生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

坐禅の質問「煩悩がなくならないけど・・・」への返事③

2011年03月01日 | 
●質問3
「坐禅をしていても、煩悩や妄想ばかりで、『無』や『本当の自分』になれそうにもないのですが、どうしたらいいいでしょう?」

 欲望は死ぬまでなくなることはないでしょう。

 そのような自分がどのように生きていくかということが問題です。

 「無」だとか、「本当の自分」みたいのものが、
欲望にまみれた自分とは別のどこかにあるのでしょうか?
 そもそも、「無にならないと」と思ったり、
「本当の自分」が今の自分を離れてどこかにあると思っている
ことも妄想なのではないでしょうか?
(ちなみに、「妄想」という言葉は、禅で使われた言葉で、
余計なことをあれこれ思い煩っていることを指します。
現代では病的な症状を指すようですが、普通の人に普通に起って
いることを、「妄想」と禅では千年以上前から呼んでいます。)

 欲を無くそうなどと、私は人にすすめていません。
(そもそも不可能でしょうし、良いこととも思えませんし。)

 例えば、「ただ坐るとは?」「ただ立つとは?」を真剣に修して
いくだけでも、自ずと余計な問題は跡をひそめていくことでしょうし、
「無」だとか何とかを思い煩うのは余計なことだと私は思います。
 そのようなことは全くおかまいなく、ただ坐るなどを修していけばよいと
私は思います。
 
 「欲がなくなってから」「こだわりがなくなってから」などと思っていたら、
そのような日が来る前に死んでいくことになるだろうと思います。

 貴重な今という時を、いかに生きていくかが禅の問題で、
欲望・煩悩・妄想などがあるなしにこだわることは全くないと
思います。そんなことは気にせず、ただ坐ればよいと思います。


 よろしかったら、下記をクリックくださいませ。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 東京 坐禅会(座禅会) 10... | トップ | 新しいブログを立ち上げまし... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (時代屋の女)
2011-03-02 02:37:10
煩悩だらけなのが「生きている」と
言う事のように私も思います。

それとどう向き合って解決して
自分が納得できるか?だと思うのです。

ただ座って、ただ立って・・・
それだけをできると言う事が
素晴らしいのですね・・・

人それぞれだと思いますが
私は、ヨガをする時、色々な
ストレスや疲れを呼吸で出すと共に
新しいピュアなエネルギーが自分の中に
入ってくるようなイメージをしながら
始めるのですが・・

終わる頃には、それすら忘れて
ただ汗が噴き出してスカッとしています。

いいヨガされてるんですね (じょうどう)
2011-03-03 12:26:50
時代屋さん、コメントありがとうございます。
いい汗をかいてるんですね。
私がしようとすることも別にヨガと矛盾することと思ってなくて、シンプルなことをひたすらシンプルにしてこうと思ってます。
Unknown (きそみ)
2012-03-27 01:42:16
大変参考になりました。ありがとうございました。たった今やらなくてはいけないのですね。
 (じょうどう)
2012-03-27 08:58:17
「煩悩がなくなったら」などと言っていたら、そんな日は来ないでしょうし、「やる気が出たら」と言っていても、だんだん年をとるうちに、気力が減退していくだけでしょうから。その時点での今あるだけの気力で全力で生きていければと思います。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事