大野威研究室ブログ

おもにアメリカの自動車産業、雇用問題、労働問題、労使関係、経済状況について、最近気になったことを不定期で書いています。

アルゼンチン、政策金利を40%に引き上げ

2018年05月05日 | 日記

 2018年5月4日(金)、アルゼンチンは政策金利を40%に引き上げた

 アルゼンチン中銀は、先週の金曜と今週木曜にそれぞれ3%今週金曜に6.75%8日間で12.75%の政策金利の引き上げをおこない、ついに政策金利は40%という高水準に達した。

 フィナンシャル・タイムズ(2018/5/5)によると、アルゼンチン通貨ペソは今年に入ってから対ドルで15%下落しており、今回の利上げはこれ以上のペソの下落とインフレの上昇(現在は25%を超える)を食い止めるためにおこなわれた。

 ちなみにウォール・ストリート・ジャーナル(2018/5/4)は、アルゼンチンは先週50億ドル(5,500億円:1ドル=110円)のドル売り介入をおこなったが効果がなかったと述べるとともに、このペースで介入が続けば2か月で外貨が底をつくとしている。

 なお前掲FT紙は、利上げの発表後、ペソは対ドルで2.3%上昇してその日の取引を終了したと伝えている。

参考

新興国通貨が下(2018/5/1)

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« ドイツの電気自動車の販売、... | トップ | アルゼンチン、IMFに信用供与... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事