天真寺日記

天真寺の日々を綴ります

「お寺に還ろう」富田富士也先生

2007-02-28 11:01:47 | 仏教
少年連盟公開講座が開催されました。
ご講師には、子ども家庭教育フォーラム代表 富田富士也先生をお迎え致しました。





http://www.kodomoforum.com/index.html
【子ども家庭教育フォーラムHP】


富田先生のご講義では、全く知らない人とコンビを組みさまざまなワークショップが行われます。

今回は、「甘える」をテーマに話し合い。

「命がもう少しで終わりを迎えようとしている、その時に求めるものは、学歴・名誉・財産でしょうか?孤独から切り離される最後の命綱は何?」

「なぜ家族(サンガ)を作る。恋愛と結婚の違い?」

などなど。

私は司会を担当していたのですが、突然

「いつも両親に言いたいことを言っている腕白なお姉ちゃんが、おとなしい優等生の妹に、『お姉ちゃんは贅沢だよ』と言われた。その時、あなたがお姉ちゃんだったらどう答える?」

と質問をされ、しどろもどろになってしましました。

そんな話し手と聴衆が一体となる形で講義が進められるため、あっという間に時間が過ぎていきます。

↓ 富田先生のメッセージ

現在の社会は、努力しても報われなければ努力と言わない、弱者に冷たい社会であります。
そんな不条理な中だからこそ、弱音を吐き・愚痴を言い・悪態をつきたい。

かといって誰にでも言いたいわけじゃない。何でも言える空間、安心できる場所、頼りになる人に言いたいのです。

それは、競争社会の中ではなく、パーソナリティーを超えて肯定される場所、条件ナシで受け止めてくれる場所であります。

まさしく、そんな場所がお寺に求められているものではなないか。
その昔には、それこそがお寺の役割であり、お寺こそが還る家だったのではないだろうか、と。

お話を下さいました。


富田先生のお言葉に、

「せめぎあって、折り合って、お互いさま」というお言葉があります。

効率よくうまくいかないのが人間関係(親子・友人などなど)であり、生きることそのもの。

だからこそ、「弱音を吐いてもいいんだよ。泣いていいんだよ。泣き虫、弱虫、そのまんまのおまえが大好きだよ」そうささやいてくれる肯定感につつまれた”還る家”が日本全国にあっちこっちに生まれたいいな・・・と。


時代の変化につれ、人の心もお寺のあり方も変わっていきます。

けれど、人と人が出会い、触れ合うことの感動は変わらないでしょう。

そんな感動、人と人のぬくもりがお寺を支えてきたのだろう。

是非、天真寺にも富田先生にお越し頂きたいなぁ思います。

(龍)

ボラン寺

2007-02-26 12:16:49 | 天真寺
今月より、ご門徒の皆さんに寺報発送作業をお手伝いいただくことになりました。
お寺でボランティアだから「ボラン寺」。
考えてみると皆さんがして下さることはすべてボランティアですから、やっぱりお寺はご門徒さん方の力で支えられてあることを、改めて実感します。

先月の寺報でお願いしたところ、今日は朝早くから10人がお集まり下さいました。
有り難いことです。
作業は、寺報折り・宛名のシール貼り・封筒詰め・糊付けといったところ。
やっぱり人数が多いと、作業が早い!!
今までは寺族と法務員さんだけでしていましたから、その差にびっくりです。







(皆さん手際がいいです!)
 

ただ問題は私の原稿作り。。
今まではお尻に火がついてから月末ギリギリの仕上がりでしたが、今度からは遅れるわけにはいきません。私もちょっと緊張です。

来月もまたお手伝いいただけると、うれしいです。
皆さん、よろしくお願い致します~。

(静)


「恩徳讃」で思い出すこと

2007-02-25 20:53:30 | 日々
今日は朝の日曜礼拝がありました。
朝方はずいぶん冷えたようですが、それでも皆さんお参り下さいました。
いつものことながら、頭が下がります。

当番は住職。
繰り読みのご和讃は、
「如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし
 師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし」

『恩徳讃』のご和讃をお味わい致しました。
仏教讃歌としてすっかりおなじみです。
けれどそう思っていたはずが。。私は仏教学院の試験の時、このご和讃を漢字で書きなさいという穴埋め式の問題が解けませんでした。
漢字で「ししゅ」をどう書くか、全く浮かばない。
子どもの頃に覚えたので、音だけで記憶していたようです。
正解は「師主」。釈尊のことをいいます。
もちろん知っているはず、という思い込みはこわいもの。
やっぱり驕り心はよくないなと、このご和讃を見るたびに思い出すことです。

話は変わって、仕舞い込まれていたお雛様がやっと完成の日の目を見そうです。
一昨年、婦人会で作ったお雛様。
お寺に飾る分は自分で作った方が愛着がわくからと私が作るようにと頼まれ作りかけたものの、細かくて大変なのですっかりそのままになっていました。
それをご門徒のIさんが仕上げて下さると、今日預かって下さいました。
有り難い~。
完成するととても可愛いので、今から楽しみです。




(完成品)

(静)

「お経教室」お仏壇編

2007-02-24 22:55:31 | 天真寺
お経教室の日でありました。

今日は、特別編です。
ご家庭のお仏壇の荘厳について法務員の山口さんよりご説明を頂きました。



輪燈、菊灯、金灯籠、華鬘、戸帳、瓔珞、打敷、四具足、三具足、五具足と1つ1つ丁寧に教えてくださいました。

お仏壇について、知っているようで案外知らないことが多いんだなぁと実感です。

お荘厳するときの順番は、

点火(明かりをつける)

点燭(蝋燭をつける)

供香(お香をたく)

供飯(仏飯をお供えする)

説明の中で、昔習った言葉をふと思い出しました。

「何ごとも仏さまに対するお心が大切です。
 でも、形が決まっていないと心も定まらないのが人間の心なのでしょう。」

改めて、お仏壇のお荘厳の大切さを学びました。

浄土真宗のサイト「寺子屋NET 蓮浄寺」において、
お仏壇の荘厳について、多岐にわたりご説明されていますので、是非ご覧下さい。

↓ クリック

http://www.terakoya.com/butsuji/index.html

寒い中をようこそ

2007-02-21 15:08:36 | 法要
昨日は20日、天真寺では「お寺参りの日」です。
午前中は写経教室、午後からは仏教講座会があります。

仏教講座会のご講師は、兵庫県の佐々木蓮乗先生。
日常生活の中での、お念仏のお味わいをお話下さいました。
尊いご縁をありがとうございました。




寒い中をようこそ皆さんお参り下さいました。
講座後は、甘酒のお振る舞い。
少しはあったまっていただけたかな。








(静)