いい加減社長の映画日記

ウダウダのいい加減社長の映画鑑賞の感想などを載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラブリーボーン/The Lovely Bones

2010-02-01 07:15:30 | 映画(ラ行)

金曜日のレイトショー。
スピルバーグ総指揮ということと、なんともファンタジーっぽい予告編に魅かれて「ラブリーボーン」を鑑賞。

UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしては、普通の人出。
ラブリーボーン」は、大きめのスクリーンで、3~4割。


【ストーリー】
スージー・サーモンは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまった。
父は犯人探しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦み、家を飛び出してしまった。
スージーは天国にたどり着く。
そこは何でも願いがかなう素敵な場所で、地上にいる家族や友達を見守れる。
スージーは、自分の死でバラバラになってしまった家族のことを心配しながら、やり残したことを叶えたいと願う。

【スタッフ&キャスト】
監督:ピーター・ジャクソン
出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン


う~~~ん、ファンタジーなのか、ミステリーなのか。

心残りがあって、天国とこの世の境目を漂う(?)スージー(シアーシャ・ローナン)。

いろいろな要素がありすぎて、全体としてあいまいになってしまった感じ。

スージーが殺害されて、その犯人を追いかける(?)ミステリー。
スージーがいなくなったあとの、心がすれ違い始めた家族の物語。
スージーが天国にたどりつくまでのファンタジー。
そして、スージーの初恋(?)。

それぞれがまったく別というわけではないんだけど。

どうも、どれも中途半端な感じ。

スージーが自分の存在を家族に伝えるところも、存在を感じさせることはできても、メッセージを伝えることはできない。

犯人を疑うところも、なぜ目をつけたのか?雰囲気?

最後は、証拠を見つけるのだけれど・・・

作品のラストは・・・・「そうきたか^^;」

なんとなく、期待はずれかな。


【関連ニュース】
自分に何が起こったか考える映画 「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナン(MSN産経ニュース)
シネマの週末・トピックス:ラブリーボーン(毎日jp)
変幻自在 映画「ラブリーボーン」に主演のシアーシャ・ローナンさん(asahi.com)
14歳で殺された少女の視点で描く物語は、意外な方向から生を肯定する。幻想的な映像が美しい。(70点)(映画ジャッジ<巧映画批評>)
死は終わりではない。(Fe-MAIL)
『ラブリーボーン』シアーシャ・ローナン 巨匠たちを唸らせる15歳の天才少女の素顔は(cinemacafe.net)
『ラブリーボーン』15歳の天才女優シアーシャ・ローナンが笑顔で初来日!(cinemacafe.net)
15歳の色気に石川梨華もため息。「ラブリーボーン」主演の美少女が初来日!(ハリウッドチャンネル)
S・スピルバーグ&P・ジャクソンが認めた若手実力派女優シアーシャ・ローナンが来日(@ぴあ)
スピルバーグも絶賛 『ラブリーボーン』主演の美少女シアーシャ・ローナンが来日!(MOVIE Collection)
「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが自主退学(eiga.com)
「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが自主退学(MSNエンタメ)
『ラブリーボーン』のマーク・ウォールバーグ、妻との最初のデートは教会での日曜礼拝(シネマトゥデイ)
超かれんな15歳の森ガール!『ラブリーボーン』シアーシャは13歳でアカデミー賞にノミネート経験の実力派(シネマトゥデイ)
14歳の少女が物語冒頭で殺される!深刻な社会問題を彷彿とさせる『ラブリーボーン』の衝撃の中身(シネマトゥデイ)
シアーシャ・ローナンの視線の先がスペクタクルだ!(eiga.com)
美輪明宏「ラブリーボーン」主演の15歳女優の顔を絶賛(eiga.com)
美輪明宏『ラブリーボーン』試写会に登場!「死者を身近に感じるなんて日常茶飯事」(cinemacafe.net)
冥界からのメッセージは日常茶飯事? 美輪明宏『ラブリーボーン』イベントで語る(MOVIE Collection)
美輪明宏、おすすめの“パワースポット”は? 「ありません、そんなもの」(オリコンキャリア)
美輪明宏が過去のホームレス経験を激白!迷いの多い現代を生き抜く知恵を伝授!!(livedoorニュース)
美輪明宏「ラブリーボーン」主演の15歳女優の顔を絶賛(アメーバニュース)
スピルバーグも絶賛!シアーシャ・ローナン初来日決定(eiga.com)
未来のハリウッドを担う「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナン、初来日決定(MSNエンタメ)
スピルバーグも絶賛!シアーシャ・ローナン初来日決定(MSNエンタメ)
衝撃!『ラブリーボーン』は全然“ラブリー”じゃない!(Walker plus)
15歳の実力派女優が語る“P・ジャクソン映画を支えるふたりの女性”(@ぴあ)
ピーター・ジャクソン監督最新作『ラブリーボーン』レビュー(サーチナ)
15歳、シアーシャ・ローナン、はにかみながら「初恋はまだなの……」(シネマトゥデイ)

【関連ブログ】
ラブリーボーン(★YUKAの気ままな有閑日記★)
『ラブリーボーン』 (2009) / アメリカ・イギリス・ニュージーランド(Nice One!!)
ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES(我想一個人映画美的女人blog)
ラブリーボーン(ともやの映画大好きっ!)
ラブリーボーン・・・・・評価額1500円(ノラネコの呑んで観るシネマ)
ラブリーボーン [映画](映画鑑賞★日記・・・)
ラブリーボーン 心残りがそこか~=( ・_・;)⇒ アレ?(労組書記長社労士のブログ)
ラブリーボーン(悠雅的生活)
劇場鑑賞「ラブリーボーン」(日々“是”精進!)
ラブリーボーン(Akira's VOICE)
試写会「ラブリー・ボーン」(流れ流れて八丈島)
『ラブリーボーン』 試写会鑑賞(映画な日々。読書な日々。)
「ラブリーボーン」を観る(紫@試写会マニア)
ラブリーボーン(とりあえず、コメントです)
ラブリーボーン(ジジョの五感)
ラブリーボーン(LOVE Cinemas 調布)
「ラブリーボーン」(てんびんthe LIFE)
ラブリーボーン(試写会) THE LOVELY BONES(まてぃの徒然映画+雑記)
ラブリーボーン (試写会)(パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ラブリーボーン(佐藤秀の徒然幻視録)
映画レビュー「ラブリーボーン」(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
[映画『ラブリーボーン』を観た](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
ラブリー・ボーン(あーうぃ だにぇっと)
ラブリーボーン(Memoirs_of_dai)




【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/

コメント (1)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« Dr.パルナサスの鏡/The Imagi... | トップ | ゴールデンスランバー »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファンタジックな世界 (iina)
2010-02-02 09:36:15
この世とあの世を行き来する魂のファンタジックな世界を描く
ミステリーでしたね。
魂は、最低限のことしか行えないという制限の下で遣り残した
ことを最後に実現しました。

チケット・スタンプを5枚貯まっての無料鑑賞は、いつもとは
毛色の違った作品にしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(ラ行)」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソン最新作! 先日行われた試写にて鑑賞☆公開は今月末。 14歳の少女、スージーには「つぐない」...
ラブリーボーン (もののはじめblog)
ことし封切初日の映画を、{/m_0058/}「サロゲート」につづいて鑑賞。 殺された少女が、家族や友だちを天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。 30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、『ロード・オブ・ザ・リン...
[映画『ラブリーボーン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、  私は、せめてせめて、被害にあった子たちが、死後の世界で幸...
ラブリーボーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘...
ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:200...
ラブリーボーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE LOVELY BONES) 【2009年・アメリカ/イギリス/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★☆) 全世界で1000万部を越えるアリス・シーボルドの同名小説を映像化。 14歳で殺害された少女が、天国と地上の間をさまよいながら、残された家族や友人たちを見守り続...
ラブリーボーン (LOVE Cinemas 調布)
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つ...
ラブリーボーン (Memoirs_of_dai)
霊体質少女の使い方… 【Story】 スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑...
ラブリーボーン (ゴリラも寄り道)
<ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、...
★「ラブリーボーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
「ラブリーボーン」 ◆感想を追記しました。 (MOVIE レビュー)
1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。 1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少女が天国へ行くのですが、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、何...
ラブリーボーン(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年6本目です。 【あらすじ】 1973年12月6日。 学校の帰り道に、近所に住む男ジョージ・ハーヴェイ(スタンリー・トゥッチ)に呼び止められ、そのまま殺されてしま...
天国と地上の間~『ラブリーボーン』 (真紅のthinkingdays)
 THE LOVELY BONES  幸福な家庭で両親に愛され、美しく成長した14歳のスージー・サーモン(シア ーシャ・ローナン)。ある冬の日、彼女は...
ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES (銅版画制作の日々)
ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。   東宝シネマズ二条にて鑑賞。いきなり14歳の...
ラブリーボーン (心のままに映画の風景)
家族に囲まれ幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で近所の男に殺され...
「ラブリーボーン」 死により生を描く (はらやんの映画徒然草)
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と
家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 (水曜日のシネマ日記)
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。
【映画】ラブリーボーン (新!やさぐれ日記)
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしま...
ラブリーボーン (Movies 1-800)
The Lovely Bones (2009年) 監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スタンリー・トゥッチ アリス・シーボルトの全米ベストセラー小説の映画化で、殺害された14歳の少女が、地上と天国の間の不思議な空間...
「ラブリーボーン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んでいた」というオチの作品は多々あるが、殺された側から...
『ラブリーボーン』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作
ラブリーボーン (2ちゃんねる映画ブログ)
【ピーター・ジャクソン最新作】 ラブリーボーン The Lovely Bones http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1258382928/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 23:48:48 ID:Jd6VaVje 日本公式 http://www.lovelyb.jp/ ピーター・ジャクソン...
ラブリーボーン (The Lovely Bones) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力...
【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/...