生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

いい子でいなさいね(Be the good girl you always have to be)

2017年04月15日 | 「ブッダの言葉」序
「坐禅(禅定)」とか「瞑想(ありのままを見る等)」とか、「ありのままを感じる身体技法」とかで、私には長年、一つの大きな疑問があった。
(良い子の方は、以下、読むのをお勧めしません。)

例えば、学校の勉強するとか、受験対策の勉強するとか、規則をまぁ守るとか、これらは、まぁ理由も納得できるし、そこそこに私はやってきた。

 だけど、「呼吸を数えてなさい」とか、
「お腹の膨らんだ凹んだの感覚を心で見つめなさい(感じなさい)」とか、
歩く時、「足の裏が床に着いたら『着いた』と気づき、離れたら『離れた』と気づきをいれなさい」
とか、あまりにも意味不明すぎないか?

 こういうのをまじめにやる人がいるとしたら、よっぽどのまじめちゃんか、あるいは洗脳されているか、どちらかではないか?

「よく、そんないい子ちゃんしてられるな」と、私の心はいつも叫んでいた。

 映画『アナと雪の女王』の中で次のセリフ(歌)が繰り返される。

「Be the good girl you always have to be.」
(ずっと「いい子」でいなくちゃいけないよ。今もいい子でいなさいね。)

 こんな生活、耐えられるか?

「ふざけるんじゃねぇ」と私は言いたい。

ウィリアム・ジェイムズの本を読んでいたら、ジェイムズも同じことを語っていて、私は心底ホッとした。
Chautauqua(シャトークァ)という「いい子ちゃんの町」に1週間滞在した後、元の普通の悪い町に戻った後、ジェイムズの心は次のように叫んだ。
 
"Ouf! what a relief! Now for something primordial and savage, even though it were as bad as an Armenian massacre(アルメニアの大虐殺), to set the balance straight again. This order is too tame, this culture too second-rate, this goodness too uninspiring. This human drama without a villain or a pang; this community so refined that ice-cream soda-water is the utmost offering it can make to the brute animal in man; this city simmering in the tepid lakeside sun; this atrocious harmlessness of all things,—I cannot abide with them. " 

James, William. Talks To Teachers On Psychology から引用。

(ざっと意訳:
いい子ちゃんの町シャトークァにしばらくいたから、今度は、アルメニア大虐殺くらいの悪に行ったろか。
バランスを立て直すためには、それしかねえぜ。
それにしても、あのいい子ちゃんの町の秩序は、あまりにも飼いならされてる。
そこの文化はあまりにも二流だ。
そこでの「善」は何も啓発するものがない。
生ぬるい、無害な、腐ったような町、あんなところに住んじゃいられねえぜ。)

 ジェイムズは、「a social process …in the long run seems everywhere tending toward the Chautauquan ideals(社会のプロセスは、結局のところ、『シャトークァ的理想』に向かって進んでいる)」とも言っている。
 世界全体が「いい子ちゃんの町」に向かって進んでいるというのか。

 ジェイムズの心が、120年以上前にこう叫んだ場所シャトークァに、ちょっと行ってくる予定です。(ニューヨーク州の西の端)

みなさん、
「感情がやってくるのを、ありのままに見、去るのもありのままに見ましょう」
みたいのに耐えられますか?

 ジェイムズのザ・ベストマニュアルは、「感情は来るなら来るにまかせ、去るなら去るにまかせ、完全に放っておけ!」です。
 いわゆる瞑想とは天地ほど違います。

もう、いい子ちゃんはやめよう。
棒立ち(棒坐り)もやめよう。

脱いい子、脱棒立ち(棒坐り)、これだけで一生やっていこう。

「いい子ちゃんをやめ、どれが正しい・間違いとか、できた・できないとかアレコレを一切放って、棒立ちをやめて、自分の足で立て!」
コメント (8)

本当に切実なことは?

2017年04月14日 | 「ブッダの言葉」序
人生で一番、緊急で、切実なことは何か、考えたことありますか?

本当に大事なこと(古人はこれを「道」と呼びました)に無頓着になり、道から離れれば離れるほど、刹那的で表面的になりがちです。単に、苦をさけ、快を求めるだけに陥りがちです。(私自身、いともたやすくこうなりがちだと痛感しています。)

どういう心の状態(境地)になったかとか、どの考え(禅だ、仏教だ、何やかや)や方法が正しいかとか、あれやこれやでウロウロしているだけでは、表面的な満足しか得られず、虚しく一生を終えるだけではないでしょうか?

 自分の外側に何か教えや方法を求めてウロウロしたり、内面の境地作り(「ありのままを見る状態」とか「静かな心の状態」などの作り事)に夢中になったり、しかもそれが禅とか仏教だと思っていたり。私はこのように、ああだこうだとウロウロしてばかりいました。

 本当に大事なこととは離れた「作り事的人生」の虚しさを、臨済禅師は本当に切々と語りかけてくれています。

 外へ教えを探すことや、内面の境地みたいな作り事でウロウロを、スパッとやめたところに、命(身と心、あるいは魂)が本当に養われる道が開けます。

 あれかこれかを放って立ちなおす時に、身体の姿勢も、ガラッと変ります。岡田虎二郎が、「腰を立てる瞬間に一切が変る」と述べていますが、これは本当です。

 腰とかお腹や背中(上体)をアレコレしているのでなく、あれこれをスパッとやめて、足で地面を踏んで立ちなおす瞬間に一切が変ります。
(岡田氏は、これを「静坐」と呼んでいます。私は、通例に従って「坐禅」と呼んでいます。内実が大事であって、呼び方は、どうでもよいことですが。)

「『素養がある』とは、逆境に陥るとか生死の境にあるとか、煩悶懊悩のあるものが、背水の陣を布いて静坐するのをいう。」
「生命は天に任せて、我等は姿勢正しく坐るという道があるきりです。」
 この岡田虎二郎の言葉に、私は完全に同意します。
 どんな逆境にあったとしても、煩悶懊悩の真っ只中だったとしても、この道を歩んでいきませんか?

 本当に緊急で切実なことを、今ここでやっていくことほど重大なことは、他にないと思うからです。

 たまたま人間に生まれて、これほど大事なこと、幸せなことは他にないと思うからです。
コメント (5)