tetaの日記

ご覧いただき、ありがとうございます。

激闘 サッカーW杯

2018年07月03日 | 日記

サッカーW杯 決勝トーナメント1回戦の日本対ベルギー戦。2ー3での敗戦。
惜しかった!

2点先行した状況からからの逆転負け。
ベルギーの勝利への執念が強かった印象です。守備から攻撃の切り替えの速さ、攻撃のスピードはさすがトップクラスだと感じました。

世界ランク3位の強豪に対して、大健闘と言える内容。素晴らしい戦いでした。


私自身、今大会は予選リーグで1勝することができるのだろうかと思っていました。
結果は1勝1分け1敗。初戦のコロンビア戦の劇的勝利から始まり、第2戦のセネガルは、2度も追いつき価値ある引き分けでした。第3戦は1失点で抑え、フェアプレーポイントで決勝トーナメント進出を果たしました。
第3戦終盤の試合内容に様々な意見が飛び交っていました。
その試合だけで完結するものであれば、1点取りに行くことを目指すはずです。
今回は決勝トーナメント進出という大きな目的があり、勝ち点で並んだ場合にフェアプレーポイントを用いるというルールがあった。
攻めることでさらに失点していまうリスクがあったことを考えると、0ー1で負けることを選ぶことが戦略としてあって良いと思います。
前半含めた試合の流れを見て、最善の方策だったと思います。

色んな要素が混ざると多様な見方が出てくると思います。
試合そのものは、負けよりも引き分けがベターですが、決勝トーナメント進出を重視すると試合の展開が変わってきます。

要素を細分化し、短期的な視点で見ると、行動が変わってくるのだと感じた試合でした。短期的なところしか見ていないようで、長期的な判断と言えます。
大きなビジョンとして、決勝トーナメントに進出し更なる戦いをすることに価値があったと思います。


この大会での4試合はどれも難しい試合だったと思います。様々な難しい判断をし、どのような展開でも諦めずに戦い切った選手、監督、スタッフの皆様に敬意を表します。
お疲れ様でした。
そして、素晴らしい試合、感動をありがとうございました!



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 夜も暑い! | トップ | 山ぶどう 入浴剤 »