生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

最大の恩恵

2016年04月08日 | 「ブッダの言葉」序
「最大の恩恵」
私がこれまで50年生きてきた中で、最大の恩恵(grace)は何かと考えてみた。
もちろん、親や親族からの恩恵、教えを受けた先生や師からの恩恵、友人や共に学んだり修行した仲間からの恩恵など、実にたくさんの恩恵をこれまで受けてきた。
その中で、「このような恩恵を受けようとは夢にも思わなかった」と奇蹟と思える恩寵を一ついただいた。
それは、「勇気」だ。「疑う勇気」だ。
それも、周りの人全員(それも何千万人とかそれ以上の人々)が「当然」のことと思っていて、誰一人疑問を抱いていないことに疑いをもつことだ。これには、とてつもない勇気が要る。なぜかというと、そのような疑問を抱いた人は、たいがい迫害されたり殺されたりするからだ。
このような勇気をもって生き抜いた人が、かつてこの夜に存在した。私が知っている範囲で言えば、ブッダ(「アッタカヴァッガ」という一番古いお経でのブッダ)、聖徳太子、臨済禅師(をはじめ傑出した禅僧)、法然上人(や親鸞上人)だ。(ここに挙げた人はみな、通常思われている「仏教」という枠組みを完全に越えている。)
このような勇気が、かつてこの地球上で発揮されたこと、これを知ったことが、私が生きていく上での、一番勇気を与えてくれた。
このような疑い・勇気に、たまたま巡り会えたことは奇蹟だ。
このような凄まじい姿勢を日々新たに学んでいくことが私のライフワークだ。(狭い意味での体の姿勢でなく、生きる姿勢。)
コメント (2)

セブで思ったこと。

2016年04月03日 | 「ブッダの言葉」序
今、セブ島に、英語の勉強で来ています。思ったこと、考えたことなどを、英語で綴っていきます。

Maybe I am much more a product of the conditioning than I think.

Is it possible to be free from all the conditioning?

Maybe my consciousness itself is conditioned in every aspect and in every way.

It's impossible to be free from the conditioning by my consciousness.

Is there any way?
Yes, there's a way.

Let go of everything that I'm conscious of, and let it be.

Let go of everything, and stand (or sit) between Heaven and Earth.

That's the only way that I know.
コメント