大牟田 荒尾 柳川 テニス教室 ゆる~くテニスを楽しんでいる人が酔った時に書くブログ

毎週火曜日午後7時~9時、大牟田の諏訪公園にてテニス教室開催中!中途参加OK!です。お問い合わせは大牟田テニス協会まで!

ダイエットには筋トレはいい

2014年03月30日 | 日記

先々月1ヶ月ほど頑張ってダイエットして体重が3k減ったんですが、それから気が緩んでしまい糖質を取りまくってしまいました。

「今乗ると絶対体重戻っている・・」

そう思うと、体重計に乗るのが億劫になり、

「ちょっとダイエットしてから乗ろうか・・」

と、家の中で体重計から目をそらしていました。

そんな事を1ヶ月ほど繰り返しており、

「やはり自分を知らないと先には進まない」

というテニスで得た教訓が自分を体重計へと導き、いつもの風呂上りに体重計に乗り、目を開けたら、なんと、増減なし。

維持してました。

やはり筋トレは正しかったか。。

筋肉量増やすと、何もしないでもそれだけで基礎代謝量が増えてダイエットに効果があると、知り合いのドクターから聞いていたので、頑張って筋肉つけましたよ。

何もしないでも筋肉があるだけで、ただそれだけで代謝が増える

何もしないでも

何もしないでも

何もしないでも という言葉には人を頑張らせる魔力があります。

 

特に筋肉が一番多いという太ももの筋肉を付けると良いというので、太ももはとくに筋肉つけました。プロテインも飲んでいたし。

気が緩んでいた時、外でめちゃくちゃに甘い物食べてたんですが、絶対体重が戻るって思ってました。

こんな物まで食べてました。

これをファミマで買った時に「スプーンもお願いします」と言うと、

バイトのお姉さんが大きいカレー用のスプーンをくれました。

ガツガツと豪快に食べるとでも思ったのだろうか。。

実際そういう風に食べましたが。。

それが戻らず維持したままだったというのが嬉しい。

もう2k頑張ってみようか。。

 

コメント

俊敏性のトレーニング

2014年03月17日 | 日記

テレビの番組でスキージャンプの葛西選手の足の運動能力を検証する番組がソチオリンピック中に放送してましたけど、ご覧になった方はいると思います。20代の選手を上回ってましたね。

びっくりです。

トレーニングを続ければ、40代の選手でも20代の選手を上回る事が出来るんですね。

 

筋肉を素早く動かすトレーニングを継続する事によって、筋肉と脳の間にある運動神経系の伝達効率がよくなるという話は、最近いろいろ調べてて知りました。

テニスは下半身の俊敏性が非常に大切なのですが、普段の練習では、俊敏性に焦点を当てた練習というのはしないですよね?

でも、時間を見つけてやったほうが良いと思います。健康のためにも。

老化は足からっていいますが、筋力の衰えだけじゃなく、神経系も衰えてくるんじゃないでしょうか?高齢者が転倒しやすいのはその辺りに原因があるのでは?

僕は自分が球を打っている動画を見て、つくづく「動けていない」事に気がつきました。

早くも足の老化が始まっているのでは? 僕も高齢者になったら転倒するのか? 不安に襲われました(笑)

自分ではかなり早く動いているつもりの時が、動画で見ると普通の動きになってます。

自分では普通に動いているつもりの時が、まるで80代の老人のようなかなり遅い動きになってます。

僕より年上の方でも俊敏な方がいるのに。。

動画を見て肩が落ちました。青色吐息が出ました。天井を仰ぎました。(笑)

見なきゃ良かった? いやいや、早く気付いてよかった。ん?まてよ、そう早くもないか(笑)

僕は筋肉を太くする筋トレはしてますが、筋肉を早く動かすトレーニングはした事がない。筋トレで筋肉を太くすれば、筋肉の動作も速くなると今まで思いこんでました。

脳の神経は学習によって神経間のネットワークを広げたり、伝達効率が良くなるという事は知ってたんですが、筋肉につながる神経も、まさか鍛えられるとは思わなかった。

老後に転倒して足を骨折して寝たきりにならないためにも、僕は筋肉を早く動かすトレーニングをしなければまりません。(笑)

ネットで下半身の敏捷性のトレーニング方法を探していたら、とてもよいサイトを見つけました。インターネットが無い時代を経験してる世代は、何かにつけ、ネットの便利さをひしと感じますね。でも、そんな今では便利なネットも、17年前の黎明期の頃は、静止画のホームページしかなかったですからね。画像貼り付けて、文章書いてあるだけのホームページ。あと掲示板とメーリングリストとICQとチャット。Yahooもそんなホームページのただのリンク集でした。そんな時期でしたから、メーリングリスト全盛時代で、1人が複数のメーリングリストに入ってるのは当たり前で、メーリングリストで炎上や集中砲火も日常茶飯事でした。メーリングリストでマナーの悪い人を攻撃する時に使う「ネチケット」という言葉は誰もが標準装備してましたね。ネット上の民を「ネチズン」とか呼んでましたね。顔が見えない事をいい事に女性のフリをする輩もいまして、彼らは「ネカマ」と呼ばれて警戒されてましたが、男のフリをする女性もいたのに、彼女らの行為は不問に付されてました。オフ会もよく開かれてて、僕も参加した事があります。ネット上には怪しい人達も沢山いて、そういう怪しい人達とオフ会で会ったら、どこぞの研究機関の技術者だったとか、一流商社の社員だったとか、マスコミ関係だったとかで、インターネットの黎明期の頃のネットユーザーって、知的好奇心の高い人が多かったです。 変な人もいましたけどね。まぁ、当時のネットは匿名性が非常に強く、問題点が色々ありましたが、上手に使えば楽しくもありました。僕はドキドキしていたあの頃が懐かしい(笑)

おっと話それましたね。

↓このトレーニングはテープ状の物二本と、一畳ほどのスペースで出来ますね。動きを見ているとテニスの各種ステップワークを意識した動きになってますので、効果が期待出来そうですね。 テニスの練習にもなり、転倒予防にもなりそうで一石二鳥ですね。一石二鳥って好きな言葉です。

http://matome.naver.jp/odai/2134211024016735301

コメント

今日は研究

2014年03月16日 | 日記

今日は男二人で壁へ。一球を交互に打ち合う練習後、ひとりずつカメラで動画撮影。

A君はフォアハンドストローク、バックハンドストローク、フォアハンドボレー、バックハンドボレーのフォームを撮影。僕はフォハンドボレー、バックハンドボレーのフォームを撮影。

撮影した動画はその場で再生して確認。

僕もA君も今後の練習課題を得る事が出来ました。

僕はボレーはフォアもバックも片手打ちなんですが、両方ともテイクバックの時、ラケットヘッドが倒れる悪癖があります。

自分ではラケットを立てているつもりでも、動画を見るとラケットが倒れている。

その場で動画で確認して、解決法を考えました。

テイクバックの時、スロート部を片方の手でささえたまま引くと、ヘッドが倒れ難いという事を発見しました。

ボレーのテイクバックはスロートを引けとよく言われてますけど、こんな理由だったんじゃないでしょうか?

それと女性はボレーを両手打ちでやる人が多く、また上手な方も多いんですが、ラケットを両手で握ると、自然とラケットが立ちやすいんですよね。ラケットが立ってるからボレーが上手。という話なんですよね。

練習終了後、通町にある替玉家さんへ。A君とんこつラーメンセット、僕みそラーメンセットでした。 こちらへはかなり久しぶりに来ましたが、美味しかったですね。

 

 

コメント

DELL の迷惑FAX

2014年03月15日 | 日記

また来とったわ。違う番号から。

しつこ過ぎる。あまりにもしつこ過ぎる。

着拒したら、電話番号を何度も変えてFAXしてくるなんて、これって完全にスパム業者やん。

月曜日にDELLに怒りの電話をいれてやろかいな。

 

コメント

4月1日から春のテニス教室in諏訪公園 が始まります

2014年03月12日 | 日記

4月1日からテニス協会主催のテニス教室が諏訪公園屋外コートにて始まります。

テニス教室にでも通ってみるかと思ってらっしゃる方は大牟田テニス協会のホームページをごぜひ覧下さい。

ソフトテニスからの転向の方、ブランクがあった方、時々友達らと遊び程度のテニスをやっている方、かなり上手な方、ラケットやボールなど触った事もないという方等、色々な方が、初心者クラス、初級者クラス、中級者クラス、上級クラスそれぞれのクラスに集まっていますが、上手になりたいという共通の目標を持って皆さん練習に励んでいます。

コーチ陣も親切です。鬼コーチはいません。ウサギ飛びとかはしなくて良いです。倒れるまでボールを打たされるという事もないです。だからと言って練習が生ぬるいという訳ではなく、本格的な練習を行っています。 涼しい春先の夜間の練習でも結構汗をかきます、喉も渇きます。僕などは意識的に人より多めに走り回ってるので足腰に軽く筋肉痛がきます。

いかがですか、一緒に練習やりませんか?大牟田市外からも参加にみえてますよ。

初心者の方、とりあえずラケットとテニスシューズさへあれば、教室には参加出来ますが、

テニス教室に継続参加している生徒さんの皆さんはとても練習熱心です。

ちなみに服装は皆さんジャージやTシャツ等です。

ラケットは硬式ボール用をご準備下さい。テニス教室は黄色い硬式ボールです。今頃はどこもセール期間中ですので、良いのが安く買えます。定価30000円を超えるのが10000円くらいであります。メーカーはwilsonがお勧めです。

初心者クラスの生徒さんはwilson率が非常に高いです。

ホームセンターにもwilsonの廉価版テニスラケットが3000円~5000円で安く売ってますが、セールでも10000円くらいはする本格的なラケットとくらべると、レクリエーション用、体育の授業用といった感じです。テニス教室の練習はかなり本格的ですよ。

教室がある諏訪公園のコートはオムニコートですので、テニスシューズは「オムニコート用」のシューズを買えばいいんですが、「オールコート用」という全ての種類のコートに対応しているお得なシューズもあります。ちなみに僕のシューズはYonexのパワークッションシリーズのオールコート用でもう5年以上はいているんですが、まだまだ使えます。靴底もなんともないです。丈夫なつくりです。さすがメイドインジャパンっていう感じがします。

週一回の練習だけだから、靴まではいいかなと思っている方は、ジョギングシューズみたいな靴でも参加は可能ですが、テニスは滑る動作や、急停止したりする動作や、靴底をねじったりする動作が大変多く、靴底をはがそうとする力が靴にいつも作用しているので、靴底がはがれやすいです。僕も最初はジョギングシューズで参加してたんですが、半年目くらいでそれまで数年使っていたナイキのジョギングシューズの両方の靴底がはがれました。

 

 

コメント