天真寺日記

天真寺の日々を綴ります

おかげさま

2007-11-26 20:20:13 | 法要
秋晴れの11月23日、「天真寺報恩講」が無事厳修されました。

午前中には「門信徒会入門式」が行われました。



「お経教室」のメンバーによるお勤めです。



入門者を代表して、「誓いのことば」を述べていただきました。
亡き方々のご縁を感じます。



皆さんで記念撮影。
どうぞこれからよろしくお願い致します。



「雅楽ミニコンサート」が開かれ、優雅な音色を楽しみました。

今年の楽目は、平調音取 / 陪臚 / 一行の賦(龍笛独奏)
最後に『ふるさと』合唱、厳かな音色と皆さんと歌声に感動してしまいました。



いよいよ午後からは報恩講です。



法要で「天真寺雅楽会」のメンバーがデビューを飾りました。
しかし緊張のあまり。。作法は忘れるわ、音は出ないわ、大変でした。
それでもこの日を迎えられたのも、お稽古をつけて下さった弘山先生のおかげ。
どうもありがとうございました。

反省会では、練習不足だったという結論。
これからまた頑張ります。



ご法話は、龍谷大学名誉教授・浅井成海先生。
三年越しの念願叶ってのご縁、先生の身を以てお話下さるすがたから教わることがたくさんありました。
「生かされて生きている」、尊いお話を聞かせていただきました。



ご法友の皆さま、ありがとうございました。


ご参拝下った門信徒の皆さま、お手伝い下さった役員の皆さま、本当にありがとうございました。
たくさんの方々のおかげで終えることができたことを思うと、報恩講を勤めることの有り難さを実感してます。

合掌

(静)

帰敬式

2007-11-24 10:07:50 | 天真寺
今秋

ご本山での念仏奉仕団では4名がご門主さまより






築地での報恩講では2名が新門さまより、帰敬式を受けて下さいました。




受式したTさんは、「緊張とともに、身の引き締まる思いをした」とその喜びを聞かせて下さいました。

お念仏とともに歩むなかまが増えたことを、とてもうれしく有り難く思います。

(静)

京都念仏奉仕団

2007-11-20 15:03:53 | 天真寺
今年も千葉組のご本山への念仏奉仕団旅行に、住職を含め8名で参加しました。



白州の落ち葉を掃きました。



夜は京都ならでは、「左阿弥」での京懐石の美味しいお食事。
うらやましい~。
この後はライトアップした「高台寺」を参拝しました。



総代のOさんは今回が参加10回目!
表彰をしていただき、有り難い記念となりました。


京都を後にしてからは、姫路・倉敷・岡山をまわりました。
亀山本願寺、大原美術館、岡山後楽園と旅行も楽しみ、無事にご奉仕をつとめて下さいました。

また来年も一人でも多くの方にご縁に遇っていただきたく思います。
皆さんお疲れさまでございました。

(静)

「報恩講」近づく・・・

2007-11-20 12:10:10 | 雅楽教室
11月23日に迎える「報恩講」が近づいてきました。
私たち天真寺雅楽会のデビューです。

先週の日曜日は本番最後のお稽古日。
それぞれの管の練習の後は、本堂でのリハーサルとなりました。



こちらは入堂・退出の練習です。
初めは自分の動きだけで精一杯。
何度もみんなでそろって所作をするようにと注意を受けながら、少しずつまわりが見えるようになってきました。



こちらは合奏練習。
緊張したりで、なかなか思うようには演奏できないものです。
それでも音を合わせる楽しさを味わい、何度もリハーサルを重ねました。

あとは当日を迎えるのみ。
どんなデビューになるか、ドキドキです。

12時45分からは若住職とお友達のお坊さんによる「雅楽ミニコンサート」もあります。
ちなみにこちらはとっても上手ですから、お楽しみに。


天真寺報恩講

11月23日(金)勤労感謝の日
 午前11時~    門信徒会入門式
 午後12時~    お斉(昼食)
 午後12時45分~ 雅楽ミニコンサート
 午後1時半~    報恩講
             【ご講師】浅井成海先生(龍谷大学名誉教授)


浄土真宗では一番大切に勤められる法要です。
秋の深まった一日、ぜひお寺にお参り下さいませ。

(静)

「通夜布教」体験記

2007-11-18 14:28:41 | 日々
今年の築地別院報恩講も無事厳修されました。

私も法要に出仕させていただきましたが、今年の報恩講の思い出は「通夜布教」です。

通夜布教とは、夜を通してのお説教。
築地別院では午後8時半~明朝の午前5時半まで、9名の布教使の方々によるお説教が続きます。




その通夜布教をお聴聞させていただきました。

夜を徹して行われる通夜布教、お聴聞する方も一苦労です。
一晩またいでのお聴聞は、私も体験しましたが大変、知らぬ間に目が閉じていました。

時折、いびきが聞こえてきますが、居眠りもOKなんです。

この時ばかりはいつもは冷たい視線が突き刺ささる居眠りも、温かい目で見守られる、そんな有り難い雰囲気に包まれます。

(龍)