生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

人生、迷ったとき

2017年05月13日 | 「ブッダの言葉」序
人生、迷った時、どうするか?
こちらを選ぶか、あちらを選ぶか、あるいはその間やあれこれを超えた道がないか、このようなことで迷ったり、流されたり、決断したりしながら、(まごまご)生きているのが、私(たち)の通常のあり方でしょう。小さな迷いの例を出せば、日本の禅の修行道場だと、朝、「お茶」の一択で選択の余地がないのですが、ニューヨークの禅の修行道場だと、「お茶かコーヒーか」の選択があります。一瞬で決めなくてはなりません(このことに選択の余地はありません。)「私はコーヒーが好きだけど、お腹をくだす可能性はコーヒーのほうが高いし、トイレもすぐに行きづらい状況だし…」などといろいろ考えます。(ちなみに、このお茶orコーヒーをいただくのも道場の正式な行です。「坐禅が本当に大事な行で、お茶いただくのは雑事」ということは決してありません。そのような坐禅は、坐禅を超大事にする道元禅師ですら否定しています。)まぁ、これはささいな一例です。コーヒーかお茶かは、その時の気分やお腹の状況や、回りの状況で、決めればよいことで、特に人生の大問題の迷いではない、と明確に気づけば、問題ないことです。他の人生の迷いも、同じではないでしょうか?「こういう状況だから、こんなことになってしまっているので、状況をこう変えなくちゃ」とか、「自分がこういう(悪い)点があるから、こう変えなくちゃ(でもできない)」など、状況や自分を、分析したり、あれこれ考え迷いながら生きてたり、あるいは特に考えず(ボーッと)状況や気分に流されて生きているのが、みなさんの人生ではないですか?(少なくとも私の人生はこれそのものです。)いったん、そのような状況分析や自己分析のあれこれを放ったところに立ち返りませんか?ボーッとしているのを放ったところに立ち返りませんか?このような場を開いていくことをしたいと思います。(これは、仕事をしている最中でも、遊んでいる時でも、何をしている時でもできるのが、不思議なところです。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いい子でいなさいね(Be the ... | トップ | 祈り »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みかん)
2017-07-28 12:02:40
幾ら私が人生に迷っても、やるべき何かしらの仕事があることは、宝物のように思います。

質問があります
 ボーットすることは大好きなのですが・・・だめですか?

 これを放つ?ってなに?
 どうなるのでしょうか?

コメントを投稿

「ブッダの言葉」序」カテゴリの最新記事