日々のこと

日々の生活の中で…

星がまたひとつ・・

2007-02-28 | ひとり言

(花ねこ日記のブログの中にあったお花です)

名前を控えたのに、そのメモをなくしてしまいました。

あっちゃー

 

月曜日に母から電話を貰い、24日の土曜日に伯母が亡くなったことを知らされた。

お見舞いに行かなかったことが悔やまれる。

家族だけで見送りたいとの連絡を受けたのですが・・・

(家族→姉(次女)→母(三女)→私)

(お通夜は、夜なので母に来なくていい。告別式は、家族と兄妹のみ従姉妹・従兄弟までは来なくていい。)

でも、私が直接聞いたことではないので・・・

告別式に行ってきました。

(高齢の人を気遣ったのかもしれないし、働き盛りの人まで迷惑をかけたらいけないと配慮してくれたのかもしれない。)

私が「おばちゃん」と呼んでいた「伯母」は、母の一番上の姉。

87歳でした。体調を悪くしたのが10年くらい前。1999年の冬に私がベルギーに行く前にお会いしたのが最後になってしまいました。

私がベルギーに行った翌年から、入院生活になったのですが、ここ数年は完全な「植物人間」だったのです。私が、母にお見舞いに行きたいと言う度に・・・母は、「お見舞いに行っても、寝ているだけで誰か分からないから・・」と言うだけでした。

人生いろいろ。親戚付き合いもいろいろ。難しいのです。

立場が違うと、受け止め方も違ってきて、また「その時の状況(経済的・社会的)」でも考え方や行動が違ってくるのです。

伯母の晩年は、可哀相でした。

(バブルの時代、中小企業の社長婦人として、優雅な生活をされていた。私の知っている限りでは、いつも美容院でセットした綺麗な髪をして、品の良い洋服を身に着け、いつも優しい眼差しで私を見ていてくれた。)

(アリとキリギリスの話が頭をよぎります。どちらが幸せか?わかりません。価値観は自分自身でしか分からないのですから、他人がどうこう言うことではないのです。)

母と姪の間に、「溝」が出来たことを母は私によく相談してきていました。

(相談と言うよりは、話をして聞いて欲しかったのでしょう。母には、43歳から一人で子供を育ててきた「自負の念」があります。甘えに対して、許せない「気骨」の部分もあるのです。)

小さく小さくなった伯母と最後の別れをして来てよかった。

行かなかったら、きっと後悔していたと思う。

(だれも・・・なりたくて植物人間になるわけではない。でも「延命」処置をすると、こんなにも長い歳月が過ぎることがあることを知った。)

 

天国で、私の知っている伯母・・・

春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)たる人でいてほしい。

(春風がのどかに吹くように、人柄がおおらかで穏やかなさま。)

 

コメント (5)

啓蟄を感じた日

2007-02-27 | 景色

 

朝 パソコン教室に行く道すがら 

鳥軍団が一生懸命 土の中の虫(たぶん)を啄ばんでいました。

あ~「啓蟄」~の頃に近付いているんですね。

 

啓蟄

読み方:けいちつ

3月6日頃啓蟄とは、土の中で縮こまっていた虫(蟄)が穴を開いて(啓いて)動き出す日のことです。具体的には、日本人が「さぁ働くぞ」と意気込み始める日のことを言います。この時期は、一雨降るごとに気温があがってゆき、春に近づいていきます。日差しも徐々に暖かくなってきます。

( 日本文化いろは事典 より )

お昼 お教室からの帰り道

モクレンの蕾が「」を感じさせてくれました。

 

工事中

家の前の「中央分離帯」の「植栽工事」と言うことですが・・・

いつもゴールデンウイークの時に、満開に咲き誇る「 ツツジ 」が、、、

根こそぎ取られていました。植栽工事をすることは、「市の広報」で知っていましたが、「こんな姿」になるなんて、残念に思ってしまいます。 

19年目のツツジなのに~~無残です。

 

コメント (5)

マーマレードの渋味

2007-02-26 | 食べ物

先週の土曜日に、友人が「みかん1箱」届けてくれました。

・・・と言っても、持ってきてくれたのは、ご子息(娘と同じ中学1年生)

幼稚園に行く前から知っているboyから、頼りになる力持ちmasculineへ成長ingを確認できた一場面でした。

・・・友人のお義母さんが送ってきてくださった「無農薬みかん」

これで、日曜日の午後から取り掛かり、月曜日の午前中に煮詰めて、出来上がりました。

マーマレード です。(カメリアさんブログ見て、作りたくなりました)

みかん 12個

グラニュ糖 1000グラム(1kg)

レモン汁 少々

細切りにした皮は、先ずは「流水」でさらします。

次に「湯通し」

それから6時間ぐらい水につけておきました。

 

みかんの「渋味」を

どのくらいとるかが「鍵」ですね。

1回目 600グラムの砂糖を入れて、圧力鍋で5分 自然放置

2回目 400グラムの砂糖を入れて、圧力鍋で5分 自然放置

翌日、「煮詰め」

最後に レモン汁 少々を入れて 仕上げ

 ガラス瓶 6個 出来ました

果肉は、ハチミツに漬け込みました。

 

「ジャム作り」とっても気分転換になりました。

娘も「楽しそう~」と細切りを手伝ってくれましたが・・・

もうすぐ、「学期末テスト」・・・それは、甘くはないよ

 

訂正: お砂糖の分量を書き間違えました。訂正しましたので・・

コメント (8)

ドジッター&ボケター

2007-02-25 | ひとり言

昨日の土曜日は、娘の学校で保護者会がありました。中学1年で英語を教えてくださっているK先生の講演から始まり、主任の先生の全体的なお話、その後は、パソコン(マイピクチャー)からの『画像』で「三学期に行われた行事の紹介・作品の紹介・それぞれの授業の進み具合を説明」をして下さった。

娘:春がきて 二ヵ月後には もう先輩

母:母さんも 出会いが一杯 ○○美中

特に、「絵画」「デザイン」の授業などは、1学期の時の画像と比較してくださり、我が子達の『成長』を目の当たりにしました。

「絵画」や「デザイン」の授業の時は、ブルー色の作業服を着るのですが、「初めての授業の時」は、ぴかぴかだったのが、3学期ではかんろくが出てきていました!!

最後に3クラス、120人の生徒を見てくださっている3人の先生の「ご挨拶」があったのですが・・・・涙のご挨拶・・・になってしまい、聞いていた保護者も(私もです)もらい泣きと言うか・・・感動してじ~~んと来てしまい、涙が滲んでしまいました。

小学校の「卒業式」でも、出なかった涙です。

中学の卒業式でもなく、1学年が終る・・・と言うだけなのに、不思議です。

感動したご挨拶の言葉の中に、この1年間・・・

愛情をもって、ひたむきにそして熱心に子供たちと接してくださった」事が感じられました。

三クラスの先生のチームワークがピタット合って、「教育」して下さった1年だったのです。

その後、各クラスでの「茶話会」が始まり、(40人の生徒数)30人以上の保護者の方が参加してくださったのです。クラス委員をしていた私が、学校の外に出た時は・・・5時半をまわっていました。(2時から保護者会でした)

私は、訳あって「3時間睡眠」だったのですが、無事に「お役」も終り・・・

外気は冷たかったけど、ホッと安堵感を味わいました。

3月に先生を囲んでの食事会をします。

ワードを使って、ネットからの地図を入れて、一部手書もしましたが、「お手紙」作り担当しました。大勢の方が参加してくれると良いのですが~~

 

 ドジッター&ボケター  の話

女の人は、「外出」する時、ハンドバックを換えるときがあります。夕方ちょっと買い物に出かけました。娘と一緒です。出かける前に・・・「鍵をかけて行ってくれ!」と声がかかり・・・「は~~ぃ!」と返事をして出かけた。エレベーターが来ていたので飛び乗った。うっ~~~「鍵かけたかなぁ~?」と頭によぎるものがあった。・・・一瞬戻ろうか迷ったが外出してしまった。・・・買い物中にメールが入り、「今からスポーツクラブに行く、帰宅は○時」と「了解」の返信をする。・・・家に帰り、ドアの鍵を開けようとして『鍵がない』、昨日使ったに入れたままだぁ 

夕飯は遅くなり、娘は「貴重な勉強時間が無くなり」(うっそ~~TVタイムだよね)、寒い玄関前で怒りの人を待った。

情けない。

唯一良かったのは、1時間強・・・娘とこの失敗談をネタに「人生論」を語り合えたことです。

母:「娘よ!しっかりしてね~」

娘:「失敗は誰にでもあるよ。でも本当にボケたら困るなぁ~」

 

コメント (4)

味方の励み

2007-02-23 | アート・作品

忙しくしている間は、気にならなくなってきてはいるのですが・・・

ふと・・・思うと、TIMがいないことに淋しさを感じます。

朝から雨で(昨晩から降っていました)7時前に娘を駅まで送り、7時半にS氏を送り、二往復の駅までの運転をし終えると、何だか気が抜けた朝でした。

でも、パソコンを開いたら、スクラップブッキングの先生からEメールが届いていて、「私のこと」を気遣ってくださっていた。

そう~~1ヶ月ぶりに「スクラップブッキングのお稽古」に行ってきました。

 

私のまわりに、強い味方が一杯いるのです。(嬉しいなぁ~)

まだ途中ですが、2002年と2004年の「娘の水泳」の写真を 「作品」にしていきました。

 

ヤフーのドラえもん特集より、画像おかりしました)

 

昨日の夕刊(日経新聞) 「こころの玉手箱」の中で、ヴァイオリニストの千住真理子さんが、手作りの『ドラえもん』を今でも、ご自分の練習室に飾っている・・・と書かれていました。

千住真理子さんのエッセー④の内容の中に、「ドラえもんが夢をかなえてくれた」と・・・

今週の月曜日から①が始まり、今日金曜日が⑤で最終回

千住真理子さんが、学生時代「ヴァイオリンを続けられなくなり、弾くのを止めてしまった」・・・そのことは、知っていました。でも2年間の空白(まったく弾かなかった)の後、ボランティア活動から徐々に復活されて行った事をこの記事で知りました。

ホスピスの患者さんからいただいたと言う短冊のことば・・・私もジーンと来てしまいました。

たった一言が人の心を傷つける。たった一言が人の心を温める

 

千住真理子さん・・・素敵な女性ですね。 

コメント (6)

222の日

2007-02-22 | 食べ物

2月22日は、「猫の日」「夫婦の日」

そして、前々から計画していた「オルセー美術館展」を友人達と見に行ってきました。

朝9時に最寄り駅集合、10時前には「東京都美術館」に到着できました。

早起きは「三文の徳」・・・11時前に美術館を後にするときには・・・長蛇の列・列・列・・・

「入場制限」になっていました。

「オルセー美術館展」のことは、後日(時間があるときにでも~)UP出来るかしらぁ~

きょうは、「オルセー美術館展」の後にお散歩しながら行ったお店を紹介してみましょう。

 

ブログ友達のカメリアさん、かぐやひめさんが紹介されていて、地元っ子の私は知らなかった「中山旅館」の中にある『中国料理 古月』です。

一歩・・・入ると

もうそこは・・・タイムスリップ・・・大正浪漫を感じる店構え・内装です。

 

それでは、「ティタイムメニュー」をご紹介します!

6番の「手打ち麺」の画像がありません。(撮り忘れました!)

先ずは、良く歩いた後なので「ビール」から

その後は、赤ワイン

個室なので、それぞれ積もり積もった『話』も盛り上がりお喋りできるのが、とっても良かったですね。

上野駅 → 根津駅 → 日暮里駅 と良く歩き、次回に出かけてみよう~「お店」も発見して楽しい一日が過ぎ、

最寄り駅では、「楽しい一日が過ごせたことに感謝して」解散となりました。

 

 今日飲んだワインのこと

コート・デュ・ローヌ Cotes de Rhone

フランス南部に位置するコート・デュ・ローヌ地方はお買い得ワインの宝庫。
暖かい気候の中で育った完熟したぶどうで、ボリューム感たっぷりのワインが
造られます。ボルドーやブルゴーニュに比べ、果実味豊かで、濃厚なワインが
お手頃な価格で手に入ります。特に一流生産者のワインの中には、その価格
からは考えられないような、素晴らしい飲み応えのものを見つけることが
できます。赤ワイン愛好家にとって、とても魅力的な人気のワイン産地です。

Cotes de Rhone  ○○○ ○ というように、いろいろのワインがあります。

でも、お値段に関係なく(たとえ1,000円前後でも)美味しくいただけるワインだと私は思っています。

例えば・・・

コート・デュ・ローヌ 1997年  ボスケ・ド・パプ  750ml
Cotes de Rhone 1997 / Bosquet des Papes
本体価格 2,270円 (税込価格 2,383円)

コート・デュ・ローヌ シャトー・モンフォーコン     赤   2001年 1,480  

 

(このブログ記事は、23日に書きました。昨晩は、娘がまたまた「作品作り」終盤で、バタバタしていて、尚且つ夫婦の日(?)と言うことで、「S氏が家食」連日で、夕飯作りに四苦八苦していましたので・・・)

 

追記:「猫の日」にちなんで、「小さな手紙」のkeikono2さんのすご~くかわいい「猫ちゃんの寝顔」を紹介しちゃいます。癒される~~~

コメント (8)

言葉の裏返し

2007-02-21 | 学校作品(娘)

今日は、娘の学校で「授業参観」がありました。

私も、学校に行く用事があったので、何時間目に行ったら良いか?聞いてみました。

授業は、「数学・地理・国語・歴史」

お昼からは、「ようこそ先輩」と題して、社会人として第一線でお仕事している先輩の講演会が各クラスで行われることになっていました。

娘:「3時間目の国語は・・来ないでね!・・つまんないからぁ~」

母:「担任の先生に用事があるから、お昼休みに行って、午後の講演会を聞こうかしら?」

娘:「午後は、ダメだよ~講演会に来ないでよ!親が来るなんてカッコ悪いよ!」

母:「じゃぁ~4時間目の途中で行って、お昼休みに先生と打ち合わせするわぁ~」

 廊下に飾られている

デザインの展示作品

私だけの夢の動物園

 

娘の作品 「ダイビングしたいオリックス」

 

これらの作品は、昨年11月に校外学習で 多摩動物園に行った時に、各生徒が「スケッチ」した動物を「デザイン」した作品です。

スケッチ → 水彩画 → デザイン画 → 型紙 → 色塗り → 組立

どの作品も、ステキでした

その他の、「模写」作品を見ていたら・・・

クラス役員をしているYさんから、 メールがきました。

「国語の発表が面白かった・・・」

!発表!面白かった!・・・うっ!だまされた!』

 

次回の授業参観は、「来なくていい!」と言った授業を見るから

 

 

 

コメント (5)

沖縄そば

2007-02-20 | 食べ物

昨晩・・マフラー作り・・がどうにか完成したのが11時半過ぎ~

どうして~~どうして~~やるべき事をやるのが遅いのか?

毎度の事ながら、イライラしてしまいます。そんな日は、「ヴァイオリンの練習はパス!」になり、疲れてベットに入った娘は   

こうなると眠れなくなる怒母、

今日・・午前中は「パソコンのお教室」でしたが、どうも気分がトーン  

授業の後、買い物済ませて外に出ると、雨が降り始めていました。

小走りに帰宅すると、『ドアを開けても、誰もいない!』

この感覚が『ペットレス症候群』だと・・・自分で確認してしまいました。

 

気分が乗らないので、お昼抜きにしてしまおうかと考えたのですが・・・

ちょっと!まった!これがある!

この前、上野に行った時に「わしたショップSF上野店」で買ってきた

「 明星沖縄そば 」 食べてみました。

インスタントですが、 一人!さみしく!粗食に!たまには! 食するのに良いです。

 

 

コメント (3)

Give and Take

2007-02-19 | 食べ物

2月18日◇◇◇日曜日◇◇◇

第一回東京マラソンが行われました。

ハーフマラソンを3回(だけ)走った事があるので、フルマラソンは「憧れ」です。

今は、3キロも走れないと思いますが・・・

「走ることに夢を持ち走りぬいたことから達成感を味わいまた走ろうと希望が沸く」のが、『マラソン大会』かしら~

 

お昼近くまで寝ていた娘が、「今日は、絶対にやりたいことがあって、やるんだぁ!」と意気込んでいました。

やりたいこととは、『お返しチョコ作り

2月14日のヴァレンタインデーに、どう言う訳か?

チョコレート(友チョコ)を一杯もらっちゃったのです。

ホワイトデーまでは、待てないと・・・

2種類のチョコを作り始めました。

似顔絵チョコ と きなこトリュフ

 

子供たちの Give & Take のようなので、やらせてみました。

私は、「買ったチョコ」の方が、お味はGoodなんじゃないの~とつい口を挟みましたが・・・ね。

火曜日提出の「作品」がまだ・・・半分しか終ってないのにぃ~

お勉強も、頑張ってチョ(コ)

 

追記:

日曜日のお昼からS氏が仕事で留守だったので、お勉強もしないで「チョコ作り」が出来ました。月曜日に学校に持って行ったら、「美味しかった♪」と言われたと娘は嬉しそうにしています。

しかし・・・今~~明日提出の「機織りマフラー」を必死にやっていますが・・・

今日中に完成できるんでしょうかぁ~~~

どうして~~こう!~~ギリギリにやるんでしょうかねぇ~~

 

 

 

コメント (10)

お嫁入り先、決定!

2007-02-18 | パソコン

あるもの」のお嫁入り先が決定しました(したようです)!

あるもの」のことは、20070204ブログで紹介しています。

私が通っている『パソコン教室』のS先生、N先生、Y先生に

とっても、とっても、お世話になりました。

ほんとうにありがとうございます。

「オークション」のお勉強は、授業でお勉強をしたことはあったのですが・・・

実際に「やってみる」と、やっぱり違います。

まだまだ、一人では出来ないなぁ~

 

オークションの様子」は、    ここ から分かります。

 

3枚の画像のうち、3枚目の画像の左上にちょこっとTIMが映っています。

 

気が付かなかったのですが、何枚か写真を撮った時に、偶然入ってきたんですね~ 

丈夫で長生きした「まねき猫」が応援してくれたのかしら。

『福』付き「液晶テレビ」・・・近日中に発送ですね。

 

 

コメント (5)