病棟転換型居住系施設について考える会

世界に誇る日本の精神病院の病床数と長期入院者の問題とは…。削減した病床を病院敷地内の居住系施設に転換する問題とは…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Eテレ ハートネットTV放映のお知らせ「精神障害者の戦後 ―病院か地域か―(仮)」

2015-06-01 12:27:02 | 報道
Eテレ ハートネットTV

シリーズ戦後70年
第4回 精神障害者の戦後 ―病院か地域か―(仮)

初回放映日時: 2015年6月3日(水)午後8時00分~午後8時29分
再放送日時: 2015年6月10日(水)午後1時05分~午後1時34分
番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2015-06/03.html

 当会呼びかけ人の山本深雪さん、加藤眞規子さんが出演するそうです。

【番組ホームページより】
 シリーズ戦後70年 第4回は“精神障害”のある人がどう生きてきたのか。今、精神障害者の長期入院が大きな問題となっています。先進諸国の精神科の在院日数は平均20日程度ですが、日本では1年以上長期入院している人が20万人に上り、症状が良くなっても病院にとどまる「社会的入院」も数多くいると言われています。なぜ多くの患者が病院から出られないのでしょうか。背景には、患者の人権より治安を重視し、精神障害者を「隔離収容」してきた戦後の歴史があります。統合失調症やうつ病など精神疾患は誰でもかかりうる病。精神障害者もそうでない人も、どうしたらともに地域で暮らせるのか、当事者たちの歴史をたどり考えます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 3・3 病棟転換型居住系施設に... | トップ | STOP!精神科病棟転換型居住系... »
最近の画像もっと見る

報道」カテゴリの最新記事