生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

実に「ポカーン」とさせられる祖師の言葉

2011年07月31日 | 「ブッダの言葉」序
 前回、前々回と、法然上人の言葉を紹介しました。
私も、最初、その言葉を読んで、唖然、ポカーンとしましたし、
そのような人も多かったのではないでしょうか?

 法然の弟子・親鸞上人は、浄土宗の歴史の先達を
7人挙げていて、繰り返し賛美しています。
インド、中国の僧を挙げた後、日本人での浄土宗の
先達として挙げているのは、
源信(恵心)と、法然上人です。

 そうなのです、親鸞上人も、
源信(恵心)を浄土宗を日本に伝え広めた功績を
常に讃えてているのです。

 源信(恵心)は、念仏を大事にすると共に、
通常、仏教の基本と考えられている「真如観」に関しても、
詳しく述べています。
 そのような通常の仏教の枠内で、教えを説いたら、
法然上人も親鸞上人も、迫害されなかったかもしれません。
 ところが、法然上人も、親鸞上人も、
源信(恵心)が重要視した真如観などに関して、
完全に、けんもほろろ、にべもない態度なのです。
(これが既成の仏教教団から迫害を受けた理由の
一つの要因とはなっています。もちろん多くの要因ありますが。)

 これを、また、私たちが、「真如観」への悪口と受け取ると、
実に間違いだと、私は思います。
(私の書き方に、そう思われる感じがしたとしたら、陳謝します。)

 法然上人も親鸞上人も、必死に仏教を学び、行じ、
「何とか観を修する」「それをやればできる」ということへの反省が
自分自身の中に高まってきたのです。
その中で、人間が、何とか観を修することを全く断念する次元での、
すさまじい世界の開けに生きたのが、
法然上人、親鸞上人のすごいところだと、私には思えます。

 ともかく、親鸞上人の言葉も、その弟子たちにとって、
「ポカーン」とさせられるものだったことが、その手紙を読むと
よくわかります。

 本当に真剣に道を求め、新しい世界を切り開いたような
祖師方の言葉は、私たち凡人というか、
「誰か知識や方法を教えてちょうだい、それ信じて行じるから」と
思っているような人間、
本当に自分自身を信じるのでもなく、阿弥陀仏を信じるのでもなく、
ただただ流され、「誰か教えてちょうだい」みたく甘ったれて生きている
私たちには、常に「ポカーン」とさせられる
ものなのかもしれません。(臨済の言葉も!)

 私は、いちおう禅宗僧侶ですが、禅宗の始まりの言葉も、
実にポカーンとさせられるものです。
それは禅宗が起った当時、ポカーンとさせられただけでなく、
現代の私たちにとっても、いやいつの時代でも、
ポカーンとさせられるものだと言えるでしょう。

 それを次回、見てみましょう。
単にポカーンとしてるにとどまらず、その迫力を感じ、
自分がその言葉に参じていくと、全く想像もできなかった
世界が開けてくることと思います。
コメント

「おたずねまでも無益に候」――法然上人

2011年07月29日 | 「ブッダの言葉」序
 前回、法然上人の、「ポカーン」とさせられるような言葉
を取り上げました。

 ちなみに、次に、弟子が法然上人に、
「空観」は、「何事もむなしと観ぜよ」ということで、
「この世のことを執着して思うまじきと教えて候」
ということだが、法然上人はどう思うかを質問しました。
法然上人の返事は、
「かなわぬ事にて候なり。・・・おたずねまでも無益に候。」

 「それはかなわぬことだし、そもそも、そういう質問自体が
無益です。」
 にべもないというか、「けんもほろろ」というか、
すごい「ポカーン」とさせられる言葉です。

 やはり、私たちは、
「どの方法が良いか」「ブッダがした方法を教えてほしい」と思い、
それを経典を読んで探したり、僧侶や学者に聞いたりします。
「アッタカヴァッガ」を何度読んでも、
「それぞれが自分の信じる修行法を実践し、上達したと言い、
争っているが、それはどういうことか、自分自身考えてみたら」
という言葉が繰り返し出てきます。
(アッタカヴァッガでは、「この修行法や法を私が説く」という言い方は
決してしてなく、全く別次元の言葉です。)

 このような法然上人の言葉に、驚き、唖然とし、
自分自身のしていることに深い反省が起こるとしたら、
アッタカヴァッガを読むと、はるかに「ポカーン」とする言葉に
出あうことができると思います。
(「ブッダがこれこれの法を説いた」と確信している人が読むと、
何もピンとこないかもしれません。)

 この法然上人の言葉に、いかに真剣に学び(実際に
比叡山でものすごい勉強しています!)、いかに真剣に
種々の「観」を行じ、そして悩み、挫折したかを、
私は思います。
ここに実に怖ろしいものがあるように思えています。
コメント

法然上人の時代もはやった「真如観」「空観」

2011年07月26日 | 「ブッダの言葉」序
「真如観」(ありのままを観ずる、そのままをヴァパッサナーする)
「空観」(空・無を観ずる、何事も空だと観ずる)
 この二つは、仏教の歴史を貫く「はやりもの」だと思われます。

 法然上人は、「いわゆる自力的な修行により、個人の能力を
高めていく・・・」というような有り方とは、全く別次元のものを
明確にした、仏教史上、実に画期的な人ですが、
「念仏」において法然上人の先駆者である恵心(源信)においても、
そして法然上人の弟子たちにおいても、
「はやりもの」であったようです。

 法然上人の弟子が、「真如観」「空観」に関して質問したのに対し、
いかに法然上人が答えたかを引用します。(「百四十五箇條問答」から)

(質問)この真如観はし候べき事にて候か
答う。これは恵心のと申して候えども、わろき物にて候なり。
おおかた真如観をば、われら衆生は、えせぬ事にて候ぞ、
往生のためにも思われぬことにて候えば、無益に候。

・意訳
(弟子の質問)真如観はすべきでしょうか?
法然上人が答えました。「これは恵心(源信)が説かれたとのことですが、
悪い物です。私たち衆生は、そもそも真如観をできないですし、
(仮にできても)往生のためになると思えませんから、無益です。」

 何という簡潔で明快な答えでしょうか。
現代でも、特に、ここ10年くらい、
「真如観(ヴィパッサナー瞑想)」がブッダのした「観」(瞑想)だと
して、かなりはやっているようです。同様に12世紀、法然上人の時代にも
はやっていました。

 いったい私たちは何をしているのでしょう?
 「真如観」とか「ヴィパッサナー」とか、「何とか観」をして、
いったい何を求めているのでしょう?
 何かの練習をしているのでしょうか?

 本当に自分は、何を求め、何をしているのか?
よくよくその問いに自分自身が立ち返らないと、必ず、
「はやりもの」に流されてしまうように思います。

 続く。

コメント (2)

天神祭

2011年07月26日 | 「ブッダの言葉」序
ブログ更新、滞って、すいません。
昨日は、大阪天満宮の天神祭に行ってきました。
さすがすごい人で賑わってました。
花火もあるのですが、かなり近くで打ち上げられていて、振動がビンビン体に伝わってきて、すごかったです。その写真もUPする予定です。
コメント

仏教で一番の「はやりもの」

2011年07月22日 | 「ブッダの言葉」序
 江戸時代初期の熊沢蕃山が、「無の見はやりものにて候」
と書いていることを取り上げました。

 蕃山も伊藤仁斎らの語っているところを見ると、
「無の見」つまり、無を観ずるとか、空を観ずるとか、
あるいは最近「ヴィパッサナ―」としてはやっているもの、
つまり「真如観」(ありのままを観ずる)や「白骨観」などが、
江戸時代初期においても、現代と全く同様に、
「はやりもの」であったことがわかります。

 みなさん、「空観」や「真如観」は、いつの時代からの
「はやりもの」だったと思いますか?

 仏教の歴史上を、とりわけ大きな転換点を振り返りますと、
紀元前5世紀頃のブッダ以降、仏教の歴史が始まり、
紀元前後に起こった「大乗仏教」の運動、
そして、7,8世紀頃、中国で起こった「禅」、
そして、中国7世紀の善導に依り、鎌倉時代の法然上人が
明確にした「浄土教」の運動、
これらが特に重大な仏教歴史上の運動・転換だと、
私は思っています。(多くの学者もそう主張しています。)

 「禅」においても、「浄土教」においても、
実は、ありきたりな「空観」や「真如観」などを全く問題に
しない次元を開いたところに、画期的なものがあると思います。
(さらに言えば、本ブログのメインテーマであるブッダの言葉でも、
空観や真如観など、全く問題とされておらず、全く別次元を
切り開いたところが、ブッダの画期的なところだと私は思っています。)

 確かに、ブッダ以降の初期仏教(紀元前3,4世紀)において、
「観」つまり、「ヴィパッサナ―」が「はやりもの」となっている
歴史上の事実があります。

 仏教信者や、仏教学者の多くは、
「ヴィパッサナ―(観)」は、ブッダが始めた
修行法・瞑想法だと信じています。
 確かに、これは2千年以上にわたって、
「はやりもの」である事実は確かです。

 ですが、「止」や「観」は、ブッダが創始したことなのでしょうか?
ブッダ以前は、「観」の瞑想法は、無かったと、本当に思いますか?

 インドでは、ブッダよりずっと以前から、
ヨガや瞑想や哲学は深く探求されていました。
当然、その瞑想法の中で、「ヴィパッサナ―」が、
多くのヨガ行者によって修行されてきたと考えるのが
自然だと思います。
(ブッダ以前はなかったと思うのは、
インドをなめすぎた見方だと思いませんか?)

 私が思うに、「空観」「真如観」は、ブッダより以前からの
「はやりもの」だったのではないでしょうか。

 次に、法然上人や、禅が、「空観」や「真如観」に関して、
いかに語っているかを見てみます。
コメント