毎日、1000件以上のアクセス、4000件以上の閲覧がある情報発信ブログ。花や有機農業・野菜作り、市民運動、行政訴訟など
てらまち・ねっと



 新しい風ニュース173号(10月29日付け)を東北の旅の前に作って印刷しました。
 31日月曜日の朝刊に折り込んでの全戸配布用B4版両面の11000部。
 今回は9月議会の一般質問の報告が中心。
◆2005/10/29 新しい風ニュース173号 05年10月29日号の全文
   テキスト版10KB    PDF版257KB

● 伊自良地区の畜産環境問題
 伊自良地区では、新しい住宅がどんどん増えている一方、従来からの畜産(牛・豚・鶏)が大規模化し、その悪臭やハエなどの問題が大きな課題になっています。
 何しろ、岐阜地域ではこれだけの規模や密度で畜産が行われているところは他にありません。
 自治体合併前に解決が進まなかったことで、合併した新市の大きな課題になっています。行政の責任は大きいと思います。そこで、一般質問でとりあげました。
 市の認識をお伝えするために、ニュースには、ほぼ全文を掲載しました。
 また、ペーパーニュースにはない、Webページだけの特別資料として「畜産環境問題解決の方策検討のための委託事業・仕様書」も掲載しました。
   ニュース173号のところに資料へのリンクあり

● 決算議会  水道事業の損害のこと
 9月議会は決算議会とも言われます。私は、水道事業決算について、水のロスが極めて多いと感じます。市が作って配った水に対して実際に料金をもらえた水の割合を有収率といいます。山県市では、この率が極めて低く、しかも、前年からさらに4.4%も低下。私は料金として回収できなかったのだから「損」とみています。

● ゴルフ場を残土で埋めた業者  瑞浪市での不法投棄で逮捕される !
 瑞浪での産廃の不法投棄容疑で、『西部開発』代表山本らが逮捕されました。この業者は大桑のゴルフ場を建設残土で埋め立ていた業者です。逮捕後の県警の取調べに対して、山県市、岐阜市でも不法投棄したと供述していることが報道されました。
 今年3月議会で私が一般質問しましたが、ここは森林法違反などで2月から残土搬入をストップしていました(新しい風ニュース168号参照 テキスト版9KB  PDF版423KB)。ですから、それ以前のしわざ。
 私が昨年8月にニュース 157号 テキスト版10KB(現地写真へのリンクあり)で問題を指摘したら、しばらくしてこの代表から電話がかかってきました。その時「これ以上書くと、ただじゃ済まんぞ」と、電話の向こうから。
 とはいえ、構わず、続編を掲載しました(158号 テキスト版12KB)。
 この代表は、議会・委員会の視察に対しても、「絶対、変な物は入れていない」「いつ見に来てもいい」と豪語していたんですが・・・
 今、私たちの取り組んでいる三重県・石原産業のフェロシルト問題(詳細は私のブログを)、岐阜県知事はこの反省から、「残土条例」を制定する予定と報道されています。県条例ができれば、ゴルフ場だけでなく、どこかを残土で埋め立てることも規制の対象に。
(このリンクのみ追記⇒)2006年2月16日・県警の現場検証
・・・・・・・・・・・・・・
 今日30日夜7時過ぎに家に戻りました。昨日、今日の写真の整理ができないので、旅のことは明日にします。
 一週間、メールBOXを開けずに溜め込んだので、開けるのがコワイ~~


コメント ( 0 ) | Trackback ( )



« ◆紅葉の旅-そ... ◆フェロシルト... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。