天皇陛下の靖国神社御親拝を希望する会会長

日本人の歴史認識は間違っています。皇紀2675年こんなに続いた国は世界の何処を探しても日本しかありません。

デマ野郎 江川紹子

2017-09-12 01:00:17 | 時事

江川紹子ツイート


『米軍基地に土地を奪われていただけでなく、知らないうちに核兵器1300発も配備されて、とんでもない核ミサイルの事故も起き、核戦争の拠点にもなってて、沖縄をその地に選んだのは日本政府だった…なんて、沖縄が怒るのも当然だわ…』


依田啓示ツイート

『すごいデマ野郎だな。
実際に核戦争でも起きたかのような言い草だな。我が国の批判はいいから、我が国に脅威を与えている国に文句を言ったら?っていうか、沖縄県民として言います。あなた方は沖縄問題に介入しなくていいから。ホントに迷惑!』


『デマ野郎』と依田氏が発した言葉こそが沖縄県民の率直な気持ちであろう。

江川氏のツイートは米軍統治下時代に核ミサイル「ナイキ・ハーキュリーズ」が配備されていた米軍那覇サイト(現・那覇空港)で、1959年6月19日、核弾頭を搭載したミサイルが誤って発射されていたとNHKが10日、報じたことによるものであるが、デマではない。

爆発はせずに、那覇沖合に着水したミサイルは米軍が回収、この事故で一名が死亡している。

沖縄タイムスは事故発生翌日の紙面に、米軍発表として「ミサイル発射寸前に発火」と誤発射を報じているが、米軍から「核弾頭搭載」との広報はなかったようだが当然である。

これがアメリカの核の傘に守られているということであり、核兵器に関しては全て極秘であるのは
当然だ。では江川氏のツイートの何処がデマ野郎であるのか、それはただ一点「土地を奪われていた」との表現である。

確かにあの27年間沖縄の土地は米国によって奪われていた。現状米軍基地は奪われたままの状態ではあるが、日本政府にとっては借りてもらっている状態で、沖縄の感情は奪われたままとなるのである。

沖縄左翼はこの感情を利用し、日本政府の加害性を誇張して日韓併合と同列でその被害性の矛先を政府に向けるのだ。

江川紹子なる人物は決して天皇陛下の沖縄メッセージの話には触れないのがデマ野郎の所以だろう。
コメント