マレーシアで道に迷う

スバンジャヤ近辺をうろついているおばさんのブログ。
仕事で忙しい夫はレアキャラと呼ばれています。ひとり行動が好きです。

タイの嗅ぎ薬

2016-08-25 19:05:00 | こんなもの買いました
なぜこんなにある・・・ 
     

夫がタイ土産で買ってきた物。
こんなにある理由は、買おうと思って1袋差し出したら、
Buy 1 Free 1 でもう1袋ついてきてしまったからだそうです。

このお土産を買ってくる前にもバラで買ってきたことがあって日本へのお土産にしたことがあるし、
以前、マレーシアのドラッグストアで HURIX'S のクールインヘラーっていうのも買ってありました。
これみんな、キャップを取って鼻の穴に押し当てて使う嗅ぎ薬です。
あ、怪しい薬じゃありません。
なんだかタイでは特にみんな持ってて使っているそうで、
夫なんて買い物が済んで店員さんに「コップンカー(ありがとう)」と言われたので振り向いてみたら、
店員さんが鼻にこれを突っ込んでコップンカーを言ってたそうで、
あまりに面白い話だったので、我が家ではそれ以来この嗅ぎ薬のことを「コップンカー」と呼んでいます。
「あれ?あたしのコップンカーどっかいっちゃった~」 みたいに。
鼻に押し当てるので名前を書いて自分専用にしています。

さてそんなコップンカー、じゃなくて嗅ぎ薬。
キャップを取るとこう。右はマレーシアで買ったHURIX'Sの物。ちょうどリップクリームくらいの大きさです。
          
これを鼻に当てて息を吸い込むと、メンソールやユーカリオイルの香りがスーッと入ってきて、
鼻がすっきりします。(賛否ありますが、私はすっきりします)
大きく吸い込むと喉の方までスーッとします。(少し)
眠気が覚めたり、ちょっとした小腹がすいたな~という気持ちを抑えてくれます。(という噂です)

そしてなによりこのタイで買ってきたほうはキャップ以外にもう一段階外せて、
なんと虫刺されにも効くそうです。(それはどうかな)
     

とりあえず安いものなので、花粉症気味の人へのお土産にはいいかもね。
HURIX'Sのものはちょっと甘いガムのような匂いで、私はタイのPOY-SIANの方がきつくて好きです。

こんな高級品(?)もあります。
     

でもこれはメンソールの香りじゃなくてターメリックの香りですね。
     
なんていうんでしょう、カレー粉というか、仁丹の匂い!

そういえば仁丹て小さい時にはよく置き薬の箱の中にあって、
あの小さな銀玉のような粒を食べたというか飲んだ記憶がありますが、
あれは一体なんのための物だったんでしょうねぇ。腹痛でもないし、風邪でもないし・・・
そのあたりの記憶はまったくありません。  仁丹・・・

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水道水のはなし | トップ | フリーシャトルバスでパラダ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイムリー (オヨヨ)
2016-08-26 23:29:12
ちょうど私も先日タイへ行きまして同じ物を購入しました。夜、ぼんやりした灯りのレストラン内で欧米人グループの方々が鼻にこれを突っ込んでいる姿を見かけたときは少しドキドキしました。
ドキドキ(笑) (オキロン)
2016-08-28 23:08:09
押し当てると書きましたが、突っ込むのが正しかったりして・・・
なんだか延々と使ってしまうんですが中毒にはなりませんよね・・・・・

コメントを投稿

こんなもの買いました」カテゴリの最新記事