束京電力のブログ

異論、反論は歓迎します。一切削除しません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

共謀罪法案を支援しよう。

2005年10月24日 11時32分46秒 |   
自由ネコ通信というブログの方から反論を受信した。

先方は私に"共謀罪支持の方へ"と呼びかけてきた。共謀罪支持ということは、共謀罪という犯罪行為を支持するということであり、組織犯罪処罰法の改正案(いわゆる共謀罪法案)を支持する者とは全く逆の立場だ。しかし自由ネコ通信は、このような単純な内容が理解できず、もう議論はできない、と事実上のギブアップ宣言をした。これにより何やら不戦勝のような形になってしまった。我々と異なる価値観を持つ外国政府や外国人にシンパシーを覚えるのは個人の自由だが、日本語で討論する場合には日本語をよく学んでから参加するべきであろう。

自由ネコ通信は、共謀罪法案の持つ危険性の根拠として、ある年度の総逮捕者数約143,000人から起訴されたおよそ93,000人を単純計算で差し引き、残りの50,000人は全て冤罪だ、あなたもあぶないのだ、と断言している。情状酌量や諸事情により不起訴になる場合や、犯罪行為の事実はあったが、嫌疑不十分で立件を見送らざるを得ないケースなどが一切考慮されていない。実に乱暴で稚拙な論理構成である。

自由ネコ通信は、このブログにコメントを入力してきた中川よりは共謀罪法案をよく読み込んではいるようだ。しかし、私に向かって"東京電力"と呼びかけてみたり、"共謀罪支持"という言葉の意味が理解できなかったり、論理の組立が粗雑だったりするなど、義務教育修了課程において、"よむ"、"きく"、"はなす"の習得があともう一歩のところで足りなかったのかもしれない。努力してほしいものだ。

テロリストやコミュニストは、独自の理想社会実現の為、合法・非合法を問わず日夜その活動を展開している。彼らは、ほとんどの日本国民から支持されていないが、勢力拡大の為に、"現在の政府は国民を、支配し、監視し、搾取する"というプロバガンダを所かまわず継続的に撒き散らす。女性タレントを広告塔に利用するという常套手段もある。それらは多くの場合には黙殺されるが、打ち込むべき仕事が見つからない、守るべき家族がいない、社会から正しい評価が得られない、などのマイナスの感情、コンプレックスを抱える者の心に共鳴する場合がある。

自由ネコ通信の製作したパンフレットを読んでみた。歪んだ情熱に支えられているのだろうか。なかなかの出来栄えである。負け組みが嫌なら、どのようにしたら勝ち組みになれるだろうかと考えてみる。逮捕されたくなければ、そうならない生き方を探してみる。そんな気持ちの切り替えをするのに"今日という日ではもう遅すぎる"などということは有り得ない。辛いのは世界中であなた一人だけだなんてことがある筈が無い。

今からでも充分間に合いますよ。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 共謀罪法案を可決させよう。 | トップ | 保坂展人が垂れ流すモノ »

コメントを投稿

  」カテゴリの最新記事

トラックバック

論理が見つけられない文章をあえて批評してみる (小市民の一日)
 改めてTB先の文章を読んでみましたが,まぁ,酷いですなぁ。決め付けと一方的断定で結論を導き出す手法しか見当たりません。論理が一つも見当たらないんです。こんな文章は久々。 これがまさに「論理的でない」というものの典型ですね。==============...