日々のこと

日々の生活の中で…

癒しの甘み

2007-07-31 | 食べ物

娘の熱も下がり、暇をもてあましています。

あ~~~あっ! 7月も終わりだわぁ~~~

夏休み「42日間」と言うけれど、実際には「試験休み」も入れると「もっと!」

しかし、部活や合宿や旅行だ帰省だ・・・と埋めていくと「自由な日」と言うのは数えるくらいです。その「貴重な時間」を『勉強』に当てれば・・・親はどんなにかぁ~「心 安らぐ夏休み」になるはずだぁ!!!

「この・・・心・・・安らがない」のは、何故にでしょう~

あ~~~あっ! でれでれしている姿を見たくないぃ~~~

 

ご飯は炊いてあるし、「冷蔵庫の中のもので、勝手に作りなさい!」と言い残して・・・娘を置いて、「パソコン教室」に行ってきました。来週から2回夏休みになります。

 

神戸・芦屋の「アンリ・シャルパンティエ」のお菓子をいただいたので、パソコン教室に持って行き、お茶タイムにいただきました。

日本語で書いていなければ、「フランス・パリからよ~」なんて言っても通じてしまいそうな・・・お洒落な焼菓子です。

このお菓子は、見るからに「和菓子」・・・上野に近い根岸からいただいた。

沢山の「もも」もいただいた。なんと、美しい形なのでしょう~(うっとり) 

 

夏休みストレスが溜まらないように、「自己管理」しなくてはならない!

 

ほんのり甘い・・癒しの美味しいものを、いただきま~~す。

 

コメント (4)

終わってからが・・

2007-07-30 | 生活

第21回参院選が終わりました。

昨夜は、S氏が遅くまで「参院選の特番」をTVで見ていました。

私は、「週末の疲労」を回復しなくてはならないので・・・・と言うか、「疲れた!」ので・・・・早めに失礼!「眠かったぁ~」

今朝、新聞を読んだり、TVの報道番組を見ると・・・終わってからが「大事!」と感じてしまいました。

 

何事もそうかもしれません。

 

事が終わり、結果が出て、その後・・・どうするかで違ってくる(でしょう~)。

 

先週の金曜日に「配達記録」で、娘宛に「5,000円分のお買物券」が送られてきました。

なぜ?娘宛・・・と考えたら、娘が「お客様アンケート」を書いて出していました。

何枚か「応募券」をもらったのですが、「当たるわけない!」と私は出さなかったのですが、娘は「当たるかもぅ!」と出したアンケートだった気がします。

娘は、この「当選」で気分は「ハイ」になり、土曜日は「花火大会」にお友達と行き、気分は益々「ハイ」、日曜日は「カラオケ」で2時間歌いまくったとかぁ、どんどん「ハイ

結果・・・今朝「38.4度」の熱をだしました。

 

旅行の後、すぐに部活、そして友達との約束・・・でも、「終わってからが大事!」

「38.4度」の熱では・・・・・『勉強は出来ません(夏休みの宿題)』

 

まぁ~~「勉強できない理由」としては~~説得力『大』ですけれど~~

コメント (2)

満月と花火

2007-07-28 | 行事

                                     

            花火                       月

地元の花火大会がおわりました。 

毎年 7月の最終土曜日に開催されます。

あれから(去年の花火大会)・・・・1年が経ったんだぁ~~         

コメント (4)

想い出引出しー2

2007-07-27 | 旅行

3日目は、曇り空から~午後には晴天になったので忙しい1日になりました。

9時前に出発です。ホテルから → 「小木」(たらい舟で有名)へ

 

小木港前の、安全標識が面白いので~デジカメ~パチリです。

追越し違反9,000円  佐渡するめ500円

「小木港」から、4~5kmのところに、宿根木(しゅくねぎ)がありました。

ノスタルジックな世界に足を入れたような集落が残されています。

船大工の町として栄えた頃の面影を残しています。その集落の一番奥に・・・

称光寺  ( ショウコウジ )
 
指定情報 1717年
詳細 宿根木集落の奥、大願時(真野町)と同じ時宗布教道場だったところ。境内には、精密な世界地図を作成したことで知られる幕府の蘭学者で、この地出身の柴田収蔵の墓がある。また石工の名人・五平作の石仏・観音立像や三猿の見事な作品が見られる。
見学時間・時期 [拝観]終日
備考 [創建年代]1366        (webより)

タイムスリップしたような「静けさ」のなかで、おばあさんが(ちょっと腰が曲がっている)箒で一生懸命に落ち葉などを掃いていました。

集落の前の海には、昔の繁栄を色濃く残すしるしに「船つなぎ石」が7本だけ残されていました。海が隆起してしまい、今では船は泊められませんが・・・

かつては、「佐渡金山」で隆盛を誇っていたときは、さぞや「黄金時代」だったのでしょうね~


「黄金時代」はどんなだったのでしょう~

宿根木から → 相川 の 「史跡佐渡金山」に行ってみました。

当時の坑内の様子をロボットが再現しています。

「もうすぐ~交代だぁ~手ぬくなぁ!」そんな声がスピーカーから聞こえました。

娘には・・・これがどうしても・・・『もうすぐ~交代だぁ~手ぬけやぁ!」』に聞こえると言っていました。根本が「ずぼら」なんですね~こう言う風に聞こえる人はね。

箱の中に入っている「金」は、17.5kgあるそうです。私も触りましたが・・・ピクリとも動かない重さでした!

 

午後から、お天気が良くなったので、ホテルから近い岩場の海でシュノーケリング♪

どこでも、海があれば・・・もぐる「父子」です。

「魚の大群にあったよ!蛸がいた!」と・・・やっとシュノーケリングセットが使えて満足~満足~

 

   ここまで、170枚のデジカメ画像を整理しました。明日は、「花火大会」なので、バタバタしそうです。急に話が決まって、娘のお友達が遊びに来て、泊まるらしいのです。えっ!!!「部屋がめちゃくちゃなんですが・・・」

そんな訳で、親子で「掃除しまくっていますが・・・」なんせ~娘のやることは『遅い!』

旅行中も、『遅い!』

岩登りや水の中では、早いのですが~~

これからの「夏休みが思いやられる

コメント (4)

たこ飯の作り方

2007-07-27 | 食べ物

ブロ友のぜんざいさんからリクエストがあった、「たこ飯」のテレーサ風作り方をUPしますね。

大皿にド~ンとよそってもいいのですが、この時はお上品なマダムが集まるので、「一口サイズ」にまとめて、重箱に詰めて行きました。

もって行った会場は、「夢のおうち」

集まったのは、NY在住のブロ友・マンゴーさんが一時帰国したからです。

 

今回の「たこ飯」は・・・

以前 2006年06月28日ブログで紹介した「たこ飯」のサマーバージョンなんですよ。

 

材料: ◆お米 3合

     ◆たこ 適当(足1本半ぐらい)・・茹蛸でも生蛸でもOK

     ◆梅干 3こ

     ◆塩 少々(梅干の塩加減で調整)

     ◆鰹だし 少々(香り付けに、粉末だしをパラパラ程度)

     ◆昆布  1枚(7~8センチ)

     ◆お酒 少々(大さじ 1ぐらい)

     ●大葉 適当(5枚ぐらい)

作り方:

炊飯器に お米・昆布・刻んだ蛸(材料の半分)・梅干・塩・鰹だし・お酒 を全て入れて、スイッチポン・・・するだけ。

炊き上がったら、「残りの半分の刻んだ蛸」を追加して・・・もう一度「スイッチポン」

こうすると、前半に入れた半分の蛸から、「香りと色(薄ピンク)」が出ます。

そして、後半に入れた蛸は、あまり「縮むことなく」形が残ります。

二度炊きが終わったら、梅干の種を取り出して、混ぜます。

荒熱が取れたら、刻んだ大葉を入れて、混ぜ合わせる。

 

はぁ~ぃ♪ 完成です♪

 

夏バージョンと言ったのは、「梅干」を入れたからです。梅干入りだと、腐りやすい夏場には良いでしょ~

好みで、蛸の分量や梅干の数を調整してみてください♪

 

 

コメント (2)

想い出引出しー1

2007-07-26 | 旅行

今回の「佐渡旅行」は、16日に起きた「新潟沖地震」の影響を直に感じました。

観光客が激減したと伝えられていた通り、新潟港のフェリー乗り場から人が少なかった!

1等イス席を予約していたのですが、大きな「おけさ丸」に乗る人は通常の「夏の何分の1?」ぐらいなのでしょうか~船内はガラガラ状態。観光業界は大打撃です。

出かける前にホテルに電話をすると、『佐渡はゼンゼン問題ないので、ぜひいらしてください!お待ちしています!』との強いアピールのホテルマンの口調でした。

 

新潟港から2時間半で佐渡ヶ島の両津に着き、そこからはクルマでちょっと遠回りしながら宿泊所のファミリーオ佐渡相川に行きました。

とにかく「先端」に行かないと気がすまない人がいて、海岸線に沿ってドライブしながら「七浦海岸」「長手岬」にも寄り道しましたよ。

ホテルから一番近い町「相川」は、佐渡金山で栄えた町です。

ちょうど土曜日で「町ぐるみの綱引き大会」が行われようとしていました。でも・・・「静か」・・・

佐渡寿司です。(娘があわびを撮影前に食べてしまい写っていません)

 

旅行に行くときに、「お仕着せの料理」が嫌いなS氏は、宿を「ホテル形式」にして、食を「地元の食事処」にする・・・それがパターンです。

そんな訳で、前もって「情報誌やインターネットや旅行ガイド」で調べておきますが、後はホテルの人に聞いてみたり、お店の前を通って(匂いを嗅ぐ)みたりして、良さそうなお店を選びます。

1日目は、地元のお寿司屋さん「銀寿司

とっても美味しいのです、残念なことに「私は運転手!」

「飲めません!」S氏が美味しい~~と言っていた「地酒・金鶴」~~

お水やお茶での「夕飯」は・・・どんなに美味しいお料理でも味気なかった。

 

二日目は、お天気が曇り空だったので、シュノーケリングはあきらめて、車で島の半分を観光してみました。

尖閣湾では、「海中透視船」に乗ってみました。

「佐渡トキ保護センター」に行くときに、(私が)ナビを間違えたことで喧嘩になりました。ガソリンが残り少なかったことこともあり、ヒヤヒヤしましたが・・・

まぁ~この喧嘩1回(旅行中)で済んだのは、「良し」といたしましょう~

後から娘に言われました。

「ママは、まじめに受け止めるから喧嘩になるのよ。聞き流せばいいのに~~」

はぁ~~貴女のほうが「大人」です。

*注* 後で気がついたのですが、私がいつも娘に「注意」していることも、「聞き流してる」ことなんだぁ!・・・おぬし!!!

*驚* 22日午後、両津港近くを歩いていたら、アルピニストの「野口健さん」がカメラマンの人達と話をしながら歩いているのに出会いました。「普通に~歩いてる~・・」と娘がつぶやいたけど、「当たり前ですよ!」

コメント

想い出引出し準備中

2007-07-25 | 旅行

加藤登紀子さんの歌の中に

「もしも 私が 空を 飛べたなら・・・」そんな歌詞があったことを思い出しました。

鳥たちが 新潟港を出港した「おけさ丸」に ず~とついて来るのです。

 

12時30分発のフェリーですが、30分前には乗り場で待機していました。

誘導されて船内に入り、ピッタシカンカンのオンタイムに船は出ました。

 

帰りのおけさ丸の甲板です。

プロのカメラマンの人が何か撮影していました。海面でしょうかぁ?

 

帰りのおけさ丸の出港時間は12時40分

佐渡の両津港近くで2時間ほど 、つりをしました。

一番先に鯵をゲットしたのは娘です。

私は、糸の出が悪くてセッティングに1時間ぐらいかかってしまい、心の中で「だから~釣りは好きではないのだぁ!」とぶつぶつ言っていましたが・・・

「私でも釣れました♪」

鯵 23匹

鯖 4匹

その他 2匹

サザエ・・・これは、通りがかりのおじさんがくれました。

一番数を釣ったのは、娘。

形の大きいのを釣ったのは、S氏。

その他の魚(2匹)と鯖(1匹)と鯵(2匹)を釣ったのが、私。

娘は、私よりも釣りが上手です。でも釣った魚を捕まえられません。

「ぬるぬるしているし動くから~」と言うけれど、私は素手で魚を捕まえられます。

「ママ!凄いね」と尊敬されたので、これを『特技』の一つに加えられるでしょうかぁ?

 

これらの魚たちは、佐渡の両津港から7時間かかって、自宅まで運ばれてきました。

そんな訳で、昨夜7時50分に帰宅してから、深夜に「魚の処理と料理と下準備」をしたので、ブログUPは出来ず・・・

今朝は、山ほどの洗濯に追われ・・・ようやく170枚のデジカメ画像をパソコンにおとしました。

明日から、少しずつ「佐渡旅行の想い出」をUPしていきたいなぁ~と思っているのですが、娘は今日から「部活」でお弁当持ち、S氏は「ホテルの冷房負け」で風邪をひいたようです。

私は・・・洗濯したもの(三回)が、すべて乾いて気持ちの良い1日でした。

コメント (7)

出発はOffから

2007-07-21 | Weblog

朝の6時にカーナビをセットすると先に車に乗り込んだS氏…
カーナビのリモコンの電池が切れてる!とご機嫌悪し…
さっそくコンビニで新しい電池を買って入れ替える…
「付かない!動かない!壊れてる!出発前に!」(怒)
あの~~スイッチ「ON」になっている?!
スイッチは~…
『Off』でした♪
先が思いやられる旅行の出発でした♪
約4時間で新潟につき、予定通りカーフェリー「おけさ号」で佐渡島に向かってますよ…

コメント (2)

今どき・・

2007-07-20 | 学校・生活(娘)

今どきの子は・・・いったい何を考えているのでしょう~

親の私には・・・理解に苦しむことが多々あります~

昨日の就寝前にです。

 

娘:「ママ・・明日・・折りたたみのテーブルを(学校に)持っていくから・・忘れないように・・私に明日の朝!・・言ってね~」

母:「なななななぁにを・・・持っていくって?」

娘:「折りたためるテーブル」

母:「貴女は何を考えて、持っていくことを、引き受けたの!?」

娘:「大丈夫~ゼンゼン問題ないから~持っていけるから~」

母:「学校までの通学にどのくらいかかるか?分かって引き受けたの?」

母:「持ってくるように言う人の考えも分からないし、簡単に引き受ける人の甘い考えも理解できない!そう言うのを『安請け合い』というのです!」

 

今朝持って行ったのは

秋に行われる文化祭の出し物・・「劇」で使う道具(小道具とは言えない!)にするそうです。

私だったら、「通学時間が1時間半」かかる子に、持たせるようにはしません。

また・・・「出来ないことを出来ないと言う、勇気も必要です」

また・・・「安請け合いをすることが、周りに迷惑をかけることも知ってほしい」

 

因みに・・・「夏休みの部活の日程」が未だ知らされていないのは、どういうことなのでしょう~(合宿の日程は分かっていますが・・・)(去年は、早くに日程表が配られていました)

親が、口出しをしないように努めています。

しかし、娘には伝えます。「どんな社会でも、もしも「上」の立場になった時、「下」の人がどんな風だったら、動きやすいか?考えなくてはいけない。」それも、大きな勉強の一つです。

 

 携帯時代のひずみ  でしょうか?

娘が伯母さんにちょっとした、頼みごとをしています。そのやり取りでの「返信」は・・・

 

いろいろお騒がせしました。

では楽しみ待ってます!

本当にありがとうございます。

┏――┓  
|しお |  ● 
|ま願 >┏▲┛
|すい|  〃 
┗――┛

 

今どきの子は・・・です。

 

 

今日は、午後からNY在住のブロ友マンゴーさんと逢います。一時帰国中です。

思い出すなぁ~私が「3年ぶりで日本にカナダから一時帰国した時」~目が回るくらい忙しかった。そして、日本の「あれも食べたいこれも買いたい」と、ものすごくテンションが高くなっていたこと~

明日から、夏休みになります。

それと同時に、「旅行」に行って来ます。お隣の奥さんにも、留守中のお願いをしました。・・・これで安心です。TIMが(もう)いないので、お花のことだけ・・・

そんな訳で、しばらくブログはお休みします。
 

 

 

コメント (6)

家族のために~

2007-07-19 | 学校・生活(娘)

娘の学校の学年主任の先生が(1年生の時から)毎月、学年便りを出してくださいます。

このお便りが、手書きで・・・心がこもっているのです。

(毎月、楽しみにしている親御さんも多いはずですよ。)

7月号の中に

先生!!良くぞ書いてくださった。「家族のためにっ!!!」

去年は、1年生と言うこともあり・・・「親も知らなかった!」のでした。

ものすごい~~~「質・量」~~~の夏休み宿題でした。

 

去年の二の舞はしたくない。(絶対に・・・と思っている親は多いはず)

 

「宿題が多すぎる!」とクレームが多かったそうなので、娘曰く・・・「今年は去年よりも楽そうだ」とかぁ?

分量が三分の二ぐらいに減った気がする・・・と言う。(終わってみないと分からないよ)

9教科・・・バッチリ出ています。

去年は、夏休みラスト1週間前から、「FAXのやり取り」が頻繁に行われていました。

それぞれの教科担任の先生から出ているプリントが、見つからないとか・・・で、FAXを友達に流したり、送ってもらったり・・・

今年は、母が「プリント」全てをスキャンしてしまった。(備えあれば憂いなしの心境)

 

やり過ぎ(過干渉)と思われるかもしれませんが・・・

去年の「親の苦しみ」を分かってください。

娘の学校は、普段の宿題は非常に少なくて、「学校でやってしまったり」「通学中の電車の中で暗記したり」出来てしまうのです。

その分・・・「夏休み」「冬休み」の『宿題』が・・・膨大です!

 

明日が、1学期の通信簿もらい「終業式」

夏休み中(も)「青春する」のはいいけれど・・・しっかりと「勉強する」時期でもあるんです~~~~よ!~~~~(おぅ~~~ぃ 聞いてますかぁ!)

 

参考までに:2006年8月28日のブログでは・・・ 

コメント (4)