マレーシアで道に迷う

スバンジャヤ近辺をうろついているおばさんのブログ。
仕事で忙しい夫はレアキャラと呼ばれています。ひとり行動が好きです。

ネパールレストラン ザ・ガーカズ

2017-12-13 09:38:13 | お外で食事
路上に人があふれたこの通り沿い、
     

ショップロットの上の階はなんだかどこもレストランになっている感じでした。
看板が上の方なので、建物側の歩道を歩いていてはよく分からない。
     
けどここらしい。 GURKHAS と書いてあります。ここですね。
     
でも入り口は こ・・こ・・・???(´・ω・`)という階段を上がりました。
中はちゃんとした木のテーブルのお店で、お客さんもたくさんいました。たぶん全部ネパール人だけど。
     
ネパール料理なんて初めてなうえに、レストランなんてピンキリだと思うので、
今回はちゃんと調べてから行きました。もう長く続いてやっている割ときれいなお店のようなので選びました。

メニューを渡されたけど・・・おぅ!何文字でしょうか?
     
いや、何文字でもいいんだけど、RMというのはマレーシアリンギというマレーシアのお金の単位なので
RMと書いてあるところにはおそらく値段の数字が書いてあるんだけど、
数字が読めない! (´;ω;`)ウッ…
     
ま、そんなに高くはないだろうと値段は気にせず、注文しようと思ったけど、
もう何が何やら全然分かりませんよねぇ。
ただ、ネパールはほぼヒンドゥ教徒なので牛はないようです。

店員のお姉さんが親切に色々と言ってはくれるけど、(大きな括りでこの辺りはライス、この辺りはミーという感じで)
全然わからないのでメニューの写真に乗っているものを頼みました。
スパイシーか聞いたらスパイシーだと、全部スパイシーか聞いたら全部と言うので困ったら、
ミーゴレンはノットスパイシーで作りますと言ってくれました。ありがとう。
それからネパール料理でただ一つ知っていたモモをたのみました。
これがモモです。小籠包みたいな形の餃子のようなものですね。中は鶏のひき肉です。真ん中のスープが激辛。
     

真鍮の丸いトレーに載ってきたのがご飯もの。肉は選べたのでマトンにしましたが、硬かったな。
豆と雑穀(多分)のスープは薄いカレー味。やさしい味。
漬物みたいな野菜も美味しかったし、どれもそんなに辛くはなく、マトン肉以外は美味しかった。
     

ミーはノットスパイシーで作ってもらったのでありきたりな物になってしまいました。塩焼きそば系。
     

会社のネパール人男性が、粉からパン(というかたぶんチャパティみたいなもの?)を作って食べていると言っていたので、
そんな感じのものも食べたかったなとは思いますが、まぁ、ネパール料理体験はこれで一応済み。
今地図を見たらThe Khukriというネパールレストランも美味しそうだしメニューが英語だな。
そっちのほうが良かったかなぁ・・・
でもガーカズもお姉さんがとてもフレンドリーで帰りに手を振ってくれたので満足です。 

さて、まだこの近くにはミャンマーのお店が並んでる場所もあるからミャンマー料理も食べておきたいし、
なんかもういろいろ変わった物を食べておきたいですね。 

ガーカズの場所はこちらです。グーグル地図に日本語で出てくるということは以外と日本人がたくさん行ってるの?

  

 こちらのお外で食事の地図もどうぞ 
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 外国人労働者の集まる場所 ... | トップ | パビリオンのクリスマス 2017 »

コメントを投稿

お外で食事」カテゴリの最新記事