てるてるぼーずのひとりごと

癒しのセラピスト 晴れ女『てるてるぼーず』の日記

5回目の教室は腕のストレッチから@四つ橋教室

2016-08-02 | サロンとカラダ
書くのがどんどん遅れてますが、ご容赦ください
ただ、てるてるぼーずの頭の中から、どんどんこぼれ落ちていってしまう
のが勿体ないです


さて、5回目は6月25日(土)でした
当初、四ツ橋教室を立ち上げた時は、平日でと決めていたのですが、
6月は5月に引き続き、出張が多くて、しょうがなく、土曜日の開催と
相成りました


さて、6月中は、お客様も『正しいカラダの使い方教室』の受講生の
方々とも、前腕の疲れが目立ち、まず、ストレッチをしていただくことが
多かったです


現状認識では、M田さの脚が横に張り出さなくなっていて、むくみも
かなり改善しておられます
立位よりも正座などの姿勢の時に、鳩尾やお臍の辺りで折れて、お腹を
潰してしまわれています


この事は、立っているときの方が、姿勢が崩れにくくなっていることを
目で見せていただけた気がしました
変化を感じることって、大事です


F本さんは、よく縫い物をされているので、腕全体がチカラが入っていて、
なかなかご自身で脱力できなくなっていることが多いです
肩も前に入りやすく、レッスンが始まってから、腰の痛みと同時に、改善の
ポイントになっています


今回は実際に手縫いの動作をエアで見せていただき、改善策を考えました
指や手首など、部分部分にチカラがこもっていて、前のめりの姿勢を
自覚していただいて、手首の角度を考え直すことで、実際に試してもらうことに


腰は、腰が原因でないことも考えながら、仰向けやうつ伏せで呼吸をしながら
検証して、骨盤の動きを意識していただくと、気付いたら痛みは無くなっている
ことが多いです


毎回のレッスンでは、少しずつ施術もしますが、できるだけご本人のカラダを
紐で縛ったりして、中心を感じていただきながら、深呼吸していただいて、
呼吸の通り道を感じていただいたりします
感じていただくことに重点を置いています


このところ、お二人ともにかなり意識改革ができてきているのがハッキリわかり
ます
ですが、てるてるぼーずと一緒で、今は一進一退なので、これからもっともっと
変わっていただけるように、しっかり精進させていただきます


M田さん、F本さん、これからもよろしくお願いいたします
コメント   この記事についてブログを書く
« センタリングタッチの体感は... | トップ | てるてるぼずの施術はエネル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サロンとカラダ」カテゴリの最新記事