いい加減社長の映画日記

ウダウダのいい加減社長の映画鑑賞の感想などを載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次郎長三国志

2008-09-21 18:57:40 | 映画(サ行)
時代劇は、あんまり得意な方じゃないんだけど。
豪華なキャストに魅かれて、「次郎長三国志」を鑑賞。
レイトショーのダブルヘッダー2本目だけに、記憶をなくさないか、心配だけど^^;

UCとしまえん」は、まだ観終わった人たちが帰りきっていないのか、この時間にしては、多いほうかも?
次郎長三国志」は、小さめのスクリーンで、1~2割。
ま、こんなもんでしょうね^^


【ストーリー】
祝言をあげたばかりの妻、お蝶(鈴木京香)を置いてけぼりにし、三年にわたる渡世修行に出かけた駆け出し博徒、次郎長(中井貴一)とその子分たち。
右腕となる軍師的存在、大政(岸部一徳)をはじめ、悪臭を放つ坊主くずれ、法印の大五郎(笹野高史)、意外な素顔を持つご存知、森の石松(温水洋一)、伊達者の美青年、追分政五郎(北村一輝)ら、旅を重ねるうちに、次郎長の男っぷりに惚れたヤツらが、次々に仲間に加わっていく。
清水に帰還した次郎長は、さらにはお蝶にまでモーションをかけてきた、とんでもないロクデナシ(木下ほうか)まで拾い上げ、やがて東海道中にその名を轟かせるようになる。
しかし、知られれば知られるほど、立ちはだかる敵も増えてくる。
甲州で一大勢力を誇る黒駒の勝蔵(佐藤浩市)、石松の宿敵でもある極悪人、三馬政(竹内力)、さらには一家の裏切り者、久六(蛭子能収)らが入り乱れて、大変なことになる。
そんな中、お蝶が病に倒れ、さらにはとんでもない事態までが起こってしまう。
絶対絶命のピンチに陥った次郎長。
さあ、いったい、どうする?
そして、子分たちが選ぶ運命は?
次郎長一家は、いよいよ壮絶な闘いを迎えることになる……。

【スタッフ&キャスト】
監督:マキノ雅彦
出演:中井貴一、鈴木京香、岸部一徳、笹野高史、北村一輝、温水洋一、近藤芳正、佐藤浩市


時代劇は、いまいちストーリーが見えすぎたり。
スピード感がなかったり、みたいな感じで苦手ではあるんですが。

この映画は、好きな俳優さんがたくさん出てたりするんで。
観てみようかな、と。

ま、そこそこ面白かったかな。

24時スタートということで、眠りに落ちそうな気もしてたんだけど。

起きていられたってことは、まずまずだったんでしょう。

結構、笑いもおきてたしね。


「しみず~~みなとの、めいぶ~つ~は~~」

聞いたことのあるテーマソングに乗って、次郎長一家が登場。

それぞれ個性のあるメンバーが出てきて、楽しみ。

次郎長親分は、中井貴一さん。
いい演技でした。

恋女房のお蝶は、鈴木京香さん。
ちょっと悲しいストーリーだけど、熱演でした。

他にも、大政の岸部一徳さん、くさい坊主の笹野高史さん、森の石松は温水洋一さん。
などなど、個性派俳優が。
岸部一徳さんの殺陣は、なんかぎこちない感じがしたけど?

子分の中では、北村一輝さんがかっこよかった。

イケメンって、時代劇だとなかなか似合わなかったりするんだけど。
結構、いい感じで色男を演じていました。

いろんな人間の恨みをかってる三馬政には竹内力さん。
でも、なんか単なる狂人みたいだったなぁ。

今回は、出番としては少なかったけど。
おそらく宿敵となる黒駒の勝蔵に佐藤浩一さん。
インテリヤクザっていう感じ?

そういえば、次郎長の兄弟分として、大友康平さんも。
結構違和感のない演技で。
主題歌も大友さんが歌ってるのかと思ったら、宇崎竜童さんでした^^;

女優陣も、鈴木京香さん以外にも魅力的な登場人物。

女渡世人のお仲に高岡早紀さん。
水戸黄門の由美かおるさん的な位置づけ?
なかなか色っぽくて^^

佐太郎(大友康平)の女房お園に、木村佳乃さん。
こちらも、いい女です。


そういえば、監督(マキノ雅彦=津川雅彦)の家族も総出演?

ちょこっとだけだったけど、奥さんの浅丘雪路さん。
こちらも、出番は少なかったけど、存在感を見せた兄の長門裕之さん。

なんといっても、活躍(?)したのは、娘の真由子さん。

浮気男の鶴吉(木下ほうか)の女房おきんの役。

これが、なかなか強烈な威勢のいい女で。

ちょっと、これまで持っていた真由子さんのイメージが変わりました。

残念だったのは、久六役の蛭子能収。

完全に芝居をぶちこわすようなひどい演技、セリフ。

これだけは興ざめ。

他にも、いろいろ魅力的な登場人物で。

笑わせ泣かせの面白い映画でした。


でも、TBの送信先を探したんだけど。
あんまり、いつも読ませていただいてる方は、ご覧になってないようで^^;
ちょっと人気はないのかな?


【関連ニュース】
【記者ブログ】懐かしいチャンバラ~次郎長三国志 清水満(MSN産経ニュース)
【動画・独占インタビュー】「次郎長三国志」を現代に甦らせたマキノ雅彦監督 名門マキノ家に代々伝わる娯楽演出の極意とは!?(MovieWalker)
マキノ雅彦監督が中井次郎長に太鼓判!「次郎長三国志」を語る(eiga.com)
“次郎長”初心者でも問題なし! 愉快痛快時代劇 見応えたっぷりの『次郎長三国志』(cinemacafe.net)
シネマの週末・トピックス:次郎長三国志(毎日jp)
マキノ雅彦監督が梅蔭寺へ墓参り、「次郎長三国志」PR 静岡(MSN産経ニュース)
マキノ雅彦監督が「次郎長三国志」をリメーク(asahi.com)
映画『次郎長三国志』マキノ雅彦監督が清水の次郎長のお墓にヒット祈願(CINEMA TOPICS ONLINE)
次郎長三国志(eiga.com)
[KIYOMIのとびっきりムービー]男の美学「次郎長三国志」(おおさか報知)
温水洋一に独占インタビュー!人気キャラの森の石松役「僕でいいの?」(シネマトゥデイ)
中井親分「投げ出すな」 映画「次郎長三国志」(CHUNICHI Web)
浅草寺に次郎長一家が参上!マキノ雅彦監督作「次郎長三国志」会見(eiga.com)
マキノ監督率いる次郎長一家が浅草ジャック(Variety Japan)
「次郎長三国志」 カラーで蘇る これぞ、時代劇!(映画の森)
次郎長三国志(CINEMA TOPICS ONLINE)


【関連ブログ】
次郎長三国志(Akira's VOICE)
映画:次郎長三国志 試写会(駒吉の日記)
次郎長三国志(オイシイのがお好き?)
映画の話・パート3(「小次郎」日誌)


【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ウォンテッド Wanted | トップ | アイアンマン Iron Man »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(サ行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

次郎長三国志 (シネマ大好き)
予告編で流れてたロック調の曲に惹かれて「次郎長三国志」を観に行ったら、観客の年齢層が思いっきり高くてびっくり。 三年の渡世修行から帰った次郎長(中井貴一)は、喧嘩の仲裁に入ったために人殺しの罪を着せられて御用の身になり、お蝶(鈴木京香)との祝言の夜に...
「次郎長三国志」 清水湊の名物はぁ~ (はらやんの映画徒然草)
清水と言ったら、ちびまる子ちゃんと次郎長くらいしか知らない。 と言っても次郎長に