OVER THE RAINBOW      ~虹の向こうに~

宮崎天使ママの会の代表が思うこと
個人的な気持ちを書いたブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

先月、高校の看護専攻科で講義をしてまいりました。

2020-10-13 18:53:52 | ひとりごと

 

 

 

先月10日に講義をさせていただいた高校の生徒さんたちの

感想が届いていたのですが、92名分ということで

ゆっくり時間の取れる時に一人で読もうと思っていて

じっくり読ませていただきました。

たくさんの感想をいただきました。

昨年までは一部の生徒さんの感想だったのですが今年度は全員

「意味が分からなかった」とか書いてあったらどうしようかと

ドキドキしながら読みましたが、最初から涙腺崩壊

なにかひとつでも心に残ってくれたらいいなぁと思って

私の伝えられることをぎゅうぎゅうに詰め込んだので

しんどかっただろうなぁと思っていました。

ほとんどの学生さんが「知らなかったこと」なので衝撃であったと

書いてありました。 

自分の「命」に真剣に向き合ってくれた方

産婦人科に興味を持ってくれた方

助産師に興味を持ってくれた方

身内の方と「命」について話をしてそのことを書いてくれた方

身内の方に流産や死産をされた方がいて今回の講義の話を

して一緒に泣いたという方

今日の講義を一生忘れないと書いてくれた方

もっとたくさんこうしたケアの大切さを知って欲しいからいろんな

とこで講義してくださいと書いてくれた方(笑)

それぞれの感じ方でしっかりと学んでくれてくれていたことが

うれしくて泣きながら読ませていただきました。

将来はきっと県外に行くことが多い学生さんたちだと思うけれど、

どこに行っても患者さんの心に寄り添える看護師になってください。

私たちは宮崎で約15年活動をしてきました。

今思うのはこれから医療者となる方のためにグリーフケアの大切さ

について話ができる方(医療者、先生などいると思う)に県内の看護学校等で

1年に1度でよいので講義をしてほしいと思っています。

特に助産師過程ではグリーフケアがもう必須となりますのでね(ガイドラインに

載りましたし、教科書にも掲載されるので) 産婦人科には助産師だけでなく

看護師も勤務しますからね。。。知ってほしいなぁ

講義の時間がいっぱいで難しいという学校もあると聞きます。

今回の学校も通常の講義ができたのはコロナの影響で6月からだったそうです。

まだまだ母性の講義はこれから。。という時にこうして講義の時間をいただけたこと

に感謝です。 たくさんの元気と勇気をいただいたので私の、私たちの出来ることを

頑張っていこうと思いました。

HPを見てくれた学生さんもいたようです。 

関心をもってくれてありがとう。患者さんの心に寄り添える看護師になってくださいね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幸せをありがとう

2020-07-17 18:21:41 | ひとりごと

2ヶ月ぶりくらいの更新です。

今日、ある方からびっくりするような

ものをいただきました。

少し前にこうしたものがあるのを見て

元々非売品であったこと、買うとしたら

私にとっては高額であること。。で

あきらめていたものでした。

ものすごくリアルで抱っこしてびっくり

私の娘の身長と体重に近い感じで作って

くださったようで。。。もうただただビックリ

非売品であることは聞いていたので

沢山の方のお力と善意でいただいたものなのだと

とてもうれしくなりましたし、自宅に帰って

抱っこして写真を撮ろうとおろしたら

あまりのリアルさに涙が出てきました。

私の中で「新生児は娘以外だっこしない」という

ルールがあり?身内の赤ちゃんも抱っこしたことが

ないのですが15年ぶりに人形ですがとてもリアルに

赤ちゃんを抱っこできました。

あの時はたった1回しか抱っこできなかったから

とてもうれしくて懐かしい感触でした。

お人形もお洋服もすべて手作りということです。

彼女から「ずっとお世話になっていること、講義などでぜひ

使ってください。私からの誕生日プレゼントです」と

すごくうれしい誕生日プレゼントであり宝物と

なりました。これから私の相棒として看護学生の講義に

同行させたいと思います。 大切にします。。。。

この子は私が死んだら一緒に棺入れてもらおう

夏の終わりに講義をひとつ行うので昨日やっとゆっくり

こちらの報告書を読むことができました。

さすが大学の先生方、しっかりとまとめてくださっています。

私ももう少しだけ自分にできることを頑張ってみようなと

思いました。

幸せをありがとう もう少し頑張れそうです。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お久しぶりでございます。

2020-05-23 18:59:42 | ひとりごと

気が付けば。。。放置していたようですみません。

去年の9月が最後?いやいや半年以上も~

昨年度は後半に大学と共催のセミナーがあり

その準備に8月くらいから入っていたので

あっという間に年を越しました。

「地域貢献事業」ということでこれからまた

まとめた冊子が作られるようなので楽しみです。

そして。。。流産や死産経験者の方にはありがたい

助産師のガイドラインに「赤ちゃんを亡くした方へのケア」

の必要性が初めて掲載されました。

これまで沢山の先生方が頑張ってくださったので

その結果だと思います。私もうれしかった~

こうしたケアが全国で広まりますように

さて みなさん新型コロナウイルスで大変だった

事と思います。 私たちも病院への「天使のゆりかご」の

配達があるものですからいつも以上に気をつけました。

緊急事態宣言が出たときに初めて「人工死産(自己都合)の

方には使わないで欲しい」とお願いしました。

補充に行けないこともあり「自然死産」の方と

「人工死産(ご病気などでのもの)」の方を優先して

欲しかったのです。 自己都合の方はご自身で決めて

の方なので前もって準備できるのではないか。。と

考えました(最後くらい赤ちゃんのためにそうしてほしい)

もちろん、ママが用してくれたものが一番良いと思うので

自然死産の方にもできるだけそうしていただきました。

こうした緊急事態の時に色々考えさせられますね。。

本当になにかとバタバタしていた日々でした。

早く今までどおりの日常が戻ってきますように。。。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

先生方(医療系)にお願いしたいこと

2019-09-17 19:04:54 | グリーフケア

先日からずっと考えていたこと

1週間前ですね、高校の看護専攻科で

授業をさせていただいてから感じていたこと

各学校でせめて1コマでもグリーフケアの

授業があったらいいのではないかと。。。

もちろんすでに実行されている学校もあるでしょう

でも大半の学校ってどうなんだろ。。ないのではないかな?

死はタブーではないのだから積極的に学ぶべきだと

私は思う。

看護師だけでなくもちろん医者もね

少しでも学んでいれば医療者の態度や声かけで傷つく

患者さんも減るだろうし、何より医療者自身の助けにも

なると思うのです。

沢山の本も出ていますから教員が学んで授業するなり

外部の講師(様々な先生がいらっしゃると思います)に

頼んでも良いと思うのです。

医療の現場に出たらほとんどの方が「死」に直面する

ことになると思うのです。

目をそらすのでは無く、寄り添うということをぜひ

学んで欲しいなぁと思います。

これは私たちが自分自身、そして13年もの間に相談を

受けてきた中で感じたことです。

今、現場にいる医療者の方はもちろんこれから現場に立つ

学生にもぜひ学んで欲しいです。

医療者の声かけ、態度でどんなに傷つき、どんなに

助けられるかということを私は伝えたいです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

高校での授業終了

2019-09-11 20:52:38 | グリーフケア

今日は宮崎市にあります鵬翔高校の

看護専攻科にてグリーフケアの授業を

させていただきました。

1年ほど前にある天使ママの方がこちらの

先生に当会のことを話してくださり

今年度「ぜひ1コマ授業をしてもらえないか」と

お話をいただいたものでした。

とてもありがたいお話でお受けしたのですが

まだ実習に行かれていない学生さんに話を

することが。。。なかったので

授業の内容は色々悩みましたでも順調に行けば

1年半後には看護師として社会に出る学生さんなので

看護大や医療者向けにお話をしている内容とほぼ

同じものにしました。

ずっと真面目な話も飽きるのでたまに笑いをとったりして(笑)

とても真剣に聞いてくださる生徒さんたちでした。

一番伝えたかったことはしっかりと伝えられたのではないかなと

思います。

これからたくさんの学びの中で色々な経験をしてどうか

患者さんの心に寄り添える看護師になってほしいなと

思います。

本当に楽しい時間でした。

学校にお話をしてくださった天使ママのAさんありがとう

少しはお役にたてたかな?

素敵な機会を本当にありがとうございました。

そらちゃんが繋いでくれたご縁に感謝です。

さぁ 次は12月のセミナーのお手伝い

がんばりまーす。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする