病棟転換型居住系施設について考える会

世界に誇る日本の精神病院の病床数と長期入院者の問題とは…。削減した病床を病院敷地内の居住系施設に転換する問題とは…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

共同通信 2014年6月26日夜配信 「障害者権利条約に違反」精神科病棟転換で反対集会

2014-06-27 11:03:19 | 報道
 2014年6月26日夜、共同通信が、【6.26緊急集会】について配信しました。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  
 「障害者権利条約に違反」 
  精神科病棟転換で反対集会 
 
  厚生労働省が精神科病院の長期入院患者の退院を促そうと、病棟の居住施設へ
 の転換を認める方針を示したことに対し、障害者団体などが26日、都内で反対
 集会を開き、「地域社会で生活する権利を認めた障害者権利条約に反する」と訴
 えた。
 
  厚労省は7月1日に開く有識者検討会で、長期入院患者の地域生活への移行に
 向けた報告書をまとめる考えで、集会の主催者は病棟転換構想の撤回を求めるア
 ピール文を厚労省に提出した。
 
  集会には約3千人(主催者発表)が参加。呼び掛け人の一人、杏林大保健学部
 の 長谷川利夫 (はせがわ・としお) 教授は「厚労省の検討会委員25人のう
 ち、精神障害の当事者は2人だけだ」と述べ、当事者不在で議論が進んでいると
 批判した。数十年入院していた人たちも「転換施設は病院経営のためで、障害者
 のためのものではない」と訴えた。
 
※    ※    ※    ※    ※    ※     ※      ※
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 生活するのは普通の場所がい... | トップ | 毎日新聞 2014年6月27日付朝... »
最近の画像もっと見る

報道」カテゴリの最新記事