キトラ古墳『玄武』

現在、奈良の飛鳥資料館で特別公開されているキトラ古墳石室の壁画『玄武』。
去年の『白虎』を見逃している私はどうしても見たくて今日行ってきました。


(図録表紙より)

以前はいつも家族3人で行動していたので、たった一つの『白虎』を見るために奈良まで家族がついてきてくれるとも思わず、かと言って私一人で行くわけにもいかず......

が、今年は姫が産まれたこともあり、逆に『ちょっと行ってくるわ』が許される環境になったわけで、単独行動を決行です。

すでに新聞等の報道で連日盛況、2時間以上の待ち状態になると聞いていたので、開館前に到着すべく、朝5時に起きて、アンソニーの散歩をすまし、6時過ぎのJRに乗って近鉄電車を乗り継ぎ、およそ2時間半かけてようやく飛鳥資料館へ。

到着は8時20分頃。すでに70~80人程度の列が。
予想よりは少なくひと安心。

今回見に行くにあたり、少し心配だったのが『玄武』の実物を見た時に自分自身がどういう気持ちになるのか。
『ふ~ん』程度の気持ちだと、なんだかがっかりですけど、でもそうなるかもしれへんし......

さて、そんなちょっと不安な気持ちを胸に資料館へ。

だんだんと『玄武』が近づいてきて、少し見えそうになった時に『いや、今見たらあかん。対面までとっておこう。』なんて感じで我慢。

そして対面の時。
実物を目の前にして何故か自然に目頭が熱くなりました。

思えばキトラ古墳の石室の壁画が報道された時に『すごいな~、実物見たいけど、考古学者やないと無理なんやろな~』と諦めていた頃を思い出しました。

それが今、実物が目の前にいる......感動しました。

石室の保存が悪いから壁画をはがす羽目になっただのといった批判もありましたが、でも何らかの形で石室のまま保存されていたら、人が入ると間違いなく痛む環境、我々一般人が実物を見る機会なんて皆無。
そう思えば、そのままの姿で残す事は出来ませんでしたが、こういった形で私たちが実物に対面出来る......素晴らしい事だと感じました。

今後、『朱雀』、『青龍』も公開される機会があると思います。その時は必ず足を運ぼうと思いました。
出来れば世界最古と言われる『天文図』も見たいですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

ちょっと小休止

今日から中国の方に出張で、しばらく留守にします。

今週はナゴドでのドラ戦がありますが、見れません。
案外イライラしなくていいかもしれません。
帰ってきたら、ヘタするとベッタになってる可能性もあるわけで......

ネットが見れる環境にあるとは思いますが、多分記事をアップする時間はないと思われますので、また後ほど。
金曜日の夜に帰国予定です。

では......
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ディズニーランド&シーのお土産

ディズニーランドに行って、もちろん乗り物に乗ったり、パレード見たリがメインですが、お土産を買うのも楽しみの一つ。特に自分たちへのお土産が。

うちの家族の好きなキャラは、アラジンのジーニーとプーさん、ティガー。

今回買ってきたお土産達。

ジーニーのクッションは、

だったり、


になったり、


こんなのにもなります。

さすがジーニーです。
息子は緑の三角がお気に入りの様子。

プーさんとティガーはこんなミニカーを見つけたので迷わず買いました。

プーさんのミキサー車
 

ティガーのスポーツカー
 

まだお腹にいる赤ちゃんにもお土産。


あ~、楽しかった
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

出張報告

私がいなくなって、我が阪神タイガースは中日戦の2勝を含み、引き分けをはさんで3連勝。
ずっと行っとけという声が聞こえそうですが、帰ってきました。

さて、今回の出張報告を早速。
と言っても食事ですが。

出発は日曜日の昼で、現地には同日の夕方着。
車の移動が約3時間あったので、途中で止まって軽食を。
これは珍しくまずかった.......

2日目は昼に会社の食堂でSteak Hache、いわゆるハンバーグを。
さすがフランス、中は赤い。
『血好き』の私としてはうれしい限りです。

ところがこれがいけなかったのか、夕方頃から胃がむかむか。
結局夕食はパス。せっかくフレンチを食いにきたのに......
あ、断っておきますが仕事はちゃんとしてます。

で、3日目。この日は仕事で集まったみんなで夕食。
向こうの人が予約してくれたのは、ここへ出張に来た時にはよく行くレストラン。

他の人たちがワインや、Kirなんかを注文する中、日本人はビール。


でも、やっぱり仕事のあとはビールで乾杯ですな。
突き出しにはカレー風味のシーフードのムース。


みんな食べるの早いからすぐに減ってしまった......

ワインはみんなの意向で、白と赤両方を地元のワイン、Chinonで。


さて、注文しようとメニューを見て、まっすぐ目に飛び込んできたのは.......
Foie Gras!!

これを食わずして何を食う!!
という事で、前菜にフォアグラ、メインにステーキ、締めはデザートの代わりにチーズ。

どうだ、と言わんばかりのフォアグラ。


た、た、たまりませんな。

メインのステーキは、


もちろん焼き方はsaignant=レア。


まさに『血湧き肉踊る』ひと時です。

締めのチーズはヤギ。


これがまた、全然臭くなく、まったりでもさっぱりで美味。

大満足の3日目の夜でした。

最後の夜は、Brasserieで。目的はムール貝。
知っている限りこの街で唯一ムール貝の料理を出してくれるんですが、3月と4月に行った時は季節外れという事で食べれず。

今日は食えるだろうかと、自然に店に向かう足が速くなっていく。そして......



やった~!! 今日はあるで~!!

と、気分が落ち着いたので、私の好きなビールを注文。


今日は皆さん、赤がいいという事で、ワインはChinonの赤のみ注文。


前菜には牛肉のカルパッチョを。
あまりにうまそうだったので、そしてうまかったので、食べ終わってから写真を取り忘れた事に気づく.......


そして、ムール貝。私はブルーチーズのソースを注文。
外で食べていたのですが、この頃になると暗くて撮影にはちょっと無理が......


真っ黒ですが、期待通りうまかった。

という事で、4日目も満足な夜を送り、翌日は朝から帰国の途へ。
今朝、日本につき、一日仕事をして帰宅したのでした。

以上、取り急ぎ、長~い報告でした。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

今日はキャンプに行ってきます。

今日は、息子が行ってる学童保育のイベントで、六甲山にキャンプに行ってきます。
野球が見れないので、皆さん応援よろしくお願いします。
私の携帯、山間部は弱いので、多分試合経過チェックできないでしょう。

ところで、今日は神戸の花火。
山の上から花火が見れるかなと、楽しみにしています。

一応、デジカメと三脚持参で登ってきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogランキングに参加中です。

よかったらクリックお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

新世界へ

今日はいつもの仲良し4家族で、新世界へ行ってきました。
といってもみんなが集まるのはずいぶん久しぶりなんですが。

実は私は大阪出身で、新世界のある浪速区の隣の西成区で生まれ育ちました。
近くにいたのですが、子供の頃は新世界は大人の街の印象が強く、アベノや日本橋へはよく行きましたが、新世界へ足をのばすことはほとんどありませんでした。

さて、今日は5連休の初日。予想以上の人出でした。
新世界なんですから、子供連れなんですから通天閣にのぼらんと.....


このように外まで長蛇の列。こんなの見たの初めて。今日は通天閣断念(すまん、子供達よ)。
で、仕方なくフェスティバルゲートへ。


こちらは閑散としています。
デルビス・ザ・コースターという唯一の(すんません)目玉に乗りました。
ジェットコースターとしては建物の中を走るので、なかなかのものでしたが、やはり立地の問題からか、残念です。

さて、まだ夕方前、夕食には早いと、スマートボールに行ってきました。


が、こちらも満員。雰囲気だけで出てきました。

『じゃ、もう串かつ行って呑んだくれるか~』
ということで、人数の多さと子供連れを考慮し、広い座敷で座れるづぼらやさん


の姉妹店の亜細庵へ行きました。
アジア料理(主に韓国料理)もやってるんですが、やはり串かつオンリーでいってみました。


串かつは、牛肉を衣つけてあげたもの↑をさすので、正しくは串あげというべきなんでしょうが、子供の頃から串のついたフライもんは全部串かつなので。

定番、二度付け禁止。


だから最初にたっぷりつけましょう。

一気にビールとともに食べたので、急激に満腹。
特に苦労したのはこれ↓。


玉子。鶏卵です。この他にうずらの玉子の串も食べてたので、さすがにこの大きさはきつくなってきました。

で、その他の串も含む残った8本を賭けて、大人8人がジャイケンやら、古今東西やらで負けたもん食い(お店の皆さん、すいません)。
子供以上に遊んでました。

腹もいっぱいになったので、通天閣商店街を抜けて日本橋からなんばへ。
そこから地下鉄に乗って帰宅の途についたのでした。

ちなみにこちら、昨年一緒に福知山マラソンを走ったお父さん。
商店街で買ったTシャツを早速着こなしてました。


しかし阪神ファンのくせに竜とは。
だから今日......

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォアグラ フォー!!

帰国後すぐに書く出張中の話題と言えばこれしかありません。
La Posteでのプチ・ゴージャスディナーです。

こちらのレストランへは、昨年の2月に出張した時に、教えてもらって行ったお店。
前回は男3人のむさ苦しいディナーでしたが、今回は一緒に出張した女性2人と。
これだけでも雰囲気変わりますな。

では、まずつきだし(って言うの?)と食前酒。


ふんわり&サクッとしたシューとか、トリュフ入りしっとりパウンドケーキ。
でもって、つきだしなのに、フォアグラのパテ。
いきなりがつんと来ます。

私が頼んだ前菜は『Foie Gras de Vanard en Terrine et un Millefeuille de Betteraves au Cacao sur une Compote de Figues』、要は『フォアグラのテリーヌ』です。


あんまり多いとどっしりくるんですが、適度な量。
上部に見える黄色いのは『脂肪』。
高脂血症気味の私には『死亡』という文字に変わりそうですが、食べないわけにはいかん。


付け合わせのチョコ味のチップに『死亡』とともにのせ、これも付け合わせのイチジクのジャムと一緒に食べましょう。
うっま”ーい!!

もちろんがっつり、


完食!!

そうそう、今日頼んだワインは、地元ロワールのChinon。1998年ものです。


赤ワインということで、大きなグラスにいれて頂きました。


もちろんメインはこれしかありません。
『Filet de Beuf Francais sur une Galette aux Cepes et Foie Gras Poele, la sauce au Chinon』、簡単に言うと、というかわかっているのは『フィレ肉のフォアグラソテーのせ』ということ。


焼き加減はいつも『saignant』(わずかに知ってるフランス語の一つ)、つまりレア


み、み、見事なレア!期待度は最高潮!!
フォアグラちゃんをしっかりのせて、


うっま”ーい!!
うますぎる。フォアグラの『脂肪』で、このまま『死亡』してもいいぐらい。

顔はへらへら笑いっ放し、まるで変質者のように.....向かいの女性陣には見せられませんな、こんな顔。

文句無しに、


完食!!

まあ、さすがにしっとり残っているあぶらちゃんまでパンで掃除はしませんでしたけどね。

これだけあぶらもん食べるとお腹いっぱい。
それでも、デザートにと出されたのはこんなの。


女性陣に任せましたけどね。

『Cafeはいかが?』なんていって持ってきてくれたメニュー。


普通に行くレストランでは、『Cafe』と言えば普通に『Cafe』。豆まで選べません。
で、私はCosta Ricaをチョイス。


お砂糖とCafe用のお菓子。


いやー大満足でした。
お店の外はこんな感じ。
 

ここのレストランはBloisの街から約15分ほどで来れるんですが、街を出てから約6~7分は外灯もない森の中。
帰りは真っ暗な道を車のヘッドライトのみで走行。
スリルのあるドライブでした。

La Posteのホームページはこちら。もちろん全部フランス語で意味はほとんどわかりませんが。

今回の出張はここに来れただけで大成功(って仕事はっ!)。

前回の家族旅行で、ここに来なかったのは嫁さんがキモ系が苦手だから。
別に私だけ独り占めしようとしたわけではないことを弁明して終わります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランス旅行ー8日目......最終日

いよいよこのフランス旅行記も最終日を迎えました。

朝はホテルで朝食をとり、早々とチェックアウト。
車は、昼食の店に近いヴァンドーム広場の地下駐車場に停め、


歩けると思っていたピカソ美術館へ......って、めっちゃ遠かった。
 

前回私が一人で行った時は、Porte Maillotからメトロに乗っていったので、それよりはずいぶん近い印象があったのに......

しかも、『ピカソ美術館は小さいで』と言ってたのが、じつは前回気づかなかった部屋がいっぱいあり、結局、約3時間程度歩きっぱなしの状態と同じになりました。

もう少し疲れずに行けてればもっとゆっくり、じっくり見れたのにまた宿題が出来ました。

これは美術館に行く途中にみつけたなんかのCMで使われてたやつ。
(多分携帯電話かなんかで、息子は『ぷっちょ、ぷっちょ』と連呼してました。)


ピカソ美術館の帰りには、変なオッサンも見つけました。


さて、St-Honore通りにはメトロで戻り、ちょっくら買い物して、最後の目玉のお店へ昼食に。
なんで店の外観を撮っていなかったのか...... 店内からの様子。


ここはイートインのある魚屋、主にカキやムール貝などの貝類や、エビ、カニなんかも売ってます。
以前はイートインのスペースはすごく小さかったのに、今はすっかり席数も増えて(写真のところは新スペース)、人気の高さがうかがえます。

で、カキ(嫁が注文)。


向かって左半分が『エメロウド』と呼ばれる絶品カキ。


名の由来がわかります。

で、以前にフランスでカキにあたってから、今回もほとんど食べれなかった私と、生ガキの苦手な息子は、こんなのと、


こんなの(結局貝やん)。


エメロウドものってます。

こわごわ食べましたが、うまかった。
明日飛行機なら思い切って食べたのに......

息子が『あれ食べたい』で注文したのは、


ワサビしょう油でいただくホタテの刺身は絶品!
特に肝の部分はもう最高!!!
うっま”ーい!!

ちなみにこのお店、BGMはカモメの鳴き声。
頭の上にもカモメが飛んでます。


楽しい食事もあっという間におしまい。
ワインまで飲み込んだ体で空港までレッツドライブ!! (ご機嫌さんですな。)

お~シャンゼリゼ~(酔ってますな)


お~シャンゼリゼ~(まだ酔ってますな)


まあ、無事に空港に着き(直前にはきちんと給油まで)、


車は、これまでの激戦を物語るかのように汚れており、


チェックイン後は空港ラウンジで休憩。


そのまま帰国の途についたのでした。

ということで、今回のフランス旅行記はこれでおしまい。8日目の走行距離は、パリから空港までだったので38km。これで今回、計1684km。普段年間5~6000kmしか走らない自分としてはこの短期間でよく走りましたな。

次はのんびり旅行に行きたいですな(って、もう次の話かい!!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランス旅行ー7日目

さて、7日目の今日は、今回の旅行の最後の夜を過ごすパリへ移動。

10時頃にLe Clos Postelを出発。

途中、よくシステムのわからんレストランで3人ともSteak Hacheを注文。
売店でパリの地図も購入してあらためていざ出陣。
やっぱり今まで田舎道や高速ばっかりだったので、パリの市街地を走るのは何回行っても緊張します。

昼食後はとりあえず高速一本。
で、見えてきました、目標のPorte Maillotの向こうに小さく凱旋門。


ここまでくると、緊張も最高潮。


まず最初の問題は、凱旋門を回って、目的の道に入れるか。
凱旋門の周りは車線的には多分5車線ぐらいあると思うんですが、車線をくぎる線もないし、みんな思い思いの所から入ってきて、目的の所から出て行く。
360度全部見ていないと事故りそうです。

でもなんとか、一発で目的の道へ脱出。凱旋門を後にしました。


あとはホテルを探すだけ。
なんとか思い通りの道に入ったがホテルが見つからず。

結局もう一回入っても見つからなかったので、違うホテルに入って聞くと『反対側の道に入りなさい』とのこと。
う~ん、インターネットで手に入れたホテル所在地の地図が悪かった。

まあ、無事にホテルにたどり着き、一息......つこうと思ったら、なんちゅう部屋や!!
一晩寝るだけとはいえ、せまっ!

パリで3人100ユーロほどで泊まろうと思うとやっぱこの程度になってしまうんやな。

気を取り直し、Galeries Lafayetteへ。
いわゆるデパートですので、あまり買う物もなく、食料品のフロアで色々楽しんで、少しお土産を購入して、夕方になったので、息子が楽しみにしている『Leon de Bruxelles』へ。

前回来た時に何回も行ったので知っていたはずの店が見つからない......

結局40分ぐらいウロウロ歩き回って、『見つけた!』


店に入ってまずビールを注文。


私はHeugeuvilleの1日目のレストランで飲んだビールが気に入ったのでこれ。
嫁さんは違うのを注文しました。


二人とも歩き回って喉が渇いていたので、『うっま”ーい!!』。

テーブルにはムール貝の紹介、が、フランス語ですのでさっぱり。


わかったのは、フランスのムール貝のとれる時期は6月から11月。それ以外の季節は、イギリスかオランダから輸入のようです。

ワインも注文。やっぱりMuscadet。


そしてムール貝ちゃん。(ちょっと写真が暗いですな)


ここのはいつ来ても、肉厚でプリプリ。息子も大喜びでした。

明日は、パリで絶対行きたい店に昼食に行きます。
私はあまり食べれないかもしれませんが......

7日目の走行距離385km(計1646km)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランス旅行ー6日目

さて、6日目。
朝食は8時半でお願いしていたので、朝はゆっくり。
7時半ぐらいからゆっくり目覚めていると、階下から『パチパチ』。


ダイニングの暖炉に火をいれている音でした。
朝食はこんな感じです。


ここまで登場していませんが奥さんのLydieさんお手製のフルーツジャム(真ん中に並んでいる小瓶たち)、グレープフルーツやプラム、キウイ、木いちごやリンゴにショウガの入ったものまで、バラエティにとんだもの。
近くのパン屋さんのパンや、これもお手製のバニラケーキとキャロットケーキ。
100%フレッシュリンゴジュースに地元のチーズ。そしてコーヒーと紅茶。
完璧な朝食、そしてうっま”ーい!!!

これが期待していたフランスの朝食です。
本当に楽しみました。

息子は多分日本では経験できないかもしれない『ふいご』をさせてもらいました。


この音でした、ベッドで聞いていた『パチパチ』という音は。

で、今日のお出かけはRebertさんのおすすめコース。
地図と昼食のお店も用意してくれていました(レストランの予約も)。


至れり尽くせりです。

ということで、ノルマンディの北、Hague半島の方へ海を見に行ってきました。

まずは途中のCarteretという街の、Ormesホテルのレストランで昼食。もちろんRobertさんのおすすめ。

明るい店内。


前菜はそら豆(多分)のスープ。


とっても優しい味。

車なのにワインを頼んじゃいました(ハーフボトルですが)。
Chinon(これもロワールワイン)のロゼ。


付け合わせのパンも美味。


メインディッシュは甘鯛のソテー、バター味のリゾット添え。


うっま”ーい!! 完食!!!


これは今回の旅行で食べた数々の料理の中で一番をつけたい一品でした。
甘鯛のほんのりした優しい甘みと、ソース、バター味のリゾットとの絶妙のバランス。
ワインとも相性抜群。
これこそフレンチの王道と言えるのではないでしょうか(大袈裟?)。

そしてデザートもしっかりいただきました。


おいしい昼食でお腹も心もすっかり満足して、いざHague半島に向けて再出発。

だんだん細くなる道に不安を覚えながらも『見えた、海や!』


草を食む羊たち。


そしてHague半島の先には灯台が。


絶景、絶景。


と、ここまでは海沿いの道を走り景色を楽しんでいたんですが、突然の霧で視界が......


写真ではそうでもないですが、ひどいときは5mほど先しか見えませんでした。
約15分の霧との戦い。
その間嫁は『あかん、怖い、見えへん、大丈夫?』をずっと連発してました。

そうこうしながら無事夕方には、民宿へ戻ってきました。

この日の夕食は実は今回の旅行のもう一つの目玉で、日本から民宿を予約した時に、Robertさんにお願いして予約してもらっていた『Le Mascaret』。
『世界ウルルン滞在記』で鶴見辰吾氏が滞在したレストランで、あの天下のミシュランで星はとってませんが、おすすめレストランのスプーン印を2つもらってます。
これは、期待大です。

ところが、期待していたのと違い、私たちには難しい味でした。
いわゆる新フレンチという感じで、オーソドックスなフレンチとは一線を画しているように思いました。
簡単に言うとスパイシー。
Robertさんも感想を伝えたら、『そうですね。あそこはスパイシーですね。』と言ってました。
こんなことならRobertさんがすすめてくれていた10キロほど離れたシーフードのおいしいレストラン(前日は休みで、違うレストランをすすめてくれた)のほうにいけば良かったのかも。
昨日も夜も今日の昼も大満足で食事できましたから。

とりあえず、本やテレビで紹介されたからと言っても必ずしもそれぞれの口に合うかどうかはまた別問題。
たまには今回のようなこともあるという教訓ですな。

しかしこうなると行けなかったレストランがごっつ気になる。宿題が出来てしまった......

こうして6日目も終わり。
いよいよ明日はパリへ移動して今回の旅行最後の夜。
息子は既に夜のレストランは『Leon de Bruxelles』に決めているらしい。
ということで、最後の夜はムール貝です。

その前に長距離移動がんばらな。

6日目の走行距離254km(計1261km)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランス旅行ー5日目後半

さて、5日目後半です。

たっぷりMont St-Michelを満喫した後は、今度こそ次の滞在地へ。


向かって右端がオーナーのRobertさん。オペラ座の側のグランドホテルで35年も勤めていた、いわばホテル業のベテランです。
こぢんまりしたフランスの『民宿』。いい感じの外観です。では、中へ。


きれいなベッドに、アンティークなクローゼット。
 

明るい洗面に


落ち着いた照明。


かわいい鏡台とお茶セット。


部屋の窓から入り口側。


2部屋あるんですが、部屋と部屋をつなぐドアが小さく、多分『頭ぶつけないように注意!』。


部屋の裏側、川の方はというと、


今日は、出歩くのはやめにして、夕食のおすすめを教えてもらいました。

Robertさん自らの誘導で向かったレストラン。


まずはビール。


つきだし(?)。香ばしいスナックって感じ。


また白ワイン。Muscadetなんですが暗くて写ってない......他のお客さんの迷惑にならないようにフラッシュを使わなかったので......


息子のメインは羊。(これも暗い......)


後はしゃぶるだけまで、ほぼ完食。


私はホタテ(これも暗いですな)。


うっま”ーい! 完食!


家族3人でこの値段。


これを高いと見るか安いと見るかはそれぞれでしょうが、味と、とっても温かなサービスを考えると、非常にリーズナブルな料金だと思いました。

民宿のRobertさんもとても物腰が柔らかく、優しくて、こちらのレストランの人も同様優しい。
息子に言わせると『この村は優しい人が集まってていいな』だそうです。

ところで、大事なことを言い忘れてました。
Robertさん、日本語が出来るんです、とっても上手な。
だからよけいに息子にも『優しさ』や『温かさ』が伝わったのだと思います。

明日はどこへ行こうかな? Robertさん、なんかおすすめがあるって言ってたけど......

なんて考えながら今日はシャワーを浴びてお休みです。

お風呂のシャワー、いい感じですな。


5日目の走行距離155km(計1007km)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランス旅行ー5日目前半

5日目はノルマンディのHeugeuvilleにある、Le Clos Postelといういわゆる民宿、Chambres d'hoteへ移動ですが、まずは腹ごしらえ。
昨日、朝早過ぎて買えなかったパンを旧市街まで買い出しにいきました。
こちらがお店。


パンは紙袋に入れてもらって、


おいしく頂きましょう。


自称『クロワッサンのわかる男』としても、嫁の意見と同じく、BloisのMercureで出た朝食のクロワッサンがおいしかったです。もちろんこのお店のクロワッサンも十分おいしかったですが。

で、腹ごしらえもすんで次の宿を目指して......の前に、やっぱりMont St-Michelの修道院が見たかったので、もう一度。
今日は駐車場で『「Abbaye」開いてる?』『開いてるよ』の確認もすんで、いざ。

うん、開いてる。


まずはMont St-Michelの出来ていく様を模型で作ってあったものを。








ここからは選りすぐり写真を。




















Mont St-Michelをしっかり楽しんだので、次の滞在地へ移動ですが、今回はここまで。
5日目後半に続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランス旅行ー4日目

今日は世界遺産Mont St-Michelへのデイトリップです。

前回来た時は地道で行ったので1.5時間ぐらいかかりましたが、今回、高速を使っていけば早いことがわかりました。
約40分で、Saint Maloから着きました。

見えてきました。


近づいてきました(運転しながらの撮影)。


目の前です。


着きました。


駐車場で『今日は「アベイ」が閉まってる』と言われたのですが『「アベイ」って何?』
とりあえず前進あるのみですな。

町並みはこんな感じ。


狭いのでこんなのが運搬等に使われてます。


こんな狭い路地も。


Mont St-Michelの光と陰。
 

で、登って来て「アベイ」って「Abbaye」、つまり修道院とようやくわかりました。
閉まってる......


前回来た時も夕方遅かったので修道院に入れなかったのに、今回も......残念......

仕方なく、もう一つの目的だったオムレツと羊料理をトライ。
 

オムレツは少し塩っぱくて、重かった......
羊は臭みも少なくこちらはおいしかったです。羊嫌いの嫁さんは『臭い......』と言ってましたが。

オムレツはこんな感じで卵を溶いてます。


さて修道院をあきらめて、Saint Maloに戻ったら干潮だったので海岸を歩きました。


この点々は何??


ヤドカリかなんかのう◯ち?


こちらは海岸から見た私たちが泊まっていたホテルMercure。


で、今日も旧市街に出て夕食。
まずはビールAffligem。


うっま"~い!! 運転で疲れた体に効きますな。

普段はスープなんて飲まないけど、気になったので注文してみたオニオングラタンスープ。


うまそ~


うっま"~い!!!


もちろんメインはムール貝。今日はクリーム味。


上からもスープをかけてくれているのはなかなかない。

ここでやっぱり白ワイン。今日もMuscadet。


ムール貝でムール貝を食べるなんて通ですな(息子の図)。


完食!!


スープは付け合わせのポテトにつけて食べましょう。

今日のお店はここ。


私は前日のお店よりより、この日の方が良かったですね。

ということで、この日もおいしく1日が終わりました。
次はいわゆる民宿(Chambres d'hote)へ移動。こちらも楽しみ。

4日目の走行距離130km(計852km)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

フランス旅行ー3日目

3月27日

3日目はロワールのBloisからブルターニュのSaint Maloへ移動です。
まずは給油。


で、高速を使ってSaint Maloへ。

自動車の耐久レースで有名なLe Mansを経由して、


Rennesを目指します。その先にSaint Malo。


周りはなーんも無い。


まずはホテルにチェック・イン。
実はBloisのホテルは、殺風景であんまりいい部屋とは言えなかったのですが、同じMerucureで、こんな感じです。


明るい浴室。


窓からの町並みと海。
 

夕食に旧市街まで出かけたら、海は満潮。激しく波が防波堤に打ち寄せてます。(6時頃です。)
 

旧市街はこぢんまりした感じの街で、なんだかほっとしました。
  

これは公衆トイレ。


文具屋さんで見つけた一品。気に入って白いのを買ってしまいました(8ユーロは安い)。
 

夕食は楽しみにしていたムール貝(特に息子が)でしたが、嫁さんが書くそうです。
とりあえず、地元の皆さんが食べてる様子を。


こちらのお店でいただきました。


ホテルまでの道。これで夜9時です。


では、同じ位置から撮ったSt Maloの海の様子。
夜9時


朝7時(これは4日目に撮ったものですが)


干潮


こんな感じで3日目も終わり。次はMont St-Michelです。

3日目の走行距離367km(計722km)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランス旅行ー2日目

3月26日

この日は、まず高速を使ってBloisの西にあるToursで降り、さらに少し西に行ったところにある、庭園のきれいなVillandry城へ。
高速の所々に名所の看板があります。これはわかりにくいですがVillandry城の看板。


さて、高速を降りていきなり迷い、地図を見ようと路肩に止めたら泥が深くてタイヤがスタック。
10分ほど悪戦苦闘していたところへ、通りかかった車からおじさんが手伝ってくれ無事脱出。
フランス語で色々言ってくれてたのが全く理解できませんでしたが、わずかに知っているフランス語の『Merci beaucoup』を連発しました。

で、本来のルートに戻りようやく到着。
予想より遠かったのと、ハプニングのせいで、予定より遅く到着。
でも、お城の庭をしっかり満喫しました。
 

もちろんお城の中も見学。

こんなところで食事したい。


上品な階段室と照明。


おっさん? 子供?


見学後、地道を使ってAmboise城へ。


まずはずいぶん昼も過ぎていたのでこちらのレストランで昼食。


嫁と私はクレープ、息子はオムレツで軽く(のつもりが思ったより重かった)済ませました。

嫁のハムとチーズの卵のせクレープ


私のキノコとフレッシュクリームのクレープ


息子のハムとチーズのオムレツ


で、Amboise城見学へ。

礼拝堂のステンドグラス。


知らなかったのですが、かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが埋葬されていました。


見学後は以前にも家族で行ったCheverny城へ。

その前にロワール川沿いにたくさんある、洞窟を利用したWine Caveのひとつに立寄り、ワインを購入。


さてCheverny城。ここはベルギーの漫画、『タンタンの冒険』にでてくるハドック船長の屋敷のモデルになったお城。
 

ここでは『タンタンの冒険』の展示もやっていて、


こんなのや、


こんなのが展示されています(以前に行った時と全く変わっていませんでしたが......)。


この日はここで観光はおしまい。

お土産にこんなのを買いました。


夕食は目指していた『牛』屋さんが日曜日のためお休み。
代わりにいったお店も日曜日メニューだったのかしょぼいものしか無く、体調も少し良くなかったこともあって、残念な夕食タイムになりました。

2日目の走行距離117km(計335km)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ