手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0609 鼻が利かない。T_T

2018-06-14 23:33:54 | 今日の釣りネタ
0609 今週も開幕したばかりの房総ショゴロードに出撃でしたが、探しても探してもショゴの群れが見つけられず、何ともショボい結果に終わってしまいました。T_T 
その間、別行動の仲間はコンスタントに結果を出しており、何とも「鼻が利かない」ロードに我ながらうんざりだったのでした。T_T
いつもは、時間を追って釣行記を書くところですが、今回は趣向を変えて「鼻が利かなかった」自己分析と自己反省を綴ってみることにします。
 
<ド干潮でするべきこと>
まず、0800の現地到着時はド干潮を少し過ぎた辺り。
シャローは狙えないとしても、水深のある漁港の奥で居残りのショゴ群れを探すつもりでした。
悪くない選択だったと思いますが、こんなヤツと小一時間も戯れてしまったのは大失敗です。
豆ミノ25で無限サバ、もう飽きるほど釣ってるのに・・・。
釣れないまでも、次回に備えてランガンしながら、ボトムの様子を目に焼き付けた方がどれほど有意義だったことか・・・。
 
<上げ3分の勘違い>
上げ3分からのランガンでは、ひたすらスロープに降りては、ブレイクラインの向こう側へSPミノーを放り込んでいました。
この時点で「セイゴも釣れちゃったらいいかな?」なんて甘いことを考えている自分がいたはずです。
ショゴが出て来ないのが判明したのに、セイゴが釣れるまで粘ってしまう・・・。
結局、狙いのショゴがいない&釣れないにも関わらず、セイゴが釣れたパターンを過大評価してしまう勘違いを起こしていました。
この後、これが最後まで悪さすることも知らずに・・・。
 
<上げ7分で機動力なし>
潮が動いて魚も動く絶好の時間帯に、港口へ出て小磯のベイト付きをチェックしていました。
それ自体は悪い狙いとは思いませんが、ここでも、投げる度に釣れてしまう豆ムツと戯れること小一時間・・・。
最もその日のパターンを探らなければならない時間に、何をやっているのやら。T_T

更に次のポイントでは、ショゴを想定したポイントからセイゴが出てきて、ここでもセイゴを釣って喜んでしまいます。
一つ釣って終わりにすればいいものを、反応がなくなるまでやるからまた小一時間のムダ。T_T
結局、いい時間帯に本命ポイントにたどりつけなかったわけですが、同じ頃、本命ポイントでは仲間がいいサイズのショゴを出しておりましたとさ。T_T
仲間に先を越されたということではなく、意識するべきことが実践できない自分が情けない。T_T
まぁ、「鼻が利かない」と言うより、「目の前の甘い汁に弱い」ということですかね。(∼o∼)
 
<満潮前後に狙いをはずす>
本命ポイントに到着すると、既に「祭り」は終わった後で、見えてるショゴは全てボラになっていて話になりません。
こんな時、見えてない魚を探さなければならないのですが、その探し方は大きく分けて2種類あります。
一つは「ストラクチャー撃ち」で、もう一つは「回遊コースの捜索」です。
この日の私は、ストラクチャーから出てくるセイゴを釣ってアタリパターンと勘違いしていたのかもしれません。
回遊の群れを探すことなど頭の隅にもなく、見えている狭い範囲のストラクチャーを叩き続ける選択となったのです。
当然、結果は撃沈でした。T_T
 
<ランガンしてもセイゴポイント>
本命ポイントでショゴを引き出せなかったのは私だけでした。
さすがに、目の前のストラクチャーを撃ち続けるのは意味がないので、小漁港をランガンしてショゴを探すことにします。
やってる本人は至って真剣でしたが、今になって考えてみると、やっぱり回遊のショゴ群れを想定していないんですよねぇ~。
案の定、そんなピンポイントのストラクチャーからはセイゴが飛び出してきて、またこれに満足してしまう自分がいるのでした。
「鼻が利かない」と言うより、目の前のモノしか見えていない状態ですね。(∼o∼)
 
17時になってようやく一匹目>
ランガンしてもセイゴポイントしか見つからず、本命ポイントに引き返してきました。
何となく目の前のブイを見ると、チビショゴが10匹くらい着いているじゃないですかっ。(@@;
今日初めてストラクチャーに着いた釣れそうなショゴを見つけたかもしれません。
 
17時になってようやくショゴゲット。
しかし、この狙いで釣れたのは、全て20cmアンダーのチビショゴばかり。
この日、広い範囲に回遊していた(と思われる)25cmアップの群れにはたどりつくことができませんでした。
 
<回遊ルートを断つ狙いができない>
ラスト1時間、今シーズンの実績ポイントで最後の勝負を仕掛けます。
魚が回遊しているので、本来であれば回遊ルートを断ちながら、奥へ奥へと捜索網を狭めていくのがセオリーです。
・・・が、魚が見つからない焦りと、残り時間が少なくなってきた焦りから、いきなり最奥のピンポイントだけをチェックしている自分がいます。
案の定、ショゴは見つからず、またもやストラクチャー着きのセイゴを釣って万事休すとなったのでした。T_T
 
今回、ことごとくショゴの狙いをはずしたのは、目の前の魚は釣らなきゃ気が済まない「悪いクセ」が原因でした。
やり込み過ぎて適時を逃す⇒本命のパターンが掴めない⇒釣れないから焦る⇒焦るから本命じゃない魚のパターンを追ってしまう⇒やっぱり魚が見つからない⇒釣れない。T_T
正に負のスパイラル。
とは言え、自分の釣りがこの「釣らなきゃ気が済まない」が起点となっていることも事実なわけで・・・。
まぁ、自己評価と自己反省を繰り返してスキルを高めていくのも、釣りの楽しいところですから、これはこれでヨシとするしかないんでしょうね。(^^;
どんなスキルかって?・・・そりゃぁ、もちろん、明日爆釣するための「鼻が利く」ってスキルですよ。(~o~)


↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
6月後半にはショゴが本格化します。
ワインドトゥイッチャー30と豆ミノ25トゥイッチャーがあれば、ショゴゲームを制したも同然!・・・かも。(^^;
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 0602 ショゴ接岸はイマイチ。 | トップ | 0616 御大竿頭?(^^; »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪いくせ (ROCKY)
2018-06-18 06:59:34
僕も、目の前の魚、釣らなきゃ気が済まない組です。本当はその魚を捕食してる魚を釣る予定なのに、どんどんルアーを小さくしていって、それでも釣れないなら、フックに引っ掛けてでも釣ってやろうと目の色変えてテゥイッチしてます。。。ロッドを振り始めるといまだに平常心を保てないっす。。。
悪い癖 (手のヒラアジ)
2018-06-25 23:57:35
ROCKYさん>
ども、ご無沙汰しています。(^^)
「釣らなきゃ気が済まない」
そうなんですよねぇ~、目の前に出てくるとスルーできないのは、アングラーの性ってヤツですかね?(∼o∼)
でも、その力んで釣った一匹は、きっと後々自分の釣りを高めてくれるはず・・・
ですよね。(^^;
そう信じましょう。(∼o∼)

コメントを投稿

今日の釣りネタ」カテゴリの最新記事