凸っちゃおっかなー

聞かなきゃわかんないことって多いよねー。 コメント承認制です。

顔面詐欺

2018-11-13 20:47:29 | 日記
証明書作成のために、写真を撮りに行ってきました。
ちゃんと、写真屋さんにお願いしましたよ。



でね、顔の下からも光が当たるように白い板をおいてくれて、顔映りをよくしてくれて、
「今日は白系のお洋服だから、バックはブルーにしましょうか?」と言ってくれて、
「お肌の色を、ちょっと明るくしますねー」って、色味を少しだけ明るくしてくれました。
まあ、普通は「写真の加工」ってこれくらいですよね。
女性にとっては、化粧を施すくらいの感覚。
流石に骨格まで変えちゃうと、別人ですもんね。


でもね、それを「公然と」やっている「公人さま」がいらっしゃるそうなんですよww
頭蓋骨や顎の骨格を変形。
だらーんとした締りのない口元の口角を上げて、唇は薄めに。
太くて薄い眉は細く、腫れぼったい目元は切れ長にキリッと。
そして、髪の毛を増やして、流れが整っているように。

本物と比べると、あまりの違いに卒倒しますよねwww


こうやってね、手を加えるところは、「コンプレックスを感じてるところ」なんですね。
つまり、彼は「素の自分自身で勝負できない」ということなんです。

彼がこうありたいと思う姿は、あの、もとの姿を留めない「加工後の姿」なのでしょうね。
彼自身が見る鏡の中の彼は、あの姿なのでしょう。
というか、鏡見てないんじゃないかな。


あの加工後の彼が「こう言ったらかっこいいだろうな」、「こういうことを言いそうだな」、
そんな感じでブログを書いているのかもしれません。


普通はね、遅くとも20代で「自分の姿、自分の限界」に気づくものなんです。
で、その自分を受け入れるものなんですね。
それができない人が、「明日から本気出す」とか言ってるんです。
要は、甘えてるんですよね。モラトリアムです。
先延ばしにしてるんです。


彼はもう、不惑です。惑わず、の年なんです。
しっかりと、迷いなく、自分の足で立たないといけない年なんです。
政治家として生きるのであれば、政治家として、
行橋の市民に向き合って市をよくしよう、
不便なところを改善しよう、どうしたら行橋市民が暮らしやすくなるかを考えて、
それに取り組むのが仕事のはずなんです。



他国のアイドルのことを云々言ってる場合じゃないんです。
外交を語っている場合じゃないんです。
防衛を語っている場合じゃないんです。


自分の本当の姿から逃げていても仕方がない。
行橋市議会でいるということを決めたのであれば、
あなたの居場所は、行橋市政にしかない。
他に逃げ場はないんです。


いい加減、腹をくくってください。
コメント (48)   この記事についてブログを書く
« ほう?FacebookにBANされ... | トップ | 見得を切る 見栄を張る »

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-11-13 22:41:09
小坪さん、最新の沖縄ネタお願いしますよ。
今でも沖縄で活躍されてるんでしょ?(笑)
Re:Unknown (terumi_satoh)
2018-11-13 22:51:55
Unknownさん

干されたんじゃないですか?
口出ししすぎてw
那覇市議選なんて、行きもしませんでしたもんねww
市長選挙 (バナナ☆アクセル(期間限定))
2018-11-14 12:21:07
今度、福岡市長選挙と北九州市長選挙あるんですよ^^
自分の所の県ですぜ、旦那^^
応援するんですかぇ?
顔面擬装事件 (田舎のおっさん)
2018-11-14 20:20:27
最近、色んな擬装事件が出てきてますが、
蛸壺の擬装は度を超えてると思います。
選挙ポスターが本と同じで、あんた誰?w
状態だし、公選法違反でしょ。

ネタ探しにブログは見るけど、
トップページの写真と、バズフィードの写真を見比べたら、すごい違和感しか感じないのは皆さんも感じてると思う。

右を見てますが、そこにいるのは行橋市民で、
ふん、バカな市民よ、行橋なんかどうでもよか、
こっちは国政ゴッコに忙しか。

最近、そんな風に見えてしょうがない。
蛸壺と揶揄するのはバズフィードの写真見たら、
タコみたいな口してたんがヒントです。

でもツーショット写真はほとんど歯を出さずに、
目を釣り上げて口を真一文字に結ぶのばっかだし。

何枚も撮って一番見栄えがいいのを選んでるだろうなとも思います。
さすがツーショット写真家wだけはありますな。
今更じゃけど。
一つの仮説・推測。長いよ。 (匿名希望マン)
2018-11-14 20:35:35
『日本第一党』『在特会』とかの『行動する保守』を調べてみると「どういうルートでも『日本青年社』に行き着く」のね。『在特会・桜井誠』の名前が『日本青年社』の名刺広告に出ていたことがある。

『日本青年社』は「住吉会の二次団体の小林会」だからね。また、この団体の歴史は古くて「国政選挙にも候補者を出していた」くらいだから、かなり力はあるんだよ。また『地方選挙』では、実際に候補者を当選させているよ。

過去に自民党に不祥事が多発していた頃には「自民党との繋がりもあった」し、尖閣諸島の国有化の時まで「尖閣諸島に灯台を建てて、実効支配を続けてきたのは彼らだから」という話。

尖閣諸島国有化の寄付金の話は覚えていると思うけど「愛国ビジネスは儲かる」んだよ。だって「寄付する奴を気分良くさえすればいい」んだから。

言葉巧みにカネを出させれば「相手は文句を言わない」からね。視点を変えてみると「余命はビジネスマン」とも言える。あのジジイは「満足感を売っていた」んだな。まぁ「あのジジイには『青林堂』みたいな出版社とか、議員先生やら専門家もついていた」からね。そして「余命信者が洗脳から目覚めたら『国会議員』にまで飛び火する」よ。特に『杉田水脈』『片山さつき』『和田政宗』ね。

そして、話は変わって『余命の大量懲戒請求裁判』の話。あれは「今残っている奴は洗脳しつくされた者」だから、助からないね。あいつら「自分たちは絶対に正しい」と思っているし「弁護士の和解案に乗った奴は裏切り者だ!反日だ!」と言ってきたから「自分からは抜けられない」の。また「カルト化した団体は『同じような奴らが群れて庇い合う』んだよ」な。そして「その状況を変えないように『話の聞き役』みたいな『バランサー』がいる」と思うよ。

カルト宗教の教祖とかが騙す時も「直接言う」より「間に誰かを挟む」でしょ?あれをやるのは「効果的だから」だよ。

そして、余命信者は答弁書に「敵国である在日朝鮮人が日本人に対して裁判を起こすのは反日行為」みたいなことを書いているから「人種差別」という話に持っていきたい第一陣の弁護士は「今のままのスタイルは変えない」だろうな。彼らは「何故、これが起きたのか?」には興味が無いからね。

そして、このままだと「困っちゃうのは佐々木弁護士&北弁護士」だと思うよ。だって「第一陣の裁判で『余命の煽動』『小坪の煽動』くらいの話が少しは出る」と思っていただろうから。

っていうか、余命信者は「裁判に負けても自分は正しい」とするみたいで「司法汚染ガー!」という主張みたいだね。これは「全てが終わった後に我に返った時に衝動的に自殺」とかになっちゃうと思うよ。また、あそこまで洗脳が進んじゃっていると「周りの人間の話も聞かないし、人は離れていく」よ。勿論「家族も」ね。

そして「ヤバさで言ったら、一番」なのが「小坪慎也大先生」ね。彼は「変なのとつるんで色々と拗らせているから、実家の親や家族ともあまり付き合いが無い」と思うよ。普通に考えたら「今の状態になる前に何とかしている」でしょ?

そして『小坪慎也』を見ていて「一つのレアな病気が思い浮かんだ」よ。

精神的な病の中でも一番酷い症状について、精神科医の人が書いた「自分のついた嘘を真実だと思い込む人」という本に書いてある『空想虚言症』という病気がある。これは『ウリナラファンタジー』の韓国人や朝鮮人を見ていると理解しやすいと思う。

http://thinking-free.com/brain__break/bb10.html
続き。 (匿名希望マン)
2018-11-14 20:36:52
これの特徴としては「自身が嘘を付いているという自覚がないで嘘をつく」ことが挙げられる。

自分がいったんそのことに対して発言や、頭の中で妄想してしまうと、自分の記憶の中では「起こった事実」として頭脳に記憶されてしまうの。「記憶を作る」「体験・経験したと思い込む」の。しかし、事実ではないから相手には嘘になる。しかし「本人の記憶には『体験・経験』として刻まれている」の。だから、話が拗れる。

『香山リカ』という『自称・精神科医』がいるが、奴が本当に精神科医ならこの症状についての知識もあるハズ。

この『空想虚言症』は『虚偽性障害』『統合失調症』『妄想性パーソナリティ障害』『反社会性パーソナリティ障害』『演技性パーソナリティ障害』等の症状が関係していて、それの複合型だからヤバいの。

原因は『虚栄心』や『自惚れ』から「自分を実際よりも大きく見せようと、嘘の自慢話をする」から始まり「それが真実と信じ込んでしまう」と。実態としては自身の言質よりも劣っているケースも多くて『劣等感(コンプレックス)』の変形と見るのが一般的。

この定義は「朝鮮人にまんま当てはまる」という話ね。

数年前の事件だが、覚えている人は多いと思う「典型的な『空想虚言症』のお話」ね。

http://news.livedoor.com/article/detail/10829871/
更に、続き。 (匿名希望マン)
2018-11-14 20:41:19
『虚言』についてだけ言えば「嘘ばかりつく人」はけっこういるよ。だけど、それについて「病気かどうかを区別する」のは難しい。例えば『統合失調症』の場合は「自覚の無い妄想である」という特徴があるが、他は専門家にしか判断できない。

余命の不当懲戒請求事件。あれを引き起こした奴らは「自分は正義」と思い込んでいるよ。更に「自らは体験・経験していないこと」なのに「自身がやられた」という記憶を作り「それに対して怒る」んだよな。

韓国人の自称・被害者たちも「あれに万が一事実が混じっていた」としても「自らが体験・経験していなければあそこまで怒れない」よね。

変な癖の人間は「同じような奴らで群れて、変な癖の同類を庇う」という特徴がある。

病的に嘘を付く場合の一例には「病気や体調不良を装うミュンヒハウゼン症候群」があるね。これは、彼らの訴える病気等によって「周囲の同情や関心をひく事が目的」なんだろうが「手術痕を自分で作ろうと自傷行為をするケースもある」のね。また「体調不良を訴 えた」という場合に「本当にそれらの苦痛を感じている」という『自己暗示的なモノ』を自らにかける人もいる。

自分の命はあと僅かだと自作自演する人もいる。一度嘘を言うと、その嘘がバレないように次々と嘘で固めていく」という事態に陥る。そして自らも事実だと信じ込んで「脳が崩壊していく」と。

そして「これらの症状が出ている人は騙されやすい」のね。っていうか、騙された方々は「一度騙されたら、自力でその沼地から抜け出すのは不可能に近い方々」だね。

『弱ってる心』に「火と油を注ぐ」と、爆発的に燃え広がるよ。今回の余命事件はそれに近い。

余命事件は「住吉会の二次団体の小林会」『日本青年社』が絡んでいると思うよ。Textream(ヤフー掲示板)でその名前を出しておれを脅してきた奴もいたし。そして、これらの団体関連の事件でも『空想虚言症』が原因だと思われる事件が起きている。

『有栖川宮詐欺事件』という事件ね。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A0%96%E5%B7%9D%E5%AE%AE%E8%A9%90%E6%AC%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ラスト。 (匿名希望マン)
2018-11-14 20:42:05
大正時代に断絶している『有栖川宮家』を語り、偽の結婚披露宴を行ってご祝儀等を騙し取った事件。

この事件については「犯人の証言は全て嘘だった」と証明されて、犯人二人は刑務所で服役していたよ。

だけど、この二人の犯人は「未だに『自分たちは皇族である』と思い込んでいるの。

犯人は『北野康行』と『坂本晴美』という人物。

この二人は「嘘をついているという自覚がない」し「自分の言ったことは全て真実だと思い込んでいて、悪気などはない」の。

多くの虚言癖は『注目されたい意識』『理想と現実のギャップ』からついてしまう嘘。この二人は日常的に「皇室と信じ込む嘘がある」とすれば『パーソナリティの障害』と考えるのが妥当だろう。そして『小坪慎也大先生』も似た感じ。

『パーソナリティの障害』は「人格の形成過程において何らかの歪みが生じ、精神的に未成熟なまま大人になった」という話がある。治療は精神科の分野。また『病気』と言うよりも『病的』と言った方が正しい。

そして、その中でも一番の問題は「他者に危害を与える言動や行為」だね。余命事件の一番の問題点はここ。

更に、この『空想虚言症』の場合は「治療を受けた」としても「本人が自覚し、問題意識を持たないと治ることはない」よ。そして、当然、社会に出ても失敗して、家族ですらも離れて行く。また、同じ障害を持つ同士が引き寄せ合うケースも少なくない。

余命事件は「本来なら交わることの無い、離れている人たちが『ネット』というモノを介して、繋がっちゃったから起きた事件」とも言える。

これは「一種の社会問題と捉えて、解決させていかなきゃいけない問題」だと思う。そして「病気の人たちを焚き付けるのに協力した国会議員や自称・専門家は、何らかの責任を取るべき」だよ。
Re:市長選挙 (terumi_satoh)
2018-11-14 20:51:53
バナナさん

沖縄の件で自民党からそっぽ向かれてるんじゃないですかねえ……。
口出させてもらえるのかどうか。
それこそ、「偉い人」に、手を出すな、口出すな、とか
言われちゃうかもしれませんねw
Re:顔面擬装事件 (terumi_satoh)
2018-11-14 21:11:18
田舎のおっさんさん

ねー、別人ですよね。
顎もシュッとしてるし。

バズフィードの写真、顔をぺたっと貼り付けたように見えるんですよ。
首がないように見えるの。
角度の問題なんでしょうけど、まさかのコラ?とか思って。
口元に締まりありませんよね。

小坪氏の目は、行橋を向いていません。
自分が入りたくても入れない自民党、
関わりたくても関われない国政や外交、
ないものねだりなんです。
できないことに口を出したがってるんです。
やってることは、ただの運動員なんです。
行橋市議会議員を乗る資格はないと、私は思いますね。

写真を撮って、印籠のようにかざす。
「誰かは言えないけど」偉い人から頼まれた。
結局人の褌で相撲を取ることしかできないんです。
あの人は、それだけの器なんですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事