マレーシアで道に迷う

スバンジャヤ近辺をうろついているおばさんのブログ。
仕事で忙しい夫はレアキャラと呼ばれています。ひとり行動が好きです。

グリルドアのカギがやっと直った

2017-11-18 09:23:51 | 日記
マレーシアの家の玄関前には、グリルと呼ばれる鉄格子のような扉が付いている家が多いです。
防犯のためです。
それは各自で付けるので、コンドに並んでいる各部屋も、お洒落なデザインの物や、高そうなステンレス製の物や、
もちろん付けてない家もあります。
我が家にもついているので、グリルと玄関ドアと2種類の鍵を使って出入りするのですが、
大家さんからはグリルに南京錠も付けた方がよいと言われました。
2つだってめんどくさいのに・・・ということで南京錠は付けてませんが。

で、ずっと秘密にしていたんですが、しばらくグリルの鍵が壊れてました。 
グリルのカギ穴に鍵を差し込んだら、シリンダーごと抜けて中身がバラバラになってしまいまして、
グリルの施錠ができなくなっていました。分からないように誤魔化してはめ込んでおきましたが。
そこで大家さんに連絡しようとしたら電話が通じなかったんです。 
どうやら携帯を変えて番号が変わったんでしょうね。

部屋は会社で借りている物なんですが、会社の人にも分からないし、
契約に立ち会った会社の弁護士にも分からないし、コンドの事務所の人にも分からない。連絡が取れない。

そんなわけで「家賃を払わなけりゃ向こうから連絡してくるでしょ」作戦をとったら、
速攻で連絡が来て、やっと昨日鍵がかかるようになりました。 
シリンダー交換代185リンギでした。大家さん持ちです。
玄関ドアには鍵があるわけだから開けっ放しということではないんですが、
なんとなく今まであった鍵が1つ無いと不安ですよね。

というのもこのコンドの別棟で何かあったらしく、最近色々とセキュリティ関係に変化がありました。
一番の変化はこれ。
     

悪者が非常階段に逃げ込んだが最後、1か所からしか出られないように階段側のドアノブが撤去された!
     

でもこれ、問題はエレベーターがたまに故障することですよねぇ。
私も夫もエレベーターが使えないので階段で上がったことがあるんだけど、そんな場合はどうしたらいいんだろう・・・



『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« スクワットタイプとは?+手... | トップ | 2017 会社のアニュアルパーテ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事