毎日、1000件程度のアクセス、4000件以上の閲覧がある情報発信ブログ。花や野菜作り、市民運動、行政訴訟など
てらまち・ねっと



 さあ、2シーズン目に入るヤマイモのパイプ栽培。4月22日に定植しました。
 昨年の植え付けの様子は 昨年の5月4日のブログ

 今年は、昨年のパイプ10本に、50本を買い足して(398円/本)、60本作ります。パイプの値段は、135cmパイプで600円くらいまで、1mパイプで350円から550円くらいまで。一番安い店で、取り寄せてもらった宅配便の発ラベルは、なんと、パイプの特許をとっていると思われる『政田自然農園』から。
なお、今回調べたら、通販もあり。 

 (お役立ち情報やこの投稿の「 」中のことは後編の文末で整理)
 (必ずしも、パイプを使わなくても、波板でもいけそうなので、後編に)
 (20センチほどの溝で良いとの作り方もあり。後編で)

  (2008年に追記 ⇒ ◆波板栽培も /今年は有名な蕎麦屋さんと契約栽培も)

人気ブログランキング参加中  ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックして →→人気ブログランキングへ←←このワン・クリックだけで10点

 ヤマイモは、これで実質の作業は終わり。あと草よけに紙マルチを敷き、4mほどの本支柱を立てるくらい。なんと手間のいらないおイモさん。

 1ヶ月、部屋の中で芽だし。長いツルは1m以上。一部には芽がわずかにしてか動いていない芋もあり。
ただし、「つるがある程度伸びるまでは水分がいる」そう。今回の私の芽出しのやり方は乾燥ぎみだから、お勧めできないね。
(どの写真もクリックすると拡大。写真右下あたりのクリックでさらに拡大)

 まず、畑にメジャーを伸ばして、米ヌカでラインひき。通常の野菜作は、消石灰でもかまわない。が、ヤマイモ畑では、「石灰は禁物」だそう。パイプの中には米ヌカも入いらないように。


 幅15cmのスコップで、またいで溝掘り。昨年は幅25cmのスコップで掘って、さらに真ん中を幅15cmスコップで掘ったから、昨年と比べたら随分楽。
 要はパイプが入る幅ならよい。


 「パイプの傾きは、15度から20度」とされている。計ると、135cmのパイプなので、約43センチの深さで掘って、グランドレベルをパイプ先端とすると20度になる。ちょうど長靴の高さだったので、その見当でいった。掘ること30分。2時間くらい覚悟したが、思ったより楽だった。


 パイプは土を入れて、埋め込みやすいように溝の傍に並べた。「土は、無菌の赤土」「石、有機物、肥料分のないこと」とされるとされているが、現実にそんなこともできない。写真でいうと、畑のパイプの右側の土を使った。石や草が入らないようには気をつけた。冒頭に紹介した新型パイプは、その畑の土で行くわけだから、ま、良し、さ。


 パイプへの土入れは大変面倒だろうと思いつつ、スコップか何かでいれようと作業開始。その時、ふっと思いついた方法は、正解だった。写真の3本のパイプのうちの右のパイプ、右手でパイプに雑にフタ(右手でフタをして持つということ)をして、パイプの皿を土にサッと入れて土の上を削るように土をすくう。写真の真ん中のパイプのように、先端を斜めに上げて、右下にしてトントンとすると楽に入る。10回も繰り返せば満タンに詰まる。「土は、ガサガサで土圧が無いとその部分の芋は太らず細くなる」そう。不思議だ。1本に「4キロから5キロ入れる」。これも約30分。


 この長い溝に順にパイプを埋めていく。
 手前の四角い穴は、来年用のタネイモの育成場にするところ。そのやり方は、続編で紹介する。


 パイプの間隔は、昨年は初めてなので50cm。今年は「20cmでよい」とのことを信じる。パイプの受け皿部分の上下の長さところがちょうど20cmだったので、皿、皿、皿と重ねていけばよいことにした。


 これナンに見えますか?
 ウナギの高層住宅とでも。
 びっしりと立体的に並ぶパイプ。
 これは、痛快、痛快。 秋と冬が楽しみ。この収穫の楽しみは誰にも渡したくないから、怪我や病気をせずに長生きしなくちゃ。


 壮観でしょ。キッカリ、12メートルに60本。
 右側の土は、パイプの埋め戻しのために崩したので、低く見える。左が元々のグランドレベル。埋め込み作業も30分


  
 両側とも土を寄せる。「パイプから20cm上に発芽、発根点を置く」とのことなので、土をかなり盛り上げる準備をしておく。作業30分。

 
 パイプの受け皿の位置を正確に認識するための棒(割竹でもよい。私は食事で使った竹箸を転用)を仮置きする。箸の長さは23cm。「パイプから20cmのところにイモを置いて、その上に5cm土をのせる」というから、少し足らない。上5cm残すことにした。パイプの受け皿の真ん中に箸を当て、ずれないようにしっかり押さえて、皿の上に土を手でしっかり盛り固める(ラーメン鉢をひっくり返したような状態になる=畑栽培用語では「鞍(くら)つき」といえる)。理想的には、この盛り土もパイプ中と同じ無菌土が良いのだろう。これで植え位置が決まった。

 
 両側に土を盛る。箸の固定と土盛りで30分。

 
 ヤマイモの根の不思議。畑で既に自生して出た芽があったので、掘ってみる。白い根が地表のすぐに下を放射状に広がっている。掘った時、何本かの根を切ってしまった。根の張り具合は横のブロックと比較してみて。
 パイプの受け皿に近いところに(浅く)植えると、これの放射根がパイプの中にはいって成長に不都合らしい。それが、「必ず20cm上に植えること」となる理由らしい。

 この図は、偶然に聞きつけて教えてもらった講習会(後日、紹介)での説明資料。政田農園のパイプの販売の店舗に置いてある説明チラシにも、解説本にも同様の図がある。
 案内の縦棒の位置も分かる。地表下の小さいイモは、タネイモ。タネイモの力でツルと放射根を伸ばし、直下に新イモを伸ばす。これを受け皿でキャッチして、バイプの中へ誘導するという原理を理解したい。
 写真の説明を転記する。
「主吸収根の成長の状態 つるのつけ根より8から12本発生して図のように分布する」
「約1/3 深さ5から10cmに平行形に伸長」
「約1/3 地面から見て角度45度の八字形に伸長」
「約1/3 真下の方向直下形に伸長」

 なお、植えるとき、タネイモをパイプの中に入れてしまう間違いをする人が少なくない。


  
 タネイモを並べていく。パイプに平行でもよいが、びっしり入れる場合は、左右交互にずらすのがよさそう。私は、タネイモが大きいので、その支えの土の山を両側に作るのは大変だから、片側だけにした。通常は数十gから100g位らしい。私は、今回、最大クラスは500から600gあたり。
 私がタネイモを水平に置いた理由・・先端を上にして斜めに植えると、いずれ土がしまっていくとき、(イモが大きいから)下に引っ張られて、発根部がパイプの皿からずれてしまうことを心配したから。なお、昨年は、50cm間隔だったので、パイプと同方向に水平に置いたが、今年は20cmだから、上記放射(平行形)根と競合する心配があるのでやめた。

 約5cmの土布団をかけた。
 このあたりまでで、30分。


  
 補助支柱がいる。私はビッシリ植えたので、キュウリネットで仮支柱とする。ネット張りに1時間。

 たっぷり潅水した。「ツルが2から3mになるまでは土の表面が白くなるようなら、過湿にならないように潅水する」とのこと。私は、昨年は、5月中位は何度か潅水した記憶あり。


 この続編、つまり、ムカゴなど来年植えつけ用のタネイモ作り、超省力定植方法や意外なヤマイモの生態のこと(つまり、私の誤解=今年のマイナス点=来年への改良点)などは、 次回「後編」4月28日に。
 このブログのヤマイモ栽培のことは、 カテゴリー 「ヤマイモのパイプ栽培」をどうぞ。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )



« ◆紫のモクレン... ◆グレーゾーン... »
 
コメント
 
 
 
チャレンジ (るな)
2006-04-27 20:10:29
長芋長編を拝見し、農業って科学なんだなぁと感じました。

てらまちさんの散文(?)、長芋を育てることは一生ないだろうわたしでも、大層おもしろかったです。

育ててみようと思っている方には、きっと身を乗り出すほど興味深いものだろうと想像に難くありません。



ひとつの植物を育てるにも、試行錯誤、経験、新知識、さまざまなことが混じり合って、ノウハウが形作られていくのですね。

てらまちさん風の、物事の進め方、この長芋栽培でもかいま見たような気がします。





 
 
 
ありがとうございます (Yoshi)
2006-04-27 22:46:24
てらまちさん、ありがとうございま~す。

このGWの休みの間に作業しようと思っていたので、その前に投稿していただいて助かります。

(^-^)



こんなに詳しく、xcm単位までの説明、

そう、この細かいところがわからないのです。感謝!感謝!



参考ではなく、これを印刷して畑に持っていきます。

「いいですか?」「いいでーす」「ありがとうございます」

すみませんが、自己完結させていただきました。(笑)



私もパイプを買いましたが、同じものでした。

10本買ったのですが、種芋がもう少しあるのであと5本程買い足します。



>なお、植えるとき、タネイモをパイプの中に入れてしまう

> 間違いをする人が少なくない

あぶなかったです。やってしまうところでした。



>タネイモの力でツルと放射根を伸ばし、直下に新イモを伸ばす。

>これを受け皿でキャッチして、バイプの中へ誘導するという原理を理解したい

これを読むまで、全く理解していませんでした。(爆)

そうかタネイモの力で、先頭のツルが根を出すのですね。

(ジャガイモとかと同じなんですね)

芽とは反対のタネイモのシッポが育っていくと思っていました。

なぜ芽のところに棒を差して受け皿に誘導するのか、その原理がわかっていませんでしたが、

今、理解しました~(笑)。謎がとけてよかったー。(喜)

この原理が理解できていないと、タネイモをパイプの中に入れてしまうのですね。



ほんと、ありがとうございました。

結果は、またブログで報告しますね。

 
 
 
ヤマイモづくり (●てらまち)
2006-04-28 05:27:47
★るなさん、おはようございます。



>農業って科学なんだなぁと感じました。



⇒確かに、そういう面はありますね。



>・・大層おもしろかったです。



⇒良かった(笑)



>ひとつの植物を育てるにも、・・さざまなことが混じり合って、ノウハウが形作られていくのですね。



⇒どんなことでも、そういうことの積み重ねですよね。



>てらまちさん風の、物事の進め方、この長芋栽培でもかいま見たような気がします。



⇒くすぐったい(笑)

 そんな風に言われたら、冬に送らないといけなくなりますね。



★Yoshiさん、おはようございます。



>このGWの休みの間に作業しようと思っていたので、その前に投稿していただいて助かります。



⇒そうでしたね。

 間に合ってよかった(笑)



>この細かいところがわからないのです。感謝!感謝!



⇒そう絶対的な数字でもないでしょうけど。



>自己完結させていただきました。(笑)



⇒おおいに活用して、そして修正してください。自分流に。



>同じものでした。10本買ったのですが、種芋がもう少しあるのであと5本程買い足します。



⇒そうでしたか。初年度から15本とはやる気ですね(笑)

 何とか、続編を今日したいと思いますが・・・そこで、深さ20センチでもよい作り方を載せます。

 今回の私くらい、つまり、上に40センチ以上の土を盛るなら、溝は10か20センチでも良さそうですよ。



>あぶなかったです。やってしまうところでした。



⇒普通は、前年のイモが太っていくと考えますよね。私も、去年、パイプの側にあった説明図をみて、初めて知りました。



>これを読むまで、全く理解していませんでした。(爆)

そうかタネイモの力で、先頭のツルが根を出すのですね。



⇒ツルがある程度伸びたら、そのツルが太陽の光を浴びて栄養を蓄える・・



>・・今、理解しました~(笑)。謎がとけてよかったー。(喜)

この原理が理解できていないと、タネイモをパイプの中に入れてしまうのですね。



⇒機械的に「パイプの上に置く」と覚えるのでなく、原理がわかれば、納得、でしょ。



>またブログで報告しますね。



⇒是非、お願いします。
 
 
 
おもしろそう (むく)
2006-04-28 07:01:49
じっさいにやってないので勝手なことおもいますが、パイプ栽培が楽しそうに見えます。

ウナギの寝床もようのパイプの中のヤマイモさんたち。

成長したら、だれのお腹にいくのかしら?

食べられる方はうらやましいで~す。
 
 
 
よく分かりますね、感心! (mukai-m)
2006-04-28 17:15:43
あっ、石灰は禁物だって! と思ったけれどすでに時遅しでした。

パイプをどうするか、いろいろ悩んだのですが、結局無精してパイプの要らない長さのねばり芋とかにしてしまった(笑)。もし、失敗したら、来年このエントリーをしっかり読み直して再トライします。ありがとう!
 
 
 
楽しいことの試み (●てらまち)
2006-04-28 17:39:23
★むくさん、こんにちは。



>じっさいにやってないので勝手なことおもいますが、パイプ栽培が楽しそうに見えます。



⇒縦のイモを掘る苦労を知っている人は、なおさらなんですよ。楽しいのは(笑)



>・・だれのお腹にいくのかしら?

食べられる方はうらやましいで~す。



⇒半分以上は希望の人に回したいと思っています、ちゃんとできれば(笑)

 ご希望でしたら、個人メール    tera-t@ktroad.ne.jp

しといてください。



★mukai-mさん、こんにちは。



>あっ、石灰は禁物だって! と思ったけれどすでに時遅しでした。



⇒もともと、有機農業では石灰は不要、と考えています。が、イモには有害のようですね。たぶん発育障害が起きる可能性があるのでしょうね。



>パイプをどうするか、いろいろ悩んだのですが、結局無精してパイプの要らない長さのねばり芋とかにしてしまった(笑)。



⇒その無精はあだになると思います(笑)

 ねばりイモだって、掘るのは大変ですから。特に出来がよければ。

 伊勢イモのように、ゲンコツ程度のイモならにともかく。



>もし、失敗したら、来年このエントリーをしっかり読み直して再トライします。ありがとう!



あとでアップするつもりですが、パイプ使わなくても、雨樋とかでもいいみたいですよ。

 試しに、今からでも、1.2本やってみてはどうでしょう(笑)
 
 
 
すごい!すごい! (jugon)
2006-04-29 17:31:57
山芋栽培大プロジェクト発動!って感じですね。12mに60本並んだパイプは本当に壮観です。



収穫が楽しみ♪
 
 
 
ワクワク (●てらまち)
2006-04-29 20:25:28
★jugonさん、こんにちは。



>山芋栽培大プロジェクト発動!って感じですね。12mに60本並んだパイプは本当に壮観です。



⇒ははは・・・ですね(笑)

 ホント、壮観ですよ。

 これを1本ずつ採っていくかと思うと、ワクワク。。。



>収穫が楽しみ♪



⇒結構、天候などにも左右されるらしくて、そのあたりが心配です。
 
 
 
我家でもチャレンジ (まつもと つとむ)
2007-03-05 12:40:14
昨年の秋、てらまちねっとで拝見し、ホームセンターでパイプ10本買いました@398(120cm)ようやく植付けの時期が迫ってきましたので、3/4塹壕堀を開始パイプを埋設しました。ところで、種芋はどこでうっとるとですか?
通信販売もよく見かけますが、かなり高価のように思えます。
 
 
 
種芋 (●てらまち)
2007-03-05 19:07:27
★まつもとつとむさん、こんにちは。

>昨年の秋、てらまちねっとで拝見し、ホームセンターでパイプ10本買いました@398(120cm)

⇒それはそれは嬉しい限りです(笑)

>ようやく植付けの時期が迫ってきましたので、3/4塹壕堀を開始パイプを埋設しました。

⇒そうですね。
 ただ、早く植え込んでおくと、ウィルスに汚染される可能性が高くなるそうですから難しいところです。

 桜の花の咲くころが植え付け開始時期とかいわれていますね。

>ところで、種芋はどこでうっとるとですか?
通信販売もよく見かけますが、かなり高価のように思えます。

⇒ウィルスフリーの自然薯の種芋だと一本400円前後ですよね。
 半分に折って使うと、どうしても、生育が遅いらしいです(即ち、太りが少ない)。

 イモにも種類があります。せっかくのパイプですから、伸びる種類にしたいですしね。

 こちら東海あたりでは、昨年は、4月ころに、種苗店やホームセンターで売りに出されたと記憶しています。
 前年の小さいイモを種芋にするのが一番よさそうですよ。

 私のところは、ずっと、自家で増やしてきました。今年は、奮発して、全部、ウィルスフリーの種芋で更新しようかと思っています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
2015.5.19 11:25
旧カウンターから移行
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
宅配買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***
 

アクセス ナウ
→  ←