に読んでたんですが、電車に乗ってる時間はわずか10分。朝読むと気になって、早く帰りたくなってました。

とは言うものの、確かに犯人もただの冷酷非道なだけでなく、その裏に隠されていた『愛』もあり味はあるんですが、後味に残ってくる物が私には少なかったように思います。主人公の気持ちの変わり方にもなんだか無理を感じたりしましたし.....

でもミステリー好きなら一度読んでみる価値はあると思います。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

歯が命

獣医さんに以前から『アンソニーちゃん歯石がたまってるので除去した方がいいですよ。歯周病になってからだと遅いですから。』と言われていたのですが、全身麻酔をかけて施術するので、ちょっとためらってました。

が、やっぱり健康に長生きしてもらわないといけないので、思い切ってお願いしました。

で歯石除去前はこんな感じ。


歯の根元の方はかなり黄ばんでいます。見えにくいですが歯石もしっかりついてます。

歯石除去後はこんなに白くなりました。


なんだかアンソニーもすっきりした感じに見えました。
よかった、よかった。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

酒を飲みながら書く記事ではないけど......

嫁が『この記事読んで』と、こんな耳の痛い話持ってきました。

<休肝日>多ければ死亡率低下 厚労省研究班
4月6日20時33分配信 毎日新聞
酒量の多い人では、酒を飲まない「休肝日」の多い人の方が、休肝日の少ない人よりも死亡率が低くなることが、厚生労働省研究班(担当研究者=丸亀知美・国立がんセンターがん対策情報センターがん情報・統計部研究員)の調査で明らかになった。米国の専門誌に発表した。
研究班は、1990~93年に岩手、長野、高知、長崎、沖縄など8県9地点に住む男性約4万2000人を対象に飲酒や生活習慣に関するアンケートを実施し、03年まで追跡した。
飲酒の習慣がある約3万2000人のうち、「週1~4日飲酒する」と回答した「休肝日あり」グループは約4割、「週5~7日飲酒する」と回答した「休肝日なし」グループは約6割だった。
追跡調査期間中に死亡した約3900人について、飲酒の頻度や飲酒量を調べたところ、1週間あたりのエタノール摂取量が300グラム(毎日日本酒2~3合)以上になると、同じエタノール摂取量でも休肝日なしのグループの方が、休肝日ありのグループより死亡率が大幅に上がった。年齢や喫煙習慣、肥満度など死亡に関連する他の要素の影響を考慮しても、エタノール摂取量が300~449グラムの場合、「休肝日なし」グループの死亡率は「あり」グループの1.5倍、450グラム以上では1.8倍になった。
丸亀研究員は「死者の4割はがんだった。休肝日がないと、酒の代謝後にできる発がん性を持つとされる物質が常に体内に存在し、がんの危険性が高まるのかもしれない」と話している。


私は嫁に言いました。
『人間の死亡率は100%や。飲んでも、飲まんでも、人間いつかは死ぬんや。』

これ、おかしいですよね。休肝日作ってる人は死亡率低下する? 死なへんの?
それを言うなら『休肝日を作ってる人より早く死亡するリスクが高い』やと思うんですけど。

大丈夫? 厚生労働省さん?
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

そら謝らなあかんで......

最近のNHKの朝の連ドラの中ではなかなか秀作だったと思っている『芋たこなんきん』。
先週で終わってしまいました。

これは作家、田辺聖子さんの半生をベースにドラマにしたものですが、藤山直美さんと國村隼さんが好演でした。

で、最終回には田辺聖子さんも最後にちょこっと出ていたのですが、嫁が息子に『このおばちゃんが花岡町子のもとになってる人やで』『へ~』

今日の新聞に田辺聖子さんの写真が出てたので、また嫁が『ほら、このおばちゃんやで』

と息子『えっ? おばちゃんてガキ使に出てくるおばちゃんと思ってた......』

どうも息子には『おばちゃん』という言葉が、自動的にガキ使に出てくる『おばちゃん3号』の三城晃子さんにつながったらしい......まあ似てると言えば......
しっかり人の話を聞け!

どうもすいませんでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンソニーに新アイテム

またすっかり『放置プレイ』状態におちいるとこでした、もうすぐ開幕なのに

今日会社の友人に、うちのアンちゃんにと、おやつをもらいました。



さてなんでしょう?

知ってる人は見たらわかるんでしょうけど、私には『?』でした。
なんと牛の蹄とのこと。しかも香ばしいスモークの香りが。

犬種にもよるらしいですけど、1ヶ月ぐらいは持つらしく、そう簡単に完食できるものではないらしい。
アンソニーの最近は、姫のせいでケージの中に入れられてることが多くて、ストレスたまってるやろうから、いいストレス解消おやつになってくれればいいなと期待してます。

どれぐらいで完食するのか楽しみです。



追記:

がっつり食ってます。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

とうとう後1週間.......

今年は前厄、そう、数えで41歳、つまり40歳になる年。
40なんてまだまだなんて思ってましたが、とうとうあと残すところ1週間で私も40代に突入です。

40歳と言えば、『不惑』。
これは言わずと知れた孔子の『論語』にある『四十而不惑』からきているわけですな。

『四十にして惑わず』

四十になれば、心が迷うことがなく、自分の生き方に確信を持つようになるということ。
素晴らしいぢゃないですか。

でほんとの自分はと言うと........惑ってばっかりです。
そんなね、たかだか40程度で、自分の生き方に確信が持てる訳ありませんよ。
というより、きっと死ぬ直前までいろんなこと迷ってるでしょうな、どんな死に方するにしても。

私はそれでいいと思っていますし、いつでも何歳になっても、アンテナ張って、いろんな新しいことを吸収して、挑戦していきたいもんです。そんな中で、『惑って』生きていくことになるんでしょう。

私の場合『四十にしてやっぱり惑い続ける』でいいです。

しかし40か~、やっぱきついな~、この響き.......
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

なんだか気持ちいい

今日はここ最近無かったことですが、なんだか気持ちのいい終わり方をした一日でした。

一つ良かったのは先日の健康診断の結果が返ってきて、昨年、血中中性脂肪の値が上限の約5倍の700以上あったのが、今回範囲内の131。
どうもその時の体調や、その時の食事内容でかなり左右されるんでしょうな。
まあ、ここ数年、つねに200以上でしたから、ひと安心です。
子供も産まれたことですし、長生きしないといけませんから。

さてその他は特にこれと言って何も無いんですが、なんだか仕事でいろんなことがいい感じだったようです。
最近ずっともやもやしてましたから。
何が良かったのかわからんけど、とにかく気分がいい。
そんな日でした。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

やっぱり......ようやくこうなったか

「あるある大事典」の納豆ダイエットで捏造 関西テレビ(朝日新聞) - goo ニュース

このニュースを見て、やはりと思われた方も多いんじゃないかと思います。
10年ぐらい前にこの番組が始まった時は、なかなか面白い情報番組が始まったと、よく見ていたんですが、回を重ねていくと、その内容に疑問を持つ様になったものです。

理系なので、どうしても研究内容や、実験内容により興味を持つんですが、『そんな実験でその結論は無理があるやろ』とか『そのデータ数では少ないやろ』とか、そう言った事が多く、始まってしばらくして見る事を止めました。

それでもテーマによってたまに見たりしていましたが、その度にがっかりする事ばかりで、これを見ている視聴者の皆さんが信用して、社会現象にまでなるのを心苦しく見ていたもんでした。

今回の納豆の回は見ていないんですが、その番組の影響で納豆が品薄状態。
普段納豆を食べている私も困っていたとともに、内心、『ひょっとしてまた?』なんて疑ってました。

そして、このニュース。やっぱりな、というのが素直な感想です。
というか、想像以上にひどかったですね。データ不足、根拠不足どころか『捏造』だったんですから。

これからこの番組がどうなっていくのかはわかりませんが、少なくとも嘘、あるいは拡大解釈された内容が改善される事でしょう。
そうなってしまうと、これまでのギャップが大きくなり、またテレビ局での制作の限界もあるでしょうから、番組として成り立つかどうかは甚だ疑問ですが。

しかし、今回の件でふりまわされた視聴者の方、納豆業者の方は大変ですね。
特に納豆。これで売り上げが落ちるのは必至ですが、以前の水準以下になってしまったりしないかと、心配になります。
少なくとも私はまたこれで、以前の様に普通に買えますけど。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )
« 前ページ