天真寺日記

天真寺の日々を綴ります

五月号の寺報発送しました。

2010-04-30 10:38:35 | 天真寺
本日はボラン寺。
皆様のご協力を頂き五月号の寺報の発送をいたしました。
今月号は毎月送付の「寺報」「御堂さん」とともに、門信徒会費請求書が同封されておりますのでよろしくお願いします。
今月の寺報はコチラ






今月の言葉
この如来微塵世界に みちみちたまえり
『千の風になって』が大ヒットして数年…、今でもまだまだ人気がある曲です。「私のお墓の前で泣かないで下さい そこに私はいません 眠ってなんかいません」。私が初めてその歌詞を聞いた時、今月の法語にある親鸞聖人の言葉がすぐに頭に浮かびました。亡き方は仏となってこの世界に満ち、そのはたらきの中で私たちは生かされている。浄土真宗のみ教えに説かれるところが歌われていると思ったのです。しかし形が必要ないかというとそうとも言えず、私たちの敬う対象・偲ぶ場所を求める心が、仏像となりお墓となってあるのです。やはり手を合わせる対象や場所も尊ぶことも大切なことです。


門信徒Tさんによる連続研修会に参加しての感想
連続研修会を終了して
浄土真宗入門講座に天真寺より鶴丸延子、石田喜八郎、怒和昭雄の3名が参加し、2008年4月より2年間にわたり「法座の課題」を研修し、2010年3月28日全員めでたく築地本願寺にて修了書をいただくことができました。
この間には、一言では言いあらわせないたくさんの経験をさせていただきました。6カ所のお寺様にお参りし、多くのお仲間に巡り会え、浄土真宗のみ教えについて語り合うことができ、私の人生にとってかけがえない2年間となりました。修了式が築地本願寺にて執り行われたことも幸せでした。天真寺から参加の方々も同じ思いでしょう。
懇親会の席では、この機会を皆様と喜び、次回の研修再開を約束しました。


母の日に…
十億の人に
十億の母あらむも
わが母にまさる
母ありなむや
明治大正昭和にわたって活躍した真宗大谷派僧侶の暁烏敏が詠んだ句です。心に残るとてもいい詩です。阿弥陀様の慈しみは母の心に譬えられます。それは我が事よりも子のことを考え、子の幸せが我が幸せとなる深い愛情です。
さて9日は母の日。「母の日に子どもにしてもらいたいことは?」との調査では、「『いつもありがとう』と言ってもらうだけでいい」という回答が一位でした。母の日には母への感謝を通して、阿弥陀様に我身を願われて生きる喜びを新たにしたいものです。

永代経ご講師・福間先生のご紹介
一言で言えば日本一の布教使!私は伝道院に通っていた時、先生に出会いました。自称宇宙人、不思議な雰囲気を持つ先生です。
心に残っているお話を一つご紹介。仏教における「愛」について問われると、「愛はある。けれどいつか冷めて、冷めたら別れなければいけない。だから仏教では愛ではなく「縁」を喜ぶのです。愛することたとえ憎むことでも、縁がなければできないでしょう。縁を大切に、出あいを喜びましょう」とお話下さいました。
先生には、待ちに待ってのご出仕です。若い頃にはラジオのディスクジョッキーとしてご活躍。とても身近なところから仏教を聞かせて下さいます。仏教讃歌「バイバイグッドバイ」の作詞作曲者でもあります。ぜひご聴聞下さい。

今月は5月16日(日)13:30~永代経法要があります。
ご講師は上記の福間先生ですので、是非お参り下さい。

(龍)



源信和尚

2010-04-28 00:08:08 | 天真寺
今月の仏教壮年会。

今回は、本願寺出版の本を読みながら、源信和尚について学びました。
『正信偈』(源信章)では、
源信広開一代教 偏帰安養勧一切 専雑執心判浅深 報化二土正弁立
極重悪人唯称仏 我亦在彼摂取中 煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我
と讃歎されております。
また、『往生要集』にて地獄の世界をまとめられたことでも有名でございます。

終了後にはKさんお手製のお芋を頂きました。



おいしかったです
いつもいつもありがとうございます。


(龍)

トマトやナスの苗を植えました。

2010-04-25 16:46:50 | 天真寺ふれあい農園
本日は快晴

ふれあい農園にも春がやってきました。

トマトとミニトマトの苗を植え。



また、ナスやオクラやパセリやトウモロコシの苗も植えました。




さらに、ふれあい農園に変化が
お隣のHさんから使っていないたくさんの木材を頂きました。
搬入作業には一苦労でしたが、きれいな木材ばかり




また、竹林では、Oさんが格闘。



Kさんが、丁寧にカットして下さいました。



これらの竹材はブドウの柵になるとのこと。

これからの収穫が楽しみな天真寺ふれあい農園です

(龍)

タンポポ

2010-04-24 22:25:42 | 天真寺
本日、墓地での納骨のお参りでのこと。

故人様のお孫さんが女の子が二人参列していた。年は幼稚園くらいだろうか。
法要が始まりしばらくすると、女の子の姿が見えなくなった。
どうしたのだろうかと心配していると、一人の女の子がタンポポの花を持ってきてくれた。

いつもと違う状況を感じ取ったのだろう。
幼心に自分にできることは何か考えたのだろうか。
きれいなタンポポを摘んで「ハイ」と渡してくれた。
かわいいタンポポだったので、私も一本だけもらってきた。

数十年ぶりにじっくり見たタンポポの花。
しかし、帰ってきた頃にはタンポポの色が少し変わっていた。




浄土真宗のお仏壇には、生花をお供えします。造花ではありません。
それは、きれいに咲き誇っている花もいつか枯れていきます。
諸行無常、形あるものは常に変化している。
それは私たちのいのちも同じ。
常に変化し、やがて衰え死んでいく。
花を通して、因果の道理を教えてもらいます。

一本のタンポポを通して、たくさんのことを教えていただきました。

(龍)

仏教講座会

2010-04-21 22:58:11 | 法要
毎月20日はお寺の日。

AM11:00から写経教室。
PM1:30から仏教講座会がありました。
この度のご講師は七里順量先生。
姉共々いつもお世話になっておる先生です。



とてもあたたかいご法話を頂きました。

一つお話を紹介します。
米軍基地の子供たちとの交流したときの話。
ある米国人が、日本には「いただきます」「ごちそうさま」という食事の言葉があっていいですねと言われた。。そうですか?では、「アメリカでは食事を頂くときはどうされるのですか」と聞けば、「EAT IT」(食べなさい)という言葉で食事が始まるそうです。日本には、食事の言葉があっていいですねというお話です。

いつも何気なく使っている「いただきます」「ごちそうさま」
日本の文化に根付いた言葉。違う角度からみれば、改めてその良さが見えてきます。
まさしく、仏教の文化から生まれた命を尊ぶ相手を敬う心から生まれた言葉なのです。
改めて、大切にさせていただこうと思ったことです。

また、本願寺出版社『拝読 浄土真宗のみ教え』の本を紹介下さいました。
早速、注文しておいてという声がありましたので、天真寺でもご用意しておきます。
ちなみに、一冊315円です。
お読みになりたい方はお寺までご連絡下さい。

また、直接注文される方は本願寺出版ホームページにてお願い致します。

http://hongwanji-shuppan.com/cgi-bin/detail.pl?num=681

(龍)