猫とダンナ のんびり生活

主役のMIX2猫と色々雑多なブログ。

【土】家族会議。

2018年01月06日 | りんひめしっぽ。


えっと。
今日は特に私の備忘録を兼ねておりますので
尋常じゃなく文字がめっちゃ多いです。



お忙しいでしょうしひめの画像だけ見て頂いて
大量に湧いてる文字はスルーでOKでございます。





----------------------------------




昨日ひめたろの動画載せましたけども
あの翌日もやっぱンコが出ておりませんで。

翌々日の4日の朝に、あそこまで酷くはないけど
何度もベッドから出たり入ったりして頑張ってました。

結局5~6回頑張ってやっと本体が出た感じ。
それまでは1粒とかをころっと出すみたいな。





これはいけん!!
頑張るのは心臓に負担がかかるし
ストレスも大きいし何とかせねば!

薬に頼るのは簡単だけども
耐性がついてくると言いますし
すでにたくさんの薬があるので
家で出来ることをすべてやって
それでダメなら薬を視野に入れよう。


ということで若干2名の家族会議(`・ω・´)


三人寄れば文殊の知恵と言いますしね。
まぁうちは2人しかいないので文殊ではないでしょうが。



ということでまず考えられる原因。


・高齢による腸の運動率の低下
・高齢による運動の減少
・利尿剤による水分不足
・冬で水分補給率の低下


このくらいかしら…


高齢による~ってあたりはどうにもならんし
運動は原則厳禁なのでちょっとあっちへ置いとく。
病気かもしれないってのもちょっと向こうへ投げとく。






となるとよ。
ひめは普段から軽脱水なとこに持ってきて
利尿剤飲んでてどんどん出ちゃうわけです
いっぱいお水飲んでるけど追いつかないのかな

そして畳み掛けるように季節は冬。
おまけに飲水量少なくて平気な生態。



案!



ビオフェルミ○を砕いてあげる


これは却下。
人間の薬だし量が分からんし
今の薬との相性が全然分からん。



水をちょいちょいデリバリーする


これは即実践。
器を変えたりすると気分が変わるかな。
ということで小鉢に水を入れてお口元へ。
これを1時間半~2時間の間隔でやってみる。
留守中はダメだから私がいる間だけでもね。



catlaxを欲しがらずともあげる


これも即実践。
あれの成分はほぼ油系。
ただし石油系も混じってるので
大量にあげるのはNGで注意が必要。
一応3~4センチを目安に毎日あげることに。



繊維質の多いご飯を検討する


うーん、これは難しいなあ。
療法食だから勝手に変えて変になるのイヤだし。
薬ご飯用のウェットならいいかな。探してみることに。

あ、そうだ。せっかくだし
ウェットにティースプーン3~4杯のお水を入れて
ちょびっとずつでも飲んでもらおうと閃いてみる。



ハウスの中でケットをかけない


これはダンナ案です。
私は使ったことがないので知らないのですが
電気毛布で寝ると人間でも乾燥するんですって?
乾燥するということは水分が抜けてってるってことだから
ケットをかけて乾燥地帯を維持するのはよくないのではと。
ひめは電気毛布じゃなくてアンカだけど仕組みは一緒よね。
ハウスの中はほんわかあったかいからやってみることに。




他に家で出来ることがないか獣医さんに聞く


これは大事。
薬に頼る前に家で出来ることがないか!
ヨーグルト(無糖・無脂肪)あげていいかとか。
どのくらいあげたらおちっこ詰まらずンコが出るか。
後はプロならではの文殊の知恵があるかも!!!






これに加えて1日の水分量を計測してみることに。


成猫の1日あたりの必要水分量は
体重1kgあたりに対して50ml程度らしいので
5kgのひめたろは250mlあたりですかね。
利尿剤のことを考えて・・・300くらい?
もっとかしら?350とか??


試しに4日の20時半から5日の20時半まで
丸1日どのくらいかを調べてみましたところ
蒸発とか色々あるだろうからざっくりですが
だいたい350弱くらいかなあ。


てか便秘って感じでもないんだけどね。
ンコが固くなって出しにくいって感じ。



総括!!


・2時間毎くらいにお水デリバリー
・ウェットご飯の時は水を追加する
・catlaxを毎日適量舐めてもらう
・ケットをかけてひめを包まない
・繊維質の多いウェットを探す
・獣医さんに知恵を借りる


上には書かなかったけど
可能ならお腹マッサージする。



もうコレ以上は思いつかない。


もし最後まで読んでくださった方がいて
経験則からのアドバイスや知恵があれば
どうぞ我が家に授けてくださいませ。



…これって介護?( ̄▽ ̄;)



長文大変失礼致しました!!





Comments (5)