夫婦別姓論7つのウソ

◆法務省とフェミニストのウソに騙される日本人

■親子同姓制度を守る会

法務省が仕組んだ法制審議会答申(6)

2010年04月04日 | 法務省
法制審議会民法部会が夫婦別姓導入を決定するに至った経過をもう一度整理してみよう。

**************

平成3年1月 法制審議会民法部会身分法小委員会が婚姻制度に関する検討を開始

平成4年12月 法務省民事局参事官室が「婚姻及び婚姻制度の見直し審議に関する中間報告(論点整理)」を公表

平成5年11月14日 法務省民事局参事官室が「婚姻及び婚姻制度の見直し審議に関する中間報告(論点整理)に対する意見の概要」を発表
平成5年11月19日 関口礼子・図書館情報大学教授の「通称使用」をめぐる裁判で、東京地裁が原告敗訴の判決

平成6年7月 法務省民事局参事官室が「婚姻制度等に関する民法改正試案及び試案の説明」を発表

平成7年8月 法務省民事局参事官室が「婚姻制度等に関する民法改正試案に対する意見の概要」を発表
平成7年9月 法務省民事局参事官室が「婚姻制度等の見直し審議に関する中間報告及び報告の説明」を発表

平成8年2月 法制審議会が「民法の一部を改正する法律案要綱案」を決定

************

この年表をよくながめてほしい。

民事局参事官室が、はじめに「論点整理」なる文書を発表し、この文書を日弁連など法曹各界にばらまいて「意見」を回収し、夫婦別姓賛成65%といふエセ・アンケート結果を公表。しかるのちに、エセ・アンケート結果をもとに「民法改正要綱試案」を策定し、この「試案」なる文書を再び法曹各界にばらまいて、「意見」を回収。夫婦別姓賛成91%といふエセ・アンケート結果をもとに「中間報告」をまとめるといふ作業を繰り返してゐたことが分かる。

なんて周到に練られたサル芝居だらう。

国民不在の法制審議会サル芝居を演出したのは、いふまでもなく法務省民事局参事官室の官僚たちである。

法務省は夫婦別姓問題に中立的な立場で臨んできた信じてゐるオメデタイ人たちは、例えば次のホームページを見られたい。

http://fb-hint.tea-nifty.com/blog/2010/03/post-3eb7.html

平成22年3月3日に開催された「民法改正を求める!3・3決起集会」の模様である。

ここにサヨク弁護士やフェミニスト議員とともに登壇して、一日も早く夫婦別姓を、と叫んだ小池信行なる人物こそ、まさにこの法制審議会サル芝居を演出した当時の法務省民事局参事官室の頭目なのである。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。