生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

「思い」と「重い宝」――道元禅師はいかに語るか?

2011年11月29日 | 「ブッダの言葉」序
 スティーブ・ジョブズの、
「心の底から思い込め。
でなければやり遂げるかいがない」
という言葉を紹介しました。

 このことは実に大事なことだと思いますが、
また一方で、「思い込み」がマイナスになることも
実に多くあるのも現実ですね。

 仏教では、
「執らわれるな」「執着しない」
あるいは、「思い込みから抜け出るのは難しい」
というような言葉が実に多くあります。
 このブログのメインテーマであるアッタカヴァッガでも、
そのような言葉は実に多くあります。

 みなさん、どう思いますか?

 ここに実に大事な点、難しい点、微妙な点があります。
 ここに言葉でアレコレ言うだけで解決の決してつかない問題
があります。(「思い込みは悪い」とか、「思い込みにもプラス面がある」
とか言葉で論じても、そういうので届かない問題。))

 私が、アッタカヴァッガというブッダの言葉を
このブログのメインテーマとしていながら、
なかなか取り上げられてないのは、私が
浅く受け取り、浅く引用すると、害のほうが大きい・・・てな
恐れが本当にあるとわかっているからです。難しい・・・

 禅も、ともすると、
「執着しない」「思い込まない」を重視して、
「今のままでいいんだよ」「これがありのまま」的な、
努力もせず、ただ何となくボンヤリ坐ってる人間に
なったりします。
あるいは、心が精彩を失って、あまり思いがなくなってきて、
別に立派でも何でもないのですが、
その状態を「悟った!」と錯覚して、
精彩は欠いているけどプライド満々な
人間になってしまう危険も実にあります。

 もう一つのブログで、「巨人の星」の主題歌の
「思い込んだら試練の道を」と「重いコンダラ」で、
少し書きました。(「重いコンダラ 試練の道を…」)

 ここでは、道元禅師の『正法眼蔵随聞記』から、
「重い宝」と「切なる思い」の個所を見ていきましょう。

 道元禅師は、「思い込み」というか「思い」をめぐって
どう語っているでしょうか?

重き宝を盗まんと思い

という譬えを、道元禅師は語っています。
「重き宝」というのは、国宝など、超高価で貴重な宝ですね。
ルパン3世のような怪盗の人が、
「重い宝を盗もう」という「思い」を起したわけですね。
 この譬えから、道元禅師は、何を語るのでしょうか?
 続く・・・

 「盗み」はもちろんダメですし、、「盗もうという思い」もいけないです。
これは、「不偸盗戒(ふちゅうとうかい)」といって
仏教の五戒にも入っている大事な戒律だから、
「盗もうなんていう思いを起してはいけません。――てな、
ありきたりな説教をする道元禅師ではありません。
コメント

「心の底から思い込め」――ジョブズの言葉

2011年11月26日 | 「ブッダの言葉」序
 スティーブ・ジョブズに関する本から引用してきましたが、
その本の一つの節の小題は、次のです。

「心の底から思い込め。
でなければやり遂げるかいがない。」

 フェイスブックの創業者ザッカーバーグが、
「とほうもないプレッシャーとどう向き合っているのか?」
と質問された時、ジョブズのその言葉を引用して答えたそうです。

ジョブズがこんなことを言っていた。
「(仕事を)とことん好きだと心の底から
そう思い込め。
でなければ、やり遂げるかいがない。」

 フェイスブックぐらいの会社を軌道に乗せていく
ために必要なことや必要な仕事は、
なみたいていの量じゃない。
その仕事が嫌だったり、意味を理解していたりしなければ、
ばかばかしくてやっていられない。

 なるほど、そうだなと私も思います。

「私はこれを本当に好きだ」「これは絶対に大事だ」というような
ものすごい強い思い込みなしに、試練の道を行くことは
できないと思います。

 仏教で、下手をすると、
「思い込みはいけません」「執らわれはダメです」というような
言葉を、浅く、生ぬるく受け取ってしまって、
何のエネルギーもやる気もない、ふぬけのような
人間になってしまいがちだと思います。
 自分が精彩を欠いた生き方をしていて、
何かの思い込みで猛烈に頑張っている人を、外から
冷たく批判するような人になってしまう危険があります。
 私自身、この危険は、よくよく注意しないとマズイと思っていますし、
下手すると、私が言う言葉で、他の人を、そのようにさせてしまう
危険も大だと思います。恐るべきことです。

 このブログのメインテーマ、ブッダの言葉も、
「思い込むと、当人には、そのように見えてしまうから、
それを脱するのは極めて難しい」
「思い込みに染まっている人を、教え導くのは難しい」
というような言葉が、実にたくさんあります。

 ここに本当に難しい問題があります。

●関連する文章 「巨人の星」の「♪思い込んだら試練の道を…♪」
コメント

スティーブ・ジョブズと禅(2)

2011年11月25日 | 「ブッダの言葉」序
 アップルの創業者ジョブズは、若い頃、
いったん仕事を辞め、インドに、マスターを求め、
放浪のようなこともしています。
 そしてアメリカに戻り、禅も、熱心にした時期がありました。

 私が禅僧なので、ちょっと手前みそみたいかもしれませんが、
禅に限らず、若い頃に(もっと後でも)、普段の環境を離れ、
普段の日常では見えなくなっている次元に開かれることは
大切だと思います。
 それは必ずしも日常を離れた人生を送ることにはならず、
ジョブズのように、あのような熾烈な競争の業界を生き抜く上でも、
別な次元を開く糧となることもありうるわけです。

 『スティーブ・ジョブズ 神の遺言』という本を読みまして、
それを参考に書きます。

 ジョブズのことを、ざっと知っただけですが、一番私が思うのは、
常に原点に立ち返ろうとする動きがあるのが大事だと思いました。

 毎日、自分が死ぬ可能性を考え、その上で、
本当に大事なものは何か? と繰り返し向き合うこと。
この問い、姿勢は、人間の一番の原点だと思います。

 より具体的な個々の場面でも、原点に立ち返る動きがあります。
ジョブズは、一度、アップルを追放されています。
マスコミなどからは、「ジョブズも、もう終わりだ」と言われたり、
「世界で一番有名な失業者」と言われたりしました。

ジョブズは、苦しみ、いろいろ模索したようですが、そこで・・・
先の本からの引用。
やがて気づいた。
原点に戻ればいいのだ。
原点に戻ることは、前に進むことなのだ、と。
原点は画期的な新製品をつくることであり、
一番楽しいのは、有能な人を集めた
小さなチームと仕事をすることだ。

 ジョブズは、このように思い、別の会社をつくりました。
そしてまた成功し、アップルにも復帰します。

 ジョブズがいない間に、アップルは、かつての輝きを失い、
たいへんな状況だったとのことです。
そこでジョブズがしたのは:
「手始めにやったのは、もう一度、ものづくりができる
会社に戻すことだった。
「それほど難しいことじゃない。アップルのルーツに
戻ればいいだけの話だ。」」

アップルが、第一に考えるのは、
世界で一番のパソコンを生みだすことなのだ。
世界で一番大きな会社になることでも、
一番の金持ちになることでもない。

 もちろん、売上を伸ばすことは、他社に勝つことを否定する
わけではないですが、それらは第一の目標ではないので、
いったんそれらを脇へのけるそうです。
 アップルでは、売上のことよりも、
「人の視点を変えるとか、世界を変えていく」という言葉が
熱心に語られたとのことです。

 私は、企業や経済のことには、ひどくうとい人間ですが、
本当に大事なことが忘れ去られ、利益や競争だけしか目に入らなくなると、
人間も企業も魅力や力を失うことになるのかも、と思ったりします。
コメント

スティーブ・ジョブズと禅

2011年11月24日 | 「ブッダの言葉」序
 先月、アップルの創業者スティーブ・ジョブズが
亡くなりました。

 仏教、中でも禅に傾倒していたんですね。
曹洞宗の乙川弘文に師事していたとのこと。
(昨日、テレビでもやったと聞きました。)

 オイゲン・ヘリゲルの『弓と禅』を愛読してたとのこと。
私もこの本は愛読しています。

 今日、ジョブズに関する本を一冊読みました。
印象に残ったことを、少し書こうと思います。

毎日を、「最後の日」として生きよ。
その日は必ずやってくる。

 このことは、実は一番大事なことではないかと
私も思っています。(それが身にしみた生き方ができて
いるかは全く別ですが・・・)
 これは、必ずしも、仏教・禅に限らずとも、
本当に真剣に生き、もっているものを発揮して
生き切った人は、この思いを抱いているかもしれない、
と思います(例外なく)。別に天才に限らずとも。
 私が尊敬する人、フロイトもモーツァルトも、
毎日、床につくとき、今日が最後の日かもと
思うことにしていると述べています。

 本当にこのことを痛感することは、すなわち、
何が本当に大事なのか、自分はベストを尽くして生きているかを
痛感することになるのだろうと思います。

 ジョブズも、アップルを追放されたり、たいへんな
ことがありました。これは私たちの人生でも、次々と
悪いことが起ることはありますね。
そんな時に、ジョブズは、こう言ったとのことです。

次々と事が起るのは、やっかいなものだ。
そういう時は、自分の価値観、
自分にとって本当に大切なものは何かを
よくよく考える必要がある。

 これも本当に大切なことですね。
・自分にとって本当に何が大切か?
・日々を最後の日として生きること。
 この二つが(一つとも言えますが)、
禅においても(というか「禅」という必要もなく、人生で)
最も大切なことのように思います。

 これを本当に痛感して生きる時、
自ずと、目先の欲望に流されたままの恐ろしさ、
もったいなさも痛感されると思います。
(でないと、本当にただただ目先のちっぽけな欲望に
流されたまま人生終えてしまいますからね・・・)

コメント

松本幸四郎主演の「アマデウス」を見て

2011年11月21日 | 「ブッダの言葉」序
 銀座で、松本幸四郎主演の舞台「アマデウス」を見ました。

 早くにチケット取ったので、前から3列目で、
すぐ近くで(それこそ役者さんの唾が飛んできそうな距離です)
見たので、すごく迫力ありました。

 松本幸四郎さんはじめ、役者さんというのは、
やっぱすごいなと思いました。
 声をはじめ、すごく鍛錬しているんだな、
としみじみと味わえます。

 テレビや映画と違い、
生身の人間が、目の前で、演じるのを見るのは、
やっぱり刺激が大きく、見て良かったなと思いました。
(これは私が好きなオペラを見ても思います。)

 それはそれとして、内容としては、ちょっと微妙ですね・・・
映画の「アマデウス」を3回くらいは見ていて、
そっちの印象が強かったので、
率直に言いますと、内容としては、
映画のほうが面白いと私には思えました。
 映画では、モーツァルトの父親の死と、
ドン・ジョヴァンニ作曲のところが、重大に
描かれていました。(舞台では、ちょっと軽め)

 映画もDVD借りて見るのお勧めしますし、
舞台は舞台で良いので、これもお勧めします。

 サリエリというモーツァルトより先輩の作曲家が、主役で、
「こんなに神に敬虔に仕え、熱心に作曲しているのに、
モーツァルトに全然かなわないなんて・・・」と、
モーツァルトに嫉妬し、神にも反抗してやる・・・という物語です。

 嫉妬する気持ちはよくわかりますね。
 あと、自分のほうが、ずっと努力しているのに、才能や成功は、
あっちのほうがはるかに上で、俺の才能は・・・てな思いも、
私も経験ありますし、似たような思いは、多かれ少なかれ、
誰でも抱いたことありますよね。

 映画のサリエリは、最後、モーツァルトが、
最後の未完の作品「レクイエム」を作曲するのを手伝い、
その過程で、
「ウワー、モーツァルトすごすぎる!
何なんだこれは!
そのレクイエムを手伝えるなんて、何てありがたいことだ!」
というような、驚き、感謝、畏敬の念みたいのがあります。
 これを見て、映画を見ている私もホッとしてありがたい気持ちに
なりましたし、サリエリにも良かったなと思ったりしました。

 舞台のアマデウスでは、そこがないです。
最後まで嫉妬と恨みと葛藤の中、死んでいく感じです。
確かに現実は、こうかなと思ったりもしますが・・・

 サリエリ(松本幸四郎)が次のようなことを言います。
「(モーツァルトの天才に比べ)自分は、永遠の凡庸さにあえぐしかないのか・・・」
 そして聴衆にも語りかけます。
「君たち、凡庸な人間たちよ、君たちを許そう。」
(凡庸を味わい尽くした人間の代表として)

 凡庸な人間に救いはないのでしょうか?
嫉妬に狂った人間に救いはないのでしょうか?

 こういうことを考えさせらる舞台でした。
(もちろん、ブッダもイエスも、凡庸な人間にこそ語ったのであって、
その道を歩んでいくことは絶対に可能だと私は思います。)

コメント