生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

円覚寺での覚悟(2017年7月23日)

2018年01月19日 | 「ブッダの言葉」序

円覚寺での覚悟

去年(2017年)の7月23日、私は円覚寺に行き、横田老師と藤田一照さんの講座に参加しましたが、この日は私にとって、実に貴重な日となりました。

私の覚悟が定まった日といいますか、覚悟が定まるに至るきっかけが明確に始まった日でした。

どのような覚悟か?

「腰骨(腰椎や仙骨等)を、前傾過ぎでもなく、後傾過ぎでもなく、その中庸の位置で、自分の感覚を研ぎ澄まし、体からの声を丁寧に聴いていく実践で、きちんと坐れる(正身端坐できる)」ということに関しての明確な覚悟です。

私は上記の実践をしながら、漱石の言葉「あんた、中腰でまごまごしていて不愉快じゃないかい?」という心の声が聞こえてきた。

また、「あんた、最も大切な要素を忘れている」という別の声も心に響いてきた。

 

私は全くその通りだと思った。

「今しているような中腰でまごまごしているのを何十年どんなに真剣に続けようとも、この中腰まごまごという生きる姿勢は絶対に脱することができないし、最も大切な要素を忘れたまま一生を終えてしまう」と覚悟した。

 

別の姿勢・言葉が私の目に、私の耳に、私の心にまざまざと響いてきた。

お釈迦さまの言葉だ。

「ジャーナーミ、パッサーミ、タテーヴァ、エータン(如実に知る・見る)」

ありのままに見て、ありのままに知る実践をしていく、このことで清らかになる、と信じて多くの修行者は実践している。したい人はしたらよかろう。だけど私は、そんなことを絶対にしない。

いろいろなダンマ(教え)があるけど、「私はこのダンマ(教え)を信じる(または説く)」などということを、私は絶対にしない。

 

お釈迦さまの、何というすさまじい覚悟の言葉だろう。

何というすさまじい姿勢でお釈迦さまは生きたことだろう。

このお釈迦さまのすさまじい姿勢・言葉が私にまざまざと響いてきた。

 

臨済禅師も言う、「凝心入定というような坐禅は、外道の教えだ」。

馬祖禅師も言う、「心を凝らし、定を取ることは不用だ」。

道元禅師も言う、「学道に、受想行識は不用だ」。

 

「腰を前過ぎと後ろ過ぎの間あたりで、体の声を丁寧に聞きながら実践していく」などをやっていても、永遠に正身端坐(正しい姿勢)できることはない。

お釈迦さまが言うように、「ありのままに見て、ありのままに知って」をどんなに真剣にどんなに長い時間続けても、「見て、知って、だから何なんだ?」

 

こういう行を、すっぱりやめよう。

その覚悟が定まると同時に、命の躍動を活きる道が開ける。

この覚悟で生きていこう。

(このような覚悟をきめるきっかけを与えてくださった円覚寺という場所、横田老師、一照さんには、本当に深く感謝しています。すべての縁に感謝。2018年1月19日記す。)

コメント (4)