照井浩也のアップロード動画紹介

照井浩也がアップロードした動画を紹介します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

亀の寿命はどれくらい?照井浩也

2017-08-23 13:05:23 | 照井浩也

こんにちは、照井浩也です。


みなさん、亀が長生きするのは知っていますよね。


ただ一体どれくらい長生きするかは曖昧なのではないかと思います。


ということで、今日は亀の寿命について調べていきたいと思います!



亀はやっぱり長寿だった…!


動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


 


 


ペットとして人気の、小型の亀の寿命は20〜30年程、一般的なウミガメやリクガメの寿命は平均して30〜50年と言われているようです。


 


カメは長寿の象徴とされる生き物だけあって、長生きすることができます。ペットとして飼育されることが多いクサガメ、ミドリガメ、ミシシッピアカミミガメなどは、飼い方次第では20~30年ど生きるそうです。
身体が小さければ寿命は短く、大きければ長い傾向にあるようです。


 


長寿を更新中


現在、世界中で最も最高齢と言われている亀がいます。イギリス領セントヘレナ島で暮らす、セーシェルセマルゾウガメのジョナサンくん。
彼は1882年に連れてこられて以来、ずーっとこの島で暮らしてきました。その推定年齢183歳! 人間よりも長生きしています。

もともと、セーシェルセマルゾウガメは亀の中でも寿命が長く、平均寿命は150年程と言われています。現在暮らしているイギリスは本来の生息地であるインド洋の島よりも寒いため、このように更に長生き出来ているのでは、と推察されているようです。


 


ギネス記録は188歳


ギネスに認定された最高齢の亀は、1965年に亡くなったホウシャガメのトゥイ・マリラという亀さんです!
トゥイ・マリラは18世紀、ジェームズクックという探検家によって、トンガ王室に献上されたそうです。
亡くなった時にはすでに188歳以上であり、確認できる中で最も長く生きた亀と言われ、ギネスに認定さました。

ちなみに、トゥイ・マリラをも超えたと言われている亀がいます。アルダブラゾウガメのアドワイチャは、推定250歳生きたと伝えられていますが、残念ながら正式な記録が残っていないため、ギネスには認定されていません。
180歳を超える亀がいるくらいなので、250歳まで生きる可能性もありそうです。亀の生命力はすごい。


 


長生きの理由は…?


動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


 


 


では、どうしてこんなにも寿命が長いのでしょうか?


 


■冬眠、夏眠をする
■代謝が穏やか
■生活が落ち着いており、エネルギー消費量が少ない


 


亀がなぜ長生きするのかは、このような様々な説が考えられています。
例えばゾウガメは、敵となる動物がいない環境下で進化し、その敵たちから逃げる必要がないことや、ゆっくりのんびりと生活していることで、エネルギーの代謝が少なく済むそうです。


 


つまり言うと、亀の長寿の秘訣は、
「のんびり」
であるわけなのです。


 


カメは元々、代謝を調節できる生き物で、気温が下がれば代謝を下げます。水中にいる間は呼吸・心拍数も減らして長時間潜水できるようにコントロールしているのです。
このような特徴も長寿の長さに関係しているようですね。


 



 引用 


【亀の寿命】亀は長生きって聞くけど、寿命はどれくらい? | PECO(ペコ)


 


家庭で飼われているミドリガメなどは、案外20~30年と短めな寿命でした。


ペットとしては十分長いですけどね!


100年以上も生きてる亀ってすごいな~。


亀が長生きなのは「のんびり」だということらしいです。


僕たちももう少しのんびりと心にゆとりをもって生活できたらな~。


ゾウガメのジョナサン君には長生きしてもらいたいです。


照井浩也


 


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ちょっと怖いイルカの生態 ... | トップ | タコの心臓は3つある?!照井... »

照井浩也」カテゴリの最新記事