毎日、1000件程度のアクセス、4000件以上の閲覧がある情報発信ブログ。花や野菜作り、市民運動、行政訴訟など
てらまち・ねっと



 選挙が済んで、ちょうどいいタイミングで、キンリョウヘン(金陵辺)が咲いた。
 キンリョウヘン(金陵辺)は日本ミツバチを呼ぶ特別な花。
 一昨日、捕獲用、いやミツバチに自主的に入ってもらう巣箱を2組みセットした。

 すぐに偵察隊が来たので、期待は高まった。
 しかし、昨日は、ニホンミツバチの分蜂群がこなかった。
 今日こそは・・・と期待している。
 ”天然・まかせ”、成行き任せのニホンミツバチとのおつきあい。

人気ブログランキング = 今、3位あたり
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←

 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

先月からつぼみだったキンリョウヘンが選挙中に開花。
   

キンリョウヘンの花は、日本ミツバチを誘引する物質を出すので、
日本ミツバチがよってくる。

   
次々につぼみが開いていくので、さっそく鉢全体をネットで包んで、
家の西のがけの下に、待ち箱といっしょにセット。

  

箱の中には、蜜蝋と砂糖蜜を塗る。
   

これで準備完了。
あとは、ミツバチがやってくるのを待つ・・・
   

箱とキンリョウヘンをおいて1時間ほどで、日本蜜蜂がやってきた。
偵察隊。次々に増えて30匹くらいに。

分蜂群、来てくれるか。

もともといた日本ミツバチは、スムシが卵を産み付けているかもしれない
一番下の段の箱を替えた。

巣箱の中の鉢の様子もフラッシュで映したので、記録。

 ⇒ 

入り口が小さくなったので、残っていた砂糖蜜を外に置いたら、
   
みんなでてきて夢中で蜜を吸っている。
  
あっという間に、カラ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ここから私の写真)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キンリョウヘン(金陵辺)の開花株を置いた巣箱

(どの写真もクリックすると拡大。写真右下あたりのクリックでさらに拡大)


キンリョウヘン(金陵辺)の開花時にポロリと落ちた花の小片と砂糖蜜を置いた巣箱


4月7日ごろに オス蜂の”ふた”らしきを確認した

4月12日


4月22日




この間、巣崩しが激しかった。巣虫にはいられている。
    


巣箱の掃除は私の仕事。
夕方暗くなりかけとか、早朝なら、特製掃除機で掃除も簡単に済む。
この間は、2日に一回は掃除した。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 4月24日(火)の... 4月25日(水)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
2015.5.19 11:25
旧カウンターから移行
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
宅配買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***
 

アクセス ナウ
→  ←